ドラマ『M』の再放送やTVerはあるの?見逃し動画をまとめて紹介【愛すべき人がいて】

ドラマ「M」の再放送・見逃し動画

「M 愛すべき人がいて」は、TVerでの見逃し配信がありません。

再放送ですが、2020年5月9日に、「一話リミックスバージョン」が放送されるされます。

見逃し放送は、ABEMA独占で配信になります。

Abemaプレミアムは1カ月の無料体験中です。

1カ月以内に解約すれば無料で視聴できます。

違約金もありません。

この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

▼今すぐ視聴したい方はこちら▼

 

Abemaプレミアムは1カ月以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

Abemaプレミアムのおすすめ
・月額960円(税抜き)でとってもお財布に優しい!
・すべての動画見放題!!
・動画数5000本以上!
・ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず楽しめる!
・オリジナル番組が豊富で面白い!(アニメ・声優番組・韓流ドラマが豊富)
・追っかけ放送ができる(放送時間を過ぎてしまっても冒頭から視聴可能)
※本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況はAbemaプレミアムサイトにてご確認ください。

ドラマ「M」の動画配信状況

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
Abemaプレミアム  〇(フル視聴)
TVer  ✖
U-NEXT  ✖
Hulu  ✖
FOD  ✖

ドラマ「M」 あらすじ

ドラマ「M」 あらすじ 3話ネタバレあらすじ

レコード会社A VICTORYの社長大浜は、流川がプロデュースするガールズグループにアユを追加してデビューさせるとマサに告げる。
反論するマサだが、決定事項だと一蹴されてしまう。
仕方なくアユにガールズグループのセンターとして、デビューすることが決まったと報告した。
ソロでのデビューを夢見ていたアユは、複雑な気持ちでいた。
しかしアユはマサに嘘をついてはいけないと思い、グループでデビューするのは嫌だと正直に告げたのだった。翌日、マサはアユを役員会議へ連れていき、やはりアユはソロデビューさせると宣言した。
アユを見た大浜をはじめとする役員たちは流行らないとことごとく批判した。
何を言われても笑顔でいるアユを見たマサは、売れなかったら会社を辞めるとまで言い出した。
マサは役員会議でボロクソに言われて辛くなかったのかとアユに尋ねた。
アユは辛かったが、泣くのなんか簡単だけど笑っていたいと言う。
その言葉を聞き、アユの言葉は多くの若者に響くのではと考え、アイドルでも歌手でもなく、アーティストとして売り出すことを思い付く。
マサは曲を選び、アユに歌詞を書くように指示した。
戸惑いながらも作詞をしていると、流川がプロデュースしているグループのメンバーが現れた。
アユだけソロデビューするのが気に入らない彼女らは、アユがせっかく書いた歌詞を馬鹿にし、頭からジュースをかけ、ノートを破ってトイレに流すのだった。
帰宅途中、やはり歌詞は書けないとマサに電話をすると、今の気持ちも、今自分が立っている場所も、全部詩にできる。
だから歌は凄いんだと語った。
帰宅すると叔母が病に倒れていた。
地元福岡の病院に入院することになり、一緒に帰った方が良いのではと思うアユだったが、アユの歌を1番楽しみにしていた祖母のためにも詞を書く決意をする。
背伸びはせず、今のアユの嬉しさとか悲しさとか、悔しさとか、愛しさを詰めればばいいと言った祖母の言葉を思い出しながら、後にA song for xxxとなる詞を書き上げた。
マサに見せると、才能があると言われ、好評だった。次にマサはデビュー曲のつもりで作った曲を渡し、明日までに歌詞を書けと指示した。
アユは叔母に電話で歌詞を褒めてもらえたこと、デビュー曲の詞も書くことを話し、終わったら祖母に会いに行くと約束したが、祖母の容態が急変した。作詞どころではなく、急いで福岡へ向かおうとしたが、マサの言葉を思い出した。
今の気持ちも、今自分が立っている場所も、全部詩にできるなら、今詞を書こうと決めた。
そしてpoker faceを書き上げた。急いで福岡へ向かったが既に祖母は亡くなっていた。
祖母のお陰で詞が書けたと感謝し、紙に書いた歌詞を手向けた。
後にマサもアユの祖母に線香をあげ、アユをスターにする。天国にもアユの歌声を届けると約束したのだった。

第2話ネタバレあらすじ

ドラマ「M」 あらすじ 2話ネタバレあらすじ

レコード会社A VICTORYの社長大浜は、マサが、中谷プロに所属しているアユと会い続けていることを、問題視していた。大浜は、六本木のディスコベルファインのVIPルームで中谷と会い、アユを引き抜こうとするかのようなマサの振る舞いを謝罪する。するとそこへマサが現れ、中谷にアユを譲って欲しいと許しを請う。土下座までするマサに心を動かされた中谷はついに移籍を認めた。マサは、A VICTORYから歌手デビューを目指すことになったアユに、3カ月間ニューヨークでレッスンを受けてくるよう指示を出す。ニューヨークに渡ったアユを待ち受けていたのは、鬼講師天馬まゆみだった。次から次へとハードなレッスンを進める天馬。まったくついていけないアユは、自分の実力を目の当たりにして落ち込む。1度だけマサがアユに会いにやってきて、ブランド物のコートをプレゼントする。このコートが似合う女性になれと告げた。その頃、マサが部下の流川に、ガールズグループのプロデュースを任せていた。メンバー探しを始めた流川は、以前から気に入っていたアユの友人の玉木にも声を掛ける。3カ月後ついに帰国したアユは、流川プロデュースのガールズグループのメンバー候補たちとの合宿に参加することに。マサに特別扱いされているアユへの風当たりは強く、嫌がらせを受ける毎日だった。最終日前夜、最終日くらい一緒にお風呂に入ろうと言われ、風呂に入ると滑って肩を脱臼してしまった。これもアユを蹴落とすための仲間の策略だった。最終日は10キロマラソン。アユも含めて上位5名しかデビュー出来ない厳しいものだった。しかもくじ引きで水が入ったリュックを渡され、本数は1本から10本まで様々だった。ここでアユはペットボトル10本のリュックを引いてしまう。運が悪いと言う流川だったが、限界を発揮できるとマサは考えていた。当然出遅れたアユだったが、途中でマサに励まされ、「俺を信じろ」という言葉だけを信じて走った。その結果、なんと1着でゴールしたのだった。ラストは虹を眺めながらマサと病院へ向かった。

第1話ネタバレあらすじ

ドラマ「M」 あらすじ 1話ネタバレあらすじ

1993年、福岡から祖母・幸子(市毛良枝)とともに上京してきたアユ(安斉かれん)。東京で芸能活動をして売れれば家族の生活が楽になると意気込むアユだが、そう上手くはいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていた。
そんなある日、歌手を目指す友人・玉木理沙(久保田紗友)から六本木のディスコ・ベルファインで、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサ(三浦翔平)が次のスターを探していると聞いたアユは、理沙と一緒にベルファインに行くことになる。
一方、会社の売上をカリスマプロデューサー・輝楽天明(新納慎也)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の大浜(高嶋政伸)に、ほかにもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、輝楽ブームに浮かれている大浜は聞く耳をもたない。一蹴されたマサに眼帯姿の秘書・姫野礼香(田中みな実)は、「私は昔からマサのすごさを知っている」と優しい言葉を掛けるが…。
その夜、いつものようにベルファインのVIPルームに赴いたマサは、直属の部下・流川翔(白濱亜嵐)に「お前が売れると思うやつを連れてこい!」と指示を出す。フロアに降りた流川は、次々と女の子に声を掛け、VIPルームに連れて行く。その中には、流川イチオシの理沙と無理についてきたアユの姿もあった。緊張しながらマサの前に並んだアユだが、女の子の顔を見て次々と切り捨てていくやり方に、つい反抗的な態度を取ってしまう。
翌日、堂々と自分に意見した姿に初めて心を動かされたマサからアユに電話が…。
平成の歌姫誕生に隠された物語がいま、幕を開ける――。

愛すべき人がいて 感想 歌が懐かしい

私はこのドラマが始まるのをとても楽しみにしていました。
小さい頃からテレビで見ていて、平成の歌姫と呼ばれていた彼女に、こういうストーリーがあったのを知りとても興味が湧いていました。
上京したてのあゆは、すごく素朴で素直な可愛らしい女の子だったんだなと思って少し親近感も湧きました。
私は原作である小説はまだ読んだことがなく、どういう話かはドラマの内容で理解してますが、近々小説も読んでみたいと思いました。
1話の中で好きだったシーンは、あゆとまささんが2人で歌の練習をしているシーンでした。
あゆが夢に近づいていくような気がして自然と涙がこぼれて号泣しながら見てました。
それ以外は、ちょっと時々、コメディー要素があるなと思ったのが気になって、たまに内容が入ってきにくいなぁと思ってしまったのがありました。

安斉かれんが可愛すぎ 演技のぎこちなさも素敵

とにかく顔立ちが綺麗でスタイルもいいし、ギャルメイクが似合うし、制服で学校に行っているときのナチュラルなメイクも似合うなぁと思っていて、見ていて引き込まれるような存在です。
賛否両論あるとは思いますが、私はあゆに似てるなと思ってます。
最初のシーンなど少し演技がぎこちないような感じもしなくはないですが、そういう演出であって欲しいなと思ってみてます。
あの浜崎あゆみを演じるのは相当なプレッシャーだと思うので本当にすごいなと思います。

松浦勝人役の三浦翔平がイケメンすぎ

三浦翔平さんはとてもかっこいいと思います。本当のマサさんはこんな強気な感じだったのか気になるところですが、事務所の社長や小室哲哉さん役の方など、どんな人に対しても物怖じしないようなすごい強気な部分の演技がとても上手いと思いました。
すごく大物プロデューサー感が出ているなと思いました。とにかくあの低い声が私はすごくタイプです。
今後の展開でどういう風にあゆをプロデュースしていくのかすごく楽しみのひとつになってます。

白濱亜嵐 新ドラマ「M愛すべき人がいて」のキャラクターは?

白濱亜嵐さんは私はあまりドラマでは拝見したことがありません。ダンスがすごいイメージだったので演技の方はどうなんだろうと気になっていましたが、すごくしっくりきていてみていて嫌な感じなど全然なかったです。むしろ、ギャップにびっくりしました。すごく彼の自然体でいいところが見えた気がしてもっとみてみたいと思いました。1話ではそんなに長いセリフはなかったような気がして、少しチャラさみたいなのが出ていましたが、今後も色々な顔がみたいなと思いました。

田中みな実のドラマMでの演技がすごい

田中みな実さんの役は秘書という役で、今まではどちらかというと小悪魔みたいな感じでかわいい部分が出ている役が多かったと思うので今回は違う一面が見れて新鮮な気分です。しかし、あの眼帯がすごく気になってしまって思わず笑ってしまいます。なにか深い闇を抱えていそうでとても怖いです。あゆとまささんを合わせないように根回ししていたりと、意地悪さが度を越していてすごいと思いました。次回以降、なぜあの眼帯をしているのかわかると思うのでそれも楽しみです。

ドラマ「M」の再放送・見逃し動画のまとめ

「M 愛すべき人がいて」は、TVerでの見逃し配信がありません。
再放送については、現在のところ情報が公開されていません。
ですが、ABEMA独占で見逃し配信放送があります。
Abemaプレミアムは1カ月の無料体験中です。
1カ月以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。
この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

Abemaプレミアムのおすすめ
・月額960円(税抜き)でとってもお財布に優しい!
・すべての動画見放題!!
・動画数5000本以上!
・ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず楽しめる!
・オリジナル番組が豊富で面白い!(アニメ・声優番組・韓流ドラマが豊富)
・追っかけ放送ができる(放送時間を過ぎてしまっても冒頭から視聴可能)
※本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況はAbemaプレミアムサイトにてご確認ください。

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
Abemaプレミアム  〇(フル視聴)
TVer  ✖
U-NEXT  ✖
Hulu  ✖
FOD  ✖

▼今すぐ視聴したい方はこちら▼

 

Abemaプレミアムは1カ月以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です