天使にラブソングを 嘘字幕って何?おもしろい嘘字幕動画が見たい!

1992年の公開ながら、日本でもたびたび地上波で放映され、今なお人気の「天使にラブソングを」

作中ではゴスペルソングが歌われています。
「天使にラブソングを」のいちばんの見どころといえば、この合唱のシーンです。

歌詞はもちろん英語やラテン語ですが、
この合唱シーンに、自由に嘘字幕を入れた動画を作って公開している人が多いようです。

そこで、「天使にラブソングを」の嘘字幕動画やそのネタ元についてまとめてみました。

映画「天使にラブソングを」とは

映画「天使にラブソングを」は、1992年にアメリカで公開されたミュージック・コメディです。
翌1993年に日本でも公開され、大ヒットを記録しました。

2011年にブロードウェイミュージカル化され、2014年には日本でも上演されました。
その後も度々再演されていることから、今なお人々に愛されていることがわかりますね。

主演はウーピー・ゴールドバーグ。
エミー賞、グラミー賞、オスカー、トニー賞の4つの賞を受賞した、圧倒的な存在感と演技力が魅力の女優です。

映画「天使にラブソングを」あらすじ

嘘字幕動画であらすじを説明してくれています。

主人公デロリスは、売れないクラブシンガー。

ある殺人事件を目撃したことから、命を狙われるはめに。
事件が解決するまで修道院に匿われることになったデロリスは、シスターとしての不慣れな生活を余儀なくされた。

聖歌隊の指揮者を任されることになり、歌の練習に励む。まとまりのなかった聖歌隊が、デロリスの指導によりどんどん実力を上げていく。
デロリスは堅苦しい聖歌を明るい曲調にアレンジし、聖歌隊は評判を呼んだ。

しかし、ローマ法王に聖歌を披露する前日に、デロリスは誘拐されてしまい・・・。

天使にラブソングを 嘘字幕って何?

嘘字幕とは、海外の映画やドラマのワンシーンに、本来の訳とは全く関係のない嘘の字幕を入れた動画のこと。

動画に字幕を入れられるフリーソフトなどで作れるので、気軽に作れそうですね。

実際は結構大変みたいです。

用意する映像も嘘字幕の題材も、メジャーでわかりやすいものを選び、
歌と字幕を合わせて不自然にならないようにするんですね。

「天使にラブソングを」嘘字幕の元ネタってどんな歌?

嘘字幕の元ネタとなっている曲は、「Hail Holy Queen」という劇中歌です。

あまり知られていませんが、この曲には原曲が存在します。
聖歌である「Hail Holy Queen enthroned above」という曲です。
この原曲を、歌詞の一部をラテン語にしてゴスペル調にアレンジしたのが「Hail Holy Queen」です。

“Hail Holy Queen”は、直訳すると“聖なる女王に幸いあれ”となります。
原曲はクラシカルで厳かな雰囲気ですね。

「天使にラブソングを」嘘字幕のほうが若い人には身近

若い人たちは嘘字幕の動画しか知らない人が多いようです。
日本での公開が1993年なので、それもそのはずですね。

でも、そんな昔の映画が今でも話題にされているって、とてもすごいことですよね。

「天使にラブソングを」嘘字幕 話題の動画はコレ!

視聴回数が多いものをピックアップしてみました。

サメが頭から離れなくなりますね。
サーァメッていーいなっ!

世の働くお母さんには共感の嵐です。
雑誌の中のキラキラワーママは幻ですね。

なんとか再試を免れたい気持ちと諦めがひしひしと伝わってきます。

会社に振り回されても、それはそれでいい経験になります。

「天使にラブソングを」嘘字幕のまとめ

映画「天使にラブソングを」嘘字幕動画についてまとめてみました。
ここでご紹介した動画の他にも、おもしろいものがたくさんあります。
できれば映画を見た上で、嘘字幕動画を楽しんでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です