野ブタをプロデュース坂東ってどんな人?役柄や現在は何しているの?【徹底検証】

ドラマ「野ブタをプロデュース」とは

今から15年前の、
2005年10月〜12月にかけて放送された日本テレビ系土曜ドラマ。

自分自身を演出し周囲をうまく盛り上げる人気者の修二と、
優柔不断でちょっとピントがずれている彰。
2人はひょんな事から
陰気なイジメられっ子・”野ブタ”こと小谷信子を「プロデュース」する事になる、学園青春ストーリー。

主演を演じる亀梨和也さんと山下智久さんが
『修二と彰』という期間限定のユニットを組み、
2人が歌った主題歌「青春アミーゴ」は
CD売り上げミリオンセラーになるなど、
当時、社会現象を巻き起こしました。

現在2020特別編として再放送されていますが、
視聴率が10%近くあることから
今でも人気の高さが伺えますね!

野ブタをプロデュース坂東さんとは?どんな役柄

板東 梢(バンドー)

修二、彰のクラスメイトであり、ギャルグループのリーダー的存在です。

堀北真希さん演じる野ブタが転校してきた初日から
あの手この手でイジメてくるキャラクターです。

当時の濃いギャルメイクからも
悪者感が漂ってますね〜。

初めはトイレでホースの水をかけたり、
机に「死ね」と落書きしたりと
きついイジメを繰り返しますが、
野ブタたちと関わっていく事で少しずつ変化していきます。

野ブタをプロデュース坂東さんを演じるのは誰?

そんなイジメっ子の板東梢役を演じていたのは
水田芙美子(みずたふみこ)さんという女優さんです!

ドラマ当時も可愛い顔をしていましたが、
本当に美人な方ですね♪

1985年7月19日生まれ、現在34歳ですね。
ドラマで演じていた時は高校卒業後の19歳だったようです。

モデルに憧れていて、
高校生の時に雑誌のオーディションを受けて芸能界入りを果たします。
ファッション雑誌のモデルやCM、
女優として活躍していました。

『野ブタ。をプロデュース』が
初めてのドラマ出演だったようですね。

野ブタ出演前後から
様々なドラマ・映画に出演し、活躍の場を広げていました。
ほかにも以下のような作品に出演しています。

・2004年映画『スウィングガールズ』 - 山本由香役
・2005年映画『サヨナラCOLOR』 - 沢井まなみ役
・2005年映画『僕と彼女の×××』 - ハートガールズ役
・2007年ドラマ『ライアーゲーム』 - カワムラチサト役
・2012年映画『ファイナル・ジャッジメント』 - 遠山明日香役
・2016年映画『ホテルコパン』 - ひかる役

坂東さんは『スウィングガールズ』ではベースを弾く役だった!?

そんな水田芙美子さんは
『スウィングガールズ』ではエレキベースを弾くギャル役として
出演していました!

幼い頃からピアノ、トランペット、フルート、ピッコロなどの
様々な楽器を経験し、
高校生からベースを始めたようです。

高校卒業後も音楽系の専門学校に入り楽器を学び、
“NO MUSIC,NO LIFE”を公言していたようですから、
かなりの音楽好きなんですね!

バイク女子でもあり、
ツーリングを楽しんだりとかなりアクティブでカッコイイ方ですね!

野ブタをプロデュース坂東さん演じる水田芙美子さんの現在は?

ドラマは2012年が最後、
映画は2016年の市原隼人さん主演『ホテルコパン』ひかる役が最後の出演となっています。

2005年に開設した個人HPやブログも現在は見ることが出来ないので、
引退されたのではないかと思われます。

最後に所属していた
芸能事務所「タイムリーオフィス」にも現在は名前がありません。

もしかしたらもう結婚して、お子さんもいるかもしれませんね。

野ブタから見える板東さんの愛らしさとは?

もう恐らく女優業を引退してしまった水田芙美子さんですが、
野ブタでの板東さんを見ていると、勿体ない気もしてしまいます。

というのは、
単純なイジメっ子かと思っていた板東さんが
回が進むにつれて素直な一面を見せてくるのです…!

有名なのが第4話、学校の告白イベントがあるシーン。

板東さんには彼氏がいますが、
ある日その彼氏に殴られている所を野ブタと彰は目撃してしまいます。

「何見てんだよ」と一蹴されてしまいますが、
後日野ブタは板東さんを呼び出しこう言います。

「人は、変わることが出来る。
私は板東さんに殴られて、板東さんは彼氏に殴られて。
なんで馬鹿みたいに同じことを繰り返すんですか?
なんで違う自分になろうと思わないんですか?
人は変われます」
そんな野ブタの言葉に
「そんなの昔から自覚してるけど、出来る訳ないじゃん」と立ち去る板東さん。

板東さんが仕掛けた事もあり、
学校のイベントで人気者である修二に告白する事を強要された野ブタ。
告白がOKなら花を、断ったらバケツの水をかけられるステージに立ちます。

修二は生徒たちがいる手前、どうするか悩みますが、
野ブタは相手を変えたいと申し出ます。
「私が好きなのは、板東さんです」と、
なんと板東さんをステージに呼び出すのです!

花と水のバケツ、
引っ張ると引っくり返る仕掛けになっている
2つのロープを手にする板東さん。
誰もが水をかけると思っていましたが、
板東さんは、野ブタに花の雨を降らせます…!

イジメグループに問い詰められますが、
板東さんは「間違えたのよ」とぶっきらぼうに言って会場を後にします。

素直じゃないなぁ…と思ってしまいますが、
なんだかいじらしいですね!
野ブタだけでなく板東さんも
どこか救われたんじゃないかと思えるシーンです。

野ブタをプロデュース坂東 まとめ

今では水田芙美子さんの活躍を
リアルタイムで観る事は出来ませんが、
『野ブタ。をプロデュース』の板東さんを観ていると
意外な可愛らしさなどが見えて共感してしまいますね。

こんなに魅力のある女優さんが
もう拝めないのが悔やまれますが、
今後のドラマ再放送でも、板東さんの姿が観られるので楽しみですね♪
野ブタたちと関係する事で成長していく展開に期待です☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です