タカアンドトシが北海道札幌へ(後編)アナザースカイⅡ2020年2月14日放送

※以下はネタバレが含まれます。
本編を見る前にネタバレを見たくない方は、huluでご覧になれます。

▼「アナザースカイ」を視聴したい方はこちら▼

 

huluは、2週間以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

Huluのおすすめ
月額933円(税抜き)でとってもお財布に優しい!
・見放題動画 60,000 本配信!
レンタル作品などもなく、すべて見放題なので安心!
・日テレ作品に強い!スピンオフや独占配信なども多数あり!
・HD画質の映像で高画質で作品を楽しめる!
・対応端末が豊富!(PC、iPhone、Androidスマホ、iPad、プレステ4、Wii U、Fire Stick)
・ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず楽しめる!
※本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

何といってもすべての作品が見放題というのは、とても魅力的ですね(^^)/

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
Hulu  〇(フル視聴)
日テレ無料TADA!  〇(最新話のみ)
U-NEXT  ✖
Paravi  ✖
FOD  ✖
auビデオパス  ✖

アナザースカイでタカアンドトシが北海道札幌へ(後編)ネタバレあらすじ

今回のアナザースカイのゲストは先週に引き続きタカアンドトシのお二人です。
タカさんがトシさんを連れて行きたかった場所があります。
もいわ山から札幌の夜景の見ながら食事ができる山頂レストランです。
夜景を見ながら二人で語らいました。25年前の思い出の場所を訪れます。
高校3年生のときに初めて舞台に立ったライブハウス「ペニーレーン24」です。
中に入ると建物の香りやステージ、控えの階段などを見て記憶を甦らせます。
そこにタカさんの親友・シンタさんが現れます。
タカさんはシンタさんの家に居候していたこともあり、給与明細もシンタさんの家に届いていたと話し、当時の給与は580円や200円という金額だったと振り返ります。
幻のネタ「ドラえもん」を披露し、このネタでオーディションに落ちたと話しました。
デビュー当時は順調で、よしもとの道産子芸人第一号としてテレビや取材など多かったのですが、デビューして3年、人生最大の挫折を味わいます。
東西南北の芸人を集めたユニット「news」を結成することになり、だれもがタカトシが選ばれるだろうと思っていた中、一個下の後輩「アップダウン」が勉強のために一緒にオーディションを受けると笑いを掴み、アップダウンが選ばれることになりました。
タカトシとアップダウンは仲が良く、newsメンバーに選ばれた連絡もタカさんとアップダウンの阿部さんが遊んでいたときに来てタカさんは悔しくてすぐ帰ったと話します。
その後、タカさんは落ち込んで、カラーコンタクトを入れたり髪を染めたり見た目を変えました。
トシさんは以前と変わらない様子で、それを見たタカさんは「悔しくないのか」と言いますが、当時のトシさんの想いは「落ち込もうと思っても相方が落ち込んでいるから自分がちゃんとしないといけない」「相方が感情をさらけ出すから自分は落ち込んでいるわけにはいかない」というものだったと話します。
それを初めて聞いたタカさんは驚きます。
タカさんは毎夜カラオケに通いつめ、歌っているときだけ悔しさを忘れられたと話します。
しかし漫才中に声が出にくくなり、トシさんに「漫才に支障が出るほどカラオケ行くなよ」と言われます。
その時に自分やコンビのことを考えてくれていることを知り嬉しくなり、気持ちを入れ替えます。
そんな生活の中でもネタは作っており、やがて転機が訪れます。
NHK「爆笑オンエアバトル」の札幌大会が開かれることになり、ギリギリの票数でオンエアされることになりました。
オンバトには18回出てすべて放送され、チャンピオンになったこともありました。その後「欧米か!」でブレイクし、今に至ります。将来の夢は60歳まで漫才をやり続けること、吉本興業の伝統的な劇場NGKでトリを務めることと話します。
相方への想いを聞くと、タカさんは自分がやさぐれていた時に、トシさんが辛さを誰にも打ち明けることができず一人で抱えていたことを知ってすごいなと話しました。
トシさんはタカさんを世界でたった一人だけの相方と話し、一番おもしろく漫才ができるのはタカさんだと話しました。今回、自分の想いを話さないトシさんからこういった言葉が聞けたのは原点の札幌だったからではないかと語ります。
タカさんがトシさんとやりたかったこととして、恋人の聖地で鐘を鳴らし、南京錠に「ずっと一緒」とメッセージを書きました。

北海道出身のタカトシ アナザースカイで見せた普段の二人

いつもテレビで見ている印象では、トシさんはひょうひょうとしていてタカさんがボケるというイメージでしたが、タカさんは感情をさらけ出すタイプで、漫才やトシさんへの愛情を爆発させているのがよくわかりました。
一方トシさんは、そんなタカさんが相方だからこそ自分が冷静でいなければと思う人で、タカさんがやさぐれていたときも変わらなかったのは、自分が落ち込んだりしていたらコンビがダメになるという思いがあったからと知り、タカさんと同じように「すごいな」と感じました。

アナザースカイタカトシの見どころ(後半)

女性

ゲストはタカアンドトシでした。出身地の札幌市をアナザースカイとして紹介し。2人の原点での思い出のネタを披露していた。
古くからの友人も出演、若い頃の写真と共に現在までの道のりを紹介していた。辛い時代も2人で乗り越えてきたところに共感。互いに思いやりを持ちながら過ごした札幌への気持ちが感じられた。後輩に追い越されたときの絶望感にやられてしまったタカと、温かく見守り続けたトシの繋がりが感じられた番組であった。

男性

よしもと芸人のタカアンドトシが自分たちの原点である札幌をアナザースカイに選んで高校生の時にコンビを組んでから長い時間一緒に過ごしてきたことや、うまくいかなかった時にタカが荒れてそれをそばで見守り続けたトシが自分まで荒れてしまってはいけないと思っていたことなどを話しました。タカは自分も苦しかったけど、感情を表に出せなかったトシはもっと苦しかったんだと気づいたようでした。一人ずつのインタビューでお互いへの思いを話しました。ふざけることなくお互いの大切さを語り合ったタカアンドトシでした。

 

▼アナザースカイのネタバレをもっと見たい方は▼

アナザースカイ2動画を無料視聴する方法~再放送・見逃し配信動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です