「行列の女神らーめん才遊記」動画を無料で見逃しフル視聴【ドラマBiz】

「行列の女神らーめん才遊記」の見逃し配信動画の視聴方法と、
ネタバレあらすじ、感想、出演者についてなどドラマのまとめ情報を紹介します。

「行列の女神らーめん才遊記」動画配信を無料で見逃し視聴する方法

「行列の女神らーめん才遊記」の見逃し配信動画は、
TVerとParaviのみになります。
TVerは、最新話のみを放送後1週間無料で視聴できます。
Paraviは、フル視聴できます。
「行列の女神らーめん才遊記」をParaviでお得に視聴できる方法をご紹介します。

「行列の女神らーめん才遊記」動画配信Paraviで無料で見逃し視聴するには

Praviは、TBS、テレビ東京、WOWOWの作品が豊富です。
あなたのお好きな過去の名作をイッキ見できます!

・恋はつづくよどこまでも
・テセウスの船
・JIN
・アンナチュラル
・水曜日のダウンタウン
・勇者ヨシヒコ       など多数

現在、Paraviは2週間の無料お試しキャンペーン中です。
2週間以内に解約すれば無料で視聴できます。違約金もありません。
この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

▼今すぐ視聴したい方はこちら▼

 

Paraviは、2週間以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

Paraviのおすすめ
月額1,017円(税込み)でとってもお財布に優しい!
TBS+テレビ東京+WOWOWの作品が視聴可能!
・動画数8000本!
・ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず楽しめる!
・大人気ドラマのオリジナル版や特典映像などParavi限定作品が続々!
・500円チケットを毎月進呈!(無料体験中は付与されません。一部使用できない作品があります)
※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です。
※本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paraviのラインナップ<おすすめ番組一覧はこちら>

「行列の女神らーめん才遊記」動画の配信状況

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
Paravi  〇
TVer  △(期間限定)
U-NEXT  ✖
Hulu  ✖
FOD  ✖

「行列の女神らーめん才遊記」動画の再放送予定

「行列の女神らーめん才遊記」はBSテレ東で再放送しています。

BSテレ東 毎週金曜 夜9時

「行列の女神らーめん才遊記」動画(予告・見どころ)

もっとみる

もっとみる

5杯目🍜 5月18日(月)夜10時!

老舗店の後継者を見つけるのは誰だ‼️清流企画メンバーが人材発掘で真剣勝負👊天敵ようこさんも再登場😳⁉️
お楽しみに🍥#鈴木京香 #黒島結菜 #高橋メアリージュン #小関裕太 #前野朋哉 #石塚英彦 #高畑淳子 #杉本哲太 #音尾琢真 pic.twitter.com/ObYRJ7TZ7t

もっとみる

第4話予告

第3話予告

第2話予告

第1話予告

らーめん才遊記 あらすじ

らーめん才遊記 6話【6杯目】あらすじ

白坂隼人(小関裕太)は、自信の考えと、クライアントの意見が合わず、上手くいってない様子。そんな時、清流企画のもとに新たな企画が舞込んでくる、それは、新店オープンに伴い、新メニューの開発だった。しかも、クライアントの「楽麺フーズ」蒲生博昭(マギー)は、コンペ形式で依頼してきた。その相手は、以前、汐見ゆとり(黒島結菜)が悔しい思いをした、「味惑コーポレーション」の難波倫子(松井玲奈)だった。
白坂をサポートにつけ、戦う事になった、ふたり。意見をぶつけあうも、全くかみ合わない。そんな時、白坂の元クライアントの牧原弘貴(金井勇太)の店が、なくなっていた。白坂は、牧原に会いに行く。果たして、ゆとりが作った新メニューは、難波に勝てるのか。

5話【5杯目】あらすじ

らーめん才遊記 5話【5杯目】あらすじ

中華食堂である「大平食堂」の夫婦、大平茂幸(蛍雪次郎)、芳江(茅島成美)
からある日、清流企画に依頼くる。
その依頼はお店は繁盛しているが、自分たちの後継者がいなくて、店をたたむことになると、店の常連である有栖涼(石塚英彦)に告げたのが、きっかけだった。
有栖はそこの、タンメンが大好物で、そんなお気に入りの店を失いたくないと
大平夫婦に後継者探しを清流企画にお願いするように話をつけた。
ゆとりたちは、無事に後継者を見つけることができるのか見どころです。

4話【4杯目】あらすじ

らーめん才遊記 4話【4杯目】あらすじ

汐見ゆとり(黒島結菜)は、前回の依頼でコンペに負けて落ち込んでいた。そんなある日、上から目線の言動が災いし、クライアントから担当替えを要求された須田正史(前野朋哉)は、芹沢達美(鈴木京香)から長い説教をくらう。ラーメンが大好きなラーメンオタクとして、知識や能力は長けているのに、こだわりが強すぎるのが須田の難点だ。
そんな中、須田はゆとりを誘い『とび屋』というアゴダシで有名なラーメン店へ。こだわりの味を堪能していた2人だったが、突然店主の飛田(芹澤興人)と青年(堀井新太)の口論が店で始まり、騒動に巻き込まれてしまう。青年は連日店に現れ、「作り方のコツを教えてくれ」と訴えているらしく、あまりのしつこさに飛田が「警察を呼ぶ」とまで言い出す騒ぎに。
どうやら青年は、ラーメン屋を開きたいという。そんな中、ゆとりは須田の言うことも聞かず、青年の依頼を勝手に引き受けてしまう。青年の名は相川鉄也。25歳の若者で、一軒のラーメン屋から年商50億まで上り詰めた男性の特集をテレビで見て以来、“ラーメンドリーム”を目指しているという。だが開業資金はなんと50万円弱…さすがにこの資金で依頼を受けるのは無理かと思われたが、話を聞いた芹沢は苦笑しつつも依頼を許可。ただしメインは須田が担当し、ゆとりはサポートするよう命じる。

3話【3杯目】あらすじ

らーめん才遊記 3話【3杯目】あらすじ

汐見ゆとり(黒島結菜)は「清流企画」にきた新たな依頼を勝手に引き受けてしまう。不安げな河上堅吾(杉本哲太)をよそに、芹沢達美(鈴木京香)は「そんなに行きたいなら行けば」と許可を出す。担当者として早速、依頼人『つけ麺あんざい』店主・安西徳之(窪塚俊介)のもとへ。
安西の出すつけ麺はゆとりも納得のおいしさだが、客が全く入らず頭を抱えていた。ところが時を同じくして、安西の妻・絵里(林田岬優)も「味惑コーポレーション」という別のコンサル会社に立て直しを依頼。店にフードコンサルタントの難波倫子(松井玲奈)を連れてくる。互いに相談なく話を進めたことで喧嘩を始める2人。一方倫子は表情を一変させ、「消え失せろ」とゆとりを威迫。あまりの凄みに圧倒されてしまう。
一方、開店時間を迎えた『らあめん清流房』でも波乱が起きようとしていた。ゆとりの母・橋爪ようこ(高畑淳子)が突如来店。辛辣な言葉を並べるラーメン否定主義者のようこVSようこの言動すべてにイラ立つ芹沢――睨み合う2人の間にかつてある事件があって……?
帰社したゆとりは、ようこと父・亮二(利重剛)の登場に慌てふためく。就職先の様子を見に来たというようこだが、真の目的は跡継ぎ問題だと踏んだゆとりは、「跡継ぎにならない!」と語気を荒げ頑なに拒否するが…。
そんな中、ゆとりは依頼がまだ保留中になっていることを報告する。ライバルの倫子は、この地域がつけ麺専門店の超激戦区なのが繁盛しない理由だと睨み、すでにプランニング済み。実際、安西は激戦区と知りながら腕試しで出店していた。一度は芹沢の会社に頼もうとしたものの、倫子の明確なプランを聞き、どちらに頼むか迷い始めた安西夫妻は、「よく話し合って決めたい」と言い出したという。状況を把握した芹沢は、「売られた喧嘩を買いに行く」と「味惑コーポレーション」へ。そこで2社によるコンペを提案する。

2話【2杯目】あらすじ

らーめん才遊記 2話【2杯目】あらすじ

2杯目
汐見ゆとり(黒島結菜)が入社して1週間。雑用ばかりで退屈そうなゆとりに、芹沢達美(鈴木京香)は、夏川彩(高橋メアリージュン)のクライアント先に同行し、実地見学をするように指示。ゆとりを快く思わない夏川は嫌悪感を露わにするが、芹沢は社長命令と一蹴する。だがそこにはあるもくろみがあって…。
夏川のクライアントは、おしゃれな雰囲気漂う街にある『とんこつラーメンさかぐち』。坂口琢磨(浅利陽介)と妻・恵(金澤美穂)が3カ月前にオープン。味はハイレベルだがまったく客が入らず、「清流企画」に立て直しを依頼したのだ。原因は土地柄と店が合っていないことにあると睨んだ夏川は、思い切って店舗をカフェ風に改装。店名も『noodle Cafe TMY』と改めた。すでに新メニュー開発も終え、あとは最終確認を残すのみだった。ところが夏川考案のイタリアン風ラーメンを口にしたゆとりは、なぜか表情を曇らせる。
その頃、芹沢は、有栖涼(石塚英彦)が担当したグルメ雑誌の記事について、オフィスで本人にダメ出しをしていた。雑誌のとあるページで、カメラマンをしているゆとりの父・汐見亮二(利重剛)の名を見つける。と同時にあることに気づいた芹沢は、やがてゆとりの家族のある秘密にたどりつく。

1話【1杯目】あらすじ

らーめん才遊記 1話【1杯目】あらすじ

今や世界に誇る大人気国民食ラーメン。華やかだが過酷なラーメン業界をけん引するひとりのカリスマ職人が、苦境にあえぐラーメン店を救う、ラーメン・コンサルティングの物語。
連日大行列ができる人気店『らあめん清流房』店主・芹沢達美(鈴木京香)は、研鑽を積み、数々の伝説を打ち立てた日本一のラーメン職人。いま彼女が挑んでいるのは、自ら始めたラーメン専門のフード・コンサルティング会社「清流企画」で、苦境にあえぐラーメン店を救い出し、この国のラーメン文化をさらに飛躍・発展させることだ。
そんな中、「清流企画」社員の夏川彩(高橋メアリージュン)は、店で月替わりのラーメン・特製肉だし清湯麺に手を付けない女性客(黒島結菜)を発見する。理由を尋ねると、「フムフムって感じ」というわかりづらい返答が。要は「味がイマイチ」らしく、芹沢の新作を否定する女性に、夏川は会社に戻って怒りを爆発させる。部長の河上堅吾(杉本哲太)や、同僚の白坂隼人(小関裕太)、須田正史(前野朋哉)がなだめていると、ラーメン評論家の有栖涼(石塚英彦)と共に、ひとりの女性が会社を訪ねてくる。就職の面接に来たというその女性は、なんとラーメンを否定した女性客・汐見ゆとりだった。話によれば、半年前に初めてラーメンを食べて感動しこの会社を希望したという、いわばラーメンのド素人。さらに清湯麺を考案した芹沢を前に、平然と「このラーメンをおいしくすることならできる」と言い放つ。芹沢は、試しに調理をさせてみることにする。だが、ゆとりは生麺を一本食べただけで加水率・茹で時間をズバリとあて、さらに用意されたスープが完全に処理し切れていないことまで気づく。そうして出来上がったラーメンは、芹沢も納得するほどの素晴らしい出来栄えだった。だが、会社には、芹沢の機嫌を損ねたのではという、ピリついた空気だけが残り、社員誰もがゆとりの不採用を確信する。
ところがしばらくして、ゆとりから「困っているラーメン屋さんを見つけた」との連絡が。採用確実と思い込み、すっかり社員気取りで、勝手に仕事を請け負ったという。河上らは仕方なくその潰れそうな『京来軒』へ出向き、店主夫妻から話を聞くが、着手金が3万円しか払えない状況で、河上は話にならないと断ろうとする。しかし芹沢が電話口で告げたのは、「引き受けてもいい」という意外な答え。ただしコンサルティングの担当はゆとりで、1週間で結果を出せば採用という過酷な条件を提示する。

らーめん才遊記 ネタバレ

らーめん才遊記6話【6杯目】ネタバレ

ゆとりは。初めて、「らあめん清流房」へお手伝いすることになり、うきうきだった
白坂に電話が来て、流行りに乗ろうとする白坂はクライアントと意見が合っていない様子。みんなが白坂の噂をする。
ゆとりが、お手伝いしていると、フグの出汁ラーメンをほめるひとりの男性がいた。
その男性は、蒲生といい、「楽麺フーズ」の社長だった。
蒲生は新店舗のオープンに伴い、メニュー開発を清流企画にお願いしたいと芹沢に依頼をした。しかし、コンペ形式でいつも依頼してるので、コンペで戦ってほしい言う。
芹沢達美(鈴木京香)は、受けて立つという感じで全く、怯まない。
そして、コンペの相手が現れた、それは、「味惑コーポレーション」の難波だった。
ゆとりと勝負する事になり、白坂がサポートする事になった。
白坂と、ゆとりが新メニューを作ると、無難さが大事という白坂に対して、
ゆとりは、それでは開発する意味がないと意見が合わない。
一軒、食べにいこうとすると、「油そば専門店・まきはら」に向かうと、以前、あぶらそばで売っていたお店が違う店になっていた。油そば専門店・まきはらの店主の牧原は、白坂の大学の先輩だった。
話を聞くと、味惑コーポレーションに買いとられたという。
ゆとりは、難波に調査してくると、白坂とふたりで味惑コーポレーション行った。
難波は詳しい話を聞かせてくれたら、牧原の連絡先くらいなら教えると
白坂は牧原の事を話をした。。牧原の店は、芹沢に憧れて、
月替わりラーメンなども、出したりと営業は順調だったというが
すぐ近くに、つけ麺屋ができてしまい、苦しくなって、
対抗して、芹沢が油そばを考案して、店はまた繁盛したが、その後、店は結果的になくなってしまった。
須田正史(前野朋哉)が、牧原の連絡先を入手し、白坂は会いに言った。
牧原は、当時の事を、話した。なぜ、売り払ったのか訳を聞くと、
最初はこだわりを捨てて、芹沢考案の油そばを出していたが、こだわりがなくなった事を感じていた。
ある日、河上堅悟(杉本哲太)が訪ねてきて、牧原が、繁盛したお礼をいうと、河上は
納得してるか聞いてきて、白坂に知られず、また店を出す時のために、別のフードコンサル会社を提案してくれた言う。そして、牧原はラーメンライスをふたりに食べさせてくれた。ゆとりには珍しい光景でびっくりしていた。ゆとりは一口食べて「ワクワクする」と言う。芹沢のもとにゆとりがやってきて、新メニューを試食した。
芹沢は「うちはこれで行く」とゆとりに許可を出した。
ゆとりの新メニューは、ご飯をカリカリにあげて、ラーメンの上に乗せる「おこげラーメン」。みんなから好評だった。難波の番がきた。「から揚げラーメン」を、ふるまう。
結果発表になり、勝者はゆとりの「おこげラーメン」だった。
今の若い男性の味覚は思っている以上に単純ではない。だからゆとりの作ったラーメンが採用された。芹沢は、負けた難波に声をかけた、この味なら食いつくと判断してラーメンを作ったことに対して、「お客さんをなめてはいけない」とアドバイスした。
ゆとりは帰りに、芹沢の作ったラーメンを食べた。
芹沢の、一押しラーメンの「薄口しょうゆラーメン」を食べて感動した。

5話【5杯目】ネタバレ

らーめん才遊記5話【5杯目】ネタバレ

ある日、清流企画に、新しい案件が舞込んできた。それは人材発掘してもらいたいというものだった。
有栖はある日、大好きなタンメンを食べるために「おおひら食堂」に行った。
タンメンを堪能していると、大平夫婦からもう年なので、
食堂を閉める言い出す。それを聞いた有栖は、そんな事はさせないと
清流企画に後継者を探しをお願いするように説得した。
芹沢達美(鈴木京香)が考えたのは、清流企画の社員、夏川彩(高橋メアリージュン)、白坂隼人(小関裕太)、須田正史(前野朋哉)、汐見ゆとり(黒島結菜)が後継者を
探し、優れた人をひとり選ぶというもの。
ゆとりは、芹沢の指示通りに面接を進めるが、誰も来なかったり、遅刻したりだった。
遅れてきた塩崎(コージ・トクダ)は、遅れてきて謝りもしないし
ゆとりに「死ねブス」と言う。その後も、面接をするが、話にならない。
清流企画のオフィスでは、ゆとりが面接がひどいということを話していると、
そんなこと、日常茶判事だと言われてしまう。がっくりするゆとりのもとに、
きびきびした、畑中(佳久創)がきた。ゆとりは雇いたいというが、話を聞いた芹沢に反対されてしまう。
そんな中、ゆとりは大平食堂のコンペが始まった事を芹沢から聞いた。
コンペの内容は、「おおひら食堂」にて看板メニューであるタンメンなどのレシピを
一日で習得し、候補者は3日間店主として働くというものだ。
コンペが始まる前、大平夫婦は「この店はわたしたちが生きた証」と、真剣に語る。
ゆとりは白坂の候補者を見にいった。白坂の候補者は、店主の茂幸にも好評だった。
夏川も須田も、自信のある候補者を連れてきて自信たっぷりだった。
ゆとりも負けずに、候補者を探し回る。料理教室の生徒に目をつけたゆとりだが、
なぜか突然数人の人にかこまれ、確保されてしまう。
その先には、ゆとりの母、橋爪よう子(高畠淳子)がいた。
芹沢もゆとりともとに行く。ゆとりが、声をかけた生徒は、よう子の料理教室の生徒だった。芹沢とよう子の言い合いが、始まり、ヒートアップする。
よう子は以前、芹沢が起こした、人間関係のトラブルの話をする。
芹沢はすぐにその場を去った。
ゆとりと芹沢、須田で「おおひら食堂」行くと、須田の候補者は、業績を嘘ついていたり、
なかなかひどい人だった。
候補者の見つからないゆとりの元に、食堂にきていた。謎の男、鷹野研次郎(音尾琢真)にコンペに参加したいと話かける。鷹野はレシピを聞くと、へらへらして帰っていった。
しかし、鷹野が「おおひら食堂」の店主をすると、食堂のは長い列ができていた。
鷹野はオリジナルのチラシを作っていた。
そして、後継者発表の日、大平夫婦に鷹野が選ばれる。
店主の茂幸は、鷹野を店主の器があるという。
芹沢は白坂と夏川の候補者の欠点をはっきり言う。
鷹野は笑顔で、「おおひら食堂」を外からみて、宣伝戦略などをしてといった。
そんな鷹野の正体は、外食業界のカリスマだった。
鷹野は過去の経歴から、店の経営ばかりをみていた事を反省し今回にいかした。
そして、「おおひら食堂」の店主は鷹野に決まった。
しかし、鷹野はよう子の誘いで今回のコンペに参加した。
その後、「おおひら食堂」は大繁盛した。

4話【4杯目】ネタバレ

らーめん才遊記 4話【4杯目】ネタバレ

ゆとりは、前回のコンペの敗北のせいか、元気がまるでない。そんなゆとりを見た、
須田はゆとりを絶品あごだしラーメン店に連れていく、絶品あごだしラーメンを食べていると、店主と青年が喧嘩してるところを目撃した。青年の名は相川。

相川は店に、レシピを教えてほしいと、店主にしつこく頼みこんでいた。
店主呆れて、口論になってしまった。ゆとりと須田は慌てて止めに入ると、
相川と須田は転んでしまう。そして、ゆとりと須田は相川のラーメン屋を開きたいという
言葉から、依頼人として受け入れる。

芹沢に相川の事を報告すると、芹沢は意外と快く引き受ける。
須田がリーダー、汐見がアシスタントになった。
ふたりは相川の物件探しをする。しかし、相川の資金の低さに苦戦する。
しかも、須田は相川の依頼に全然乗り気ではない。
その後、須田が相川に開業を諦めるように言うが、そこに、芹沢から提案がある。
芹沢はある居酒屋を紹介した。昼は仕込み使わないので、その昼の時間を使い、ラーメン屋を営業するというもだった。相川は提案を受けいれ、ゆとりたちはラーメン作りを始めた。アイデアがどんどん出てきて、ラーメンはいくつか完成した。

どれも、みんなから好評だった。そこに、須田が昔の事を思い出しながらラーメン愛を
語る。その勢いで、ラーメン歴の浅い、相川を侮辱してしまい、芹沢に怒られてしまう。
その後、相川は汐見と須田を自分の店に来てと誘った。
そこには、お客さんがたくさん来ていて、相川は二人に自分の作った。ラ―メンをふるまった。なんと絶品だった。実は河上堅吾(杉本哲太)が、相川にラーメンの作り方をこっそり教えていた。それから、徹夜で相川はラーメンを完成させた。
芹沢は、相川のやる気を信じていた。

そこに、居酒屋の店主の本田信和(大友康平)から怒りの電話が来た。
急いで、店に向かう芹沢たち。店では厨房が水浸しになっていた。芹沢たちは自分たちのサポートミスだといい、清掃する。それを見た相川は自分を責めて、開業を諦めようとするが、店主の本田が強く励ました。ゆとりたちは、厨房に負担がかからないようなラーメンをつくるように、ゆとりたちに任せた。

さっそく、ラーメン作りに励むも、苦戦する。そこに、須田のSNSを見た河上から
ヒントが来る。それを見たゆとりたちは何とか新ラーメンを完成させた。
そのラーメンはコストも引くく、厨房負担も少なく、おまけに味まで絶品だった。
相川になかなか心を開かなかった須田も最後は抱き合い、認め合った。

3話【3杯目】ネタバレ

らーめん才遊記 3話【3杯目】ネタバレ

ゆとりが電話で新たなコンサル依頼を受けさっそく店へ向かおうとする。

社長は夏川と月替わりラーメンの試作中。

席を外していた部長は戻って事情を聞きゆとりを止めるがゆとりは自分がやると言って聞かない。

そこに顔出しした社長はやらせてみると言う。

店へ向かったゆとりだが実は妻は別のコンサル会社の担当を呼んでいた。

一方、清流房には開店と同時に謎の軍団が・・・。

ゆとりの母、ようこの料理教室の講師陣だ。

ようこも到着しさっそく実食。分析しまくるようこたちにイライラする芹沢。

河上が以前にゆとりの両親のことを知りフリーカメラマンの父を尋ねたことがきっかけでようこにもゆとりが清流企画で働いていることが伝わってしまったようだ。

場所を移して挨拶を交わす芹沢とゆとりの両親。

ようことは昔TV番組で対決したこともあり因縁のある雰囲気に社員も気が気でないが、ようこはジャンクフードのラーメンを相手にしていない様子。

いいたいことだけ言って帰って行った。

結局、コンサルはコンペにすることで双方合意する。

張り切るゆとりだが芹沢は密かにコンペ相手の担当、難波ともコンタクトを取っていた。

つけ麺激戦区で戦えるラーメンは出来るのか?!

コンペ当日、難波はつけ麺から豚骨ラーメンに鞍替えするコンセプトを提案。

一方、ゆとりはあくまでつけ麺で勝負出来るメニューを提案する。判定は店主に委ねられたが、店主は難波の提案を採用する。

納得のいかないゆとりの前にもう一人のラーメン屋の店主が現れる。

実は芹沢が難波とやりとりしとんこつラーメン店主とつけ麺のラーメンレシピ交換する案を出していたのだ。難波を立てつつ両方のラーメン店主を納得させた芹沢。

勝負は引き分けとしつつもすべて芹沢の思い通りの結果になりまたまた大満足。

ゆとりは味がいいだけではコンサルではないと思い知る。

夏川たちとラーメン店で打ち上げするゆとり、悔しさをバネに奮起を誓うのだった。

2話【2杯目】ネタバレ

らーめん才遊記 2話【2杯目】ネタバレ

清流企画に入社したゆとりだが、雑用ばかりで退屈していた。
鼻歌というより歌いながらコピーを取る始末。
入って一週間だからとたしなめる先輩たち。
それならと社長の芹沢は夏川が今担当しているコンサル案件の同行を指示。
夏川は一人でやりたいというが社長命令だと一喝されしぶしぶゆとりを連れてクライアントの元へ。
セレブな奥様たちが住む地域だけにオシャレな店内に改装しメニューも出来上がっていた。
さっそく試食するゆとりだが・・・このままでは客はガラガラの予感がすると言ってしまう。
怒った夏川はゆとりを帰らせる。
オープンの日を迎え、予想とはうらはらに盛況で一安心する店主と夏川。
そこへラーメンライターの有栖も味見しに来る。
美味しいと3杯も食べたのだがなんとゆとりと同じ感想を漏らす。
そしてだんだん客足が減ってしまうのだった。
このままでは改装費用とコンサル料の責任を取ってもらいたいと店主。
夏川はゆとりにも助けを求めるが、ゆとりにもまだ改善方法は分かっていなかった・・・。
一方、ゆとりの両親のことを知った芹沢たちは驚く。
両親は離婚しているが父親はフリーのカメラマンで母親はなんと芹沢とは因縁のある料理研究家だったのだ。
ゆとりの味の才能は折り紙つきだと分かったが今後、波乱は必至?、コンサルの方は結局、芹沢に頭を下げアドバイスをもらうことに。
一緒にラーメンの食べ歩きに付き合わされる夏川とゆとり。
女性はラーメンを食べるのは色々気を遣うとの会話から今回の店の客層と方向性を見出す。
そう有栖が3杯も食べたのは物足りなかったからだったのだ。
ヘルシーかつ食べ応えのあるラーメンが今回の客層には最適だったのだ。
夏川は5件連続でコンサルを成功させて実家の中華料理屋の職人になるべく修行させてもらう条件をクリアできずじまいとなったが、これを機会にまた一から頑張ると誓う。
その様子に満足の芹沢。
最高の結末だと嬉しそうだった。

1話【1杯目】ネタバレ

らーめん才遊記 1話【1杯目】ネタバレ

汐見ゆとりは、らあめん清流房でラーメンを食べます。
話しかけてきた夏川にいまいちな味と言って店を出た汐見は面接へ向かいます。
清流企画では夏川と他の社員たちで汐見の発言が話題になります。
汐見が面接に現れ社員一同が驚きます。
清流企画社長の芹沢達美は、汐見にいまいちな味の理由を説明できないとだめだと言います。
汐見は、いまいちな味と言ったラーメンを社内キッチンで作り直し芹沢一同を唸らせます。
芹沢は汐見をいったん帰らせます。
勝手に内定を確信した汐見は立て直したい店を見つけたと芹沢に電話をします。
芹沢は汐見に京来軒の立て直しが入社試験だと言います。
店主から店の行き詰まりの経緯を聞いた汐見は、ラーメンの味刷新を計画します。
芹沢は汐見のリニューアルプランを全否定します。
汐見と芹沢は京来軒の現行メニューを食べます。
芹沢に一番美味しいと思ったメニューを聞かれた汐見は、もやしラーメンと答えます。
芹沢は汐見に京来軒の大掃除を任せ、京来軒店主と社内キッチンでメニュー改善を始めます。
徹夜で大掃除をした汐見を迎えに来た芹沢は、三日後に再度京来軒へ来るよう命じます。
三日後、汐見は京来軒に並ぶ大勢の行列を見て喜びます。
芹沢は京来軒の改善点を説明し、汐見に入社試験の合格を伝えます。
汐見は芹沢が京来軒のリニューアルを引き受けた真意を聞き驚きます。
晴れて正社員として芹沢のもとで働くことになった汐見は張り切ります。
汐見の強引なやる気に芹沢はイラつきます。
調子を狂わされる芹沢を部長の河上が優しく見守ります。

らーめん才遊記 感想

らーめん才遊記 6話【6杯目】感想

難波との因縁対決。ゆとり勝ってくれてよかったです。
一回目のコンペの時、その後、ゆとりの落ち込み具合がすごかったので、勝てて安心しました。ゆとりのおこげラーメン。新しい、アイデアですごく美味しそうでした。
こんな風に、メニューって開発されていくのかなと勉強になりました。

5話【5杯目】感想

らーめん才遊記 5話【5杯目】感想

鷹野さんの話、感動しましたし、勉強になりました。
売上を上げるには周りを知ることが大事なんだなと納得しました。
人をしっかり見ることの大切さも学びました。
それにしても、ゆとりの母のよう子さんの考えてることが分かりませんでした。
今回は前回より白坂さんの出番が多かったのでとても嬉しかったです。

4話【4杯目】感想

らーめん才遊記 4話【4杯目】感想

最初に出てきた、あごだしラーメン。おしいそうでした。威力抜群です。
このドラマを見て思うのが、人がラーメンを勢いよくすする姿を見ると、
なんだか、つられて食べたくなります。今回も、おしいそうなラーメンばかりで
夜食を我慢するのが、厳しかったです。
相川の素直さと、若いという勢い。あれは今後生きていくうえで
忘れちゃいけないなと思いました。
一日でラーメン作るなんて、すごすぎます。
そして居酒屋の店主の方も、さりげなく、優しくてほっこりしました。
今回も、みんなで協力して相川をサポートしていて、いい話でした。
須田のラーメンへのこだわり、がちなラーメンオタクキャラ、結構気に入りました。

3話【3杯目】感想

らーめん才遊記 3話【3杯目】感想

女性

ゆとりの母、ようこ登場しましたが、清流房に講師陣連れて来なくてもいいのにと思っちゃいました。講師陣もスープや麺を的確に分析してたし怖すぎる~。ようこは反ラーメン主義者のようでしたが、ゆとりは今までラーメンを食べさせてくれなかった毒親だと言い放ったのには笑えました。
しかも母親はようこじゃなくラーメンだとも言っていたし。ラーメンはたしかに美味しいけど菜食料理も体に良くて健康的だと思うんだけどなぁ。ゆとりは「わくわく」感を推してくるけど、知らなかった世界を知って好奇心をそそられてるだけなのかもと思っちゃいました。今回ゆとりが提案していた鴨の血を固めた具は正直美味しくてもあまり食べたくないかも。単に奇をてらうより飽きない味や店主たちがちゃんと作れる内容にすることもコンサルとして大事なんだなぁと思います。

男性

ゆとりが勝手に引き受けたコンサルを止めようと河上部長が戻ってきた夏川に振ろうとしたときに夏川が月に一度しかない芹沢との時間を譲れないと全力で断ったのシーンが可愛いなぁと思いました。ホント職人として尊敬してるんだなぁと感じちゃいました。
あと勝負を終えてまた月替わりラーメンの試作を繰り返す芹沢も凄いなぁと感じました。河上部長にゆとりにイライラする理由が分かったと話していたのも印象的でした。昔の自分を見てるようで眩しい反面若いなぁと感じているんでしょうね。でも河上部長も芹沢社長も美味しいだけではコンサルではないと一致した意見なのが深いです。それにしても敵対するコンサル会社の担当ともやりとりしている芹沢社長、仕事出来すぎ~。最後は相手も立てつつ困っているラーメン店を2つ立て直す結果になり大満足そうで可愛かったです。

女性

別のコンサル会社の女子、難波役の松井玲奈さんが言い味出してました。表向きは標準語なのにゆとりに話があると言って呼んだ時にバリバリの関西弁だったのが笑えました。可愛い顔で「消えろ、ボケぇ」っていいの?、そんなキャラ引き受けてと思っちゃいました。
後はやっぱりゆとりの母で料理教室の校長役、高畑淳子さんは強烈でした。先週は写真だけでしたが今回は頭から登場してボス感ありました。あの芹沢社長を達美ちゃんと呼んでいるところも大物ですが、意外に芹沢社長が認めている感じもあって今後はどういう関わりをしていくのか気になります。
2話【2杯目】感想

らーめん才遊記 2話【2杯目】感想

女性

ゆとりってそんなに大物の子どもなの~と思っちゃいました。今回は写真だけの登場となった料理研究家の橋爪ようこさん。お父さんもフリーカメラマンで大物そうだけど、それに負けずお母さんはパワフルそうでした。なんせあの芹沢社長と因縁があるようだったし。
しかも反ラーメン派みたいで本も出してるようだったので波乱必至でしょうね。
今回は夏川の生い立ちが少し明らかになりましたが、けっこう真剣に実家の料理店を継ぎたいと思っているのが分かって応援したくなりました。他の社員たちのことも少しずつ明らかになるのかなぁ。
それも楽しみですが、次回はさっそくゆとりの母、ようこさんとの対決があるみたいで気になります。TVでの料理対決みたいだったので負けたら最悪でしょうね。でも芹沢社長はかなりやり手なので頑張って欲しいです。

男性

芹沢社長がやっぱりいい味出してました。夏川の案件にゆとりを付いて行かせたのも、今のままではコンサルがうまく行かないことも分かっていて成長させようというのが凄いです。しかも3パターンも想定していたみたいだったし。一番いい形になって満足そうだったのが可愛かったです。ゆとりと夏川が協力してもうまく行かず、自分に助言を求めて来て実力の差を見せつけ、夏川は実力不足を思い知ってコンサル業にもっと励むと楽しそうに言ってたのが何より印象的でした。もちろん、ゆとりの母親のようこの登場シーンも印象的でした。なんせまだ写真でしか登場してないのに話だけでもかなりパワーのある人物そう。ラーメンをジャンクだと言っているみたいだし今のゆとりの仕事を知ったら驚くでしょうね。

女性

レギュラーメンバーではありますが、やはり社長の芹沢役の鈴木京香さんはいい味出してます。ゆとりがけっこうずけずけ物を言う感じだけど、それを上回る統率力を見せる感じが気持ちいいです。社長命令~と一喝してましたもんね。最後に自分の想定してた中で一番いいパターンでコンサル終了したのも嬉しそうでした。後、夏川役の高橋メアリージュンさんも熱演でした。清流房を手伝っている時もとっても真剣そうだし、実家のラーメン屋を立て直すために職人希望なのも分かって応援したくなりました。
1話【1杯目】感想

らーめん才遊記 1話【1杯目】感想

各キャラクターが分かりやすい性格で面白かったです。
コンサルタントの仕事が分かるストーリーも良かったです。
主人公の汐見の空気を読まない性格が面白かったです。
芹沢や社員をイラつかせる発言と行動が伝わってきて良かったです。
鈴木京香さんがラーメン店主というイメージにない役でコミカルな演技が新鮮でした。
鈴木さんの湯切り姿も意外で面白かったです。
高橋メアリージュンさんのイライラした演技がオーバー気味で分かりやすくて良かったです。
他の社員も全員気になる性格だったので今後汐見との関係が楽しみです。
石塚英彦さんのラーメン評論家役が合っていて、ドラマに出演しているのも新鮮でした。
テレ東さん得意の飯テロドラマでラーメンが美味しそうでした。

ドラマ『行列の女神 らーめん才遊記』まとめ

行列の女神 らーめん才遊記とは?

テレビ東京で4月スタートの連続ドラマ。
月曜22時~ドラマ枠「ドラマBiz」シリーズの作品。

ラーメン業界をけん引する「清流企画」社長・芹沢達美が、奇抜なアイデアと計算しつくされた手法で、苦境にあえぐ街のラーメン店を繁盛店へと導くフード・コンサルティングの物語です。原作は、久部緑郎・作、河合単・画の人気コミック『らーめん才遊記』。これまで数多くの食をテーマにしたドラマを放送してきたテレビ東京が、ビジネスを切り口にコメディタッチで味つけした、新たな食テーマ作品となります。ラーメン店で働く人々の悲喜交々、人間ドラマを通じて、ラーメン店だけでなく様々な飲食店にも通じるフード・コンサルティング、起業、経営のノウハウをも描きます。
公式HPより)

らーめん才遊記 原作

漫画「らーめん才遊記」
作:久部緑郎
画:河合単
協力:石神秀幸

らーめん才遊記 スタッフ

監督:星護 池澤辰也
脚本:古家和尚
音楽:佐橋俊彦

らーめん才遊記 主題歌

THEイナズマ戦隊「WABISABIの唄」

らーめん才遊記 オープニングテーマ

LOVE PSYCHEDELICO「Swingin’」

らーめん才遊記 主演 鈴木京香

鈴木京香 芹沢達美役

らーめん才遊記 出演者・キャスト

黒島結菜 汐見ゆとり役
高橋メアリージュン 夏川彩役
小関裕太 白坂隼人役
前野朋哉 須田正史役
石塚英彦 有栖涼役
杉本哲太 河上堅吾役

▼キャストについて詳しくはこちら▼

行列の女神らーめん才遊記キャスト出演者情報【ドラマBiz】鈴木京香主演

らーめん才遊記の相関図

「行列の女神らーめん才遊記」動画配信を無料で見逃し視聴する方法まとめ

「行列の女神らーめん才遊記」の見逃し配信動画は、
TVerとParaviのみになります。
TVerは、最新話のみを放送後1週間無料で視聴できます。
Paraviは、フル視聴できます。
「行列の女神らーめん才遊記」をParaviでお得に視聴できる方法をご紹介します。

Praviは、TBS、テレビ東京、WOWOWの作品が豊富です。
あなたのお好きな過去の名作をイッキ見できます!

・恋はつづくよどこまでも
・テセウスの船
・JIN
・アンナチュラル
・水曜日のダウンタウン
・勇者ヨシヒコ       など多数

現在、Paraviは2週間の無料お試しキャンペーン中です。
2週間以内に解約すれば無料で視聴できます。違約金もありません。
この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

Paraviのおすすめ
月額1,017円(税込み)でとってもお財布に優しい!
TBS+テレビ東京+WOWOWの作品が視聴可能!
・動画数8000本!
・ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず楽しめる!
・大人気ドラマのオリジナル版や特典映像などParavi限定作品が続々!
・500円チケットを毎月進呈!(無料体験中は付与されません。一部使用できない作品があります)
※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です。
※本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paraviのラインナップ<おすすめ番組一覧はこちら>

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
Paravi  〇
TVer  △(期間限定)
U-NEXT  ✖
Hulu  ✖
FOD  ✖

▼今すぐ視聴したい方はこちら▼

 

Paraviは、2週間以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です