テセウスの船あらすじネタバレと感想【第4話】日曜劇場テセウスの船で麻生祐未演じるさつき先生が不気味

テセウスの船の見逃し配信・再放送/動画の視聴方法

「テセウスの船」は、動画配信サービスのParaviで視聴することが出来ます。
Paraviは今30日間の無料体験中です。
この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

▼今すぐ「テセウスの船」を視聴したい方はこちら▼

 

Paraviは、30日以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

Paraviのおすすめ
月額925円(税抜き)でとってもお財布に優しい!
TBS+テレビ東京+WOWOWの作品が視聴可能!
・動画数8000本!
・ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず楽しめる!
・大人気ドラマのオリジナル版や特典映像などParavi限定作品が続々!
・500円チケットを毎月進呈!(無料体験中は付与されません。一部使用できない作品があります)
※本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
Paravi  〇(フル視聴)
TVer  〇(最新のみ)
U-NEXT  ✖
Hulu  ✖
FOD  ✖
auビデオパス  ✖

TVer

最新話のみ無料で見られる。

TBS FREE

最新話のみ無料で見られる。

日曜劇場『テセウスの船』ネタバレあらすじ内容【第4話】

▼4話の前に3話を見逃した方はこちら▼

テセウスの船あらすじネタバレと感想【第3話】日曜劇場テセウスの船の見逃し動画はあるの?

父と家族を残して2020年に戻ってしまった心(竹内涼真)は、令和2年2月8日に自分の暮らしていた部屋に辿り着きましたが。
そこには妻の由紀(上野樹里)と暮らしていた痕跡は何もなく、彼のためだけのわずかな家財があっただけでした。
由紀は?
そして生まれたばかりだったはずの我が子ミクはどうなったのか…と混乱した彼は、由紀の実家を訪ねたのです。
そこに現れた由紀は…同じ姿・同じ名前の別人でした。
なんと、彼女は週刊誌の記者であり、音臼小事件をずっと調べ続けてきた、というのです。
彼女はすぐに心を佐野文吾(鈴木亮平)の息子と見抜き、ボイスレコーダーを差し向けて話を聞こうとしたのです。
心は衝撃のあまりその場を立ち去りました。
そして、宮城の拘置所にいる父に、会いに行ったのです。
30年の時を経て歳をとった彼は、ガラス越しに会った心を、すぐに息子として、そして30年前に出会った謎の青年”シンさん”として認めてくれました。
もう新しい証拠も出てこないことに諦めを感じていた彼は、再審請求もしない、というのです。
心が消えた直後は心配したけれど「きっと未来に戻ったんだな、と思っていた」と言ってくれた彼。
金丸が亡くなったことも、心はその時に初めて知りました。
そんな父は、心に優しく語り掛けてくれて、姉の鈴が会いに来てくれたことも教えてくれたのです。
思いがけない手掛かりによって再会を果たした心と鈴でしたが。
彼女が今共に暮らしていた夫は、驚くべき経歴の持ち主だったのです。
車いすの男性…名前は木村ミキオ。
それは、音臼小学校で鈴と同級生だった男の子でした。
事件の後遺症で歩行困難になった彼は、その訓練施設でスタッフとして働いていた鈴と出会い、結婚したというのです。
そして、事件直後に、身寄りのなかった彼を引き取った母親というのが、音臼小学校の教員だった木村さつき先生でした。
すっかり髪が白くなり面変わりした彼女は、ミキオを溺愛し、鈴につらく当たる姑になっていたのです
彼らは、鈴の名前も身元も知りません。
なぜなら、彼女は、幼かった心を施設に残して飛び出した後に、名前を変え、顔も整形してひっそりと暮らしている中での”再会”だったからです。
しかし、さつきは鈴のことを日常的に監視し続けていました。
その意図はまだわかりませんが、彼女に対して執着と、敵意に似た感情を持っていたのです。
さて、そんな中で、音臼小事件の被害者の会合が開かれることをネットで知った心は、由紀に話を聞きにいきました。
しかし、その会合に出るということは、鈴の身元も危うくなるということに繋がります。
決意が揺らぐ心のために、由紀はそのさなかに飛び出して言いました。
「本当に佐野文吾が犯人なのでしょうか?」
動機も明らかになっていなかったこと、家族も円満でそんなことをする理由がないのだと。
周囲の遺族から罵倒され、水をぶっかけられた由紀は、めげずに顔を上げて、今だからこそ言える話はないのか、とさらに畳みかけるように情報提供を求めたのです。
散々な目にあった数日後、文吾の弁護士の元に遺族から手紙が来たのです。
もしかしたら、何かの証拠が見つかるかもしれない、と希望を持ち始めた心でしたが。
鈴を監視し続けていたさつきはその視線を鋭くし、まるで獲物を見張るように睨みつけていたのです。
そして彼女の手許にあったのは、いつか音臼村で事件を予言していたかのようなあの恐ろしい数々の絵に似た新しいイラストが…。
それは次の事件への予言なのかもしれません。

テセウスの船4話の感想

”現代”に戻ってきた心は再会した姉の鈴が妊娠していること、そして穏やかに暮らしていることを知り、安堵しましたが。
その家族があの木村さつきとその息子になったミキオであることに驚いていました。
心が干渉したことでより悪い方向に未来が変わったのですが、鈴にとっては今が幸せならばそれもアリか、と思わせてくれるスタートでしたが。
どうやら、そう言うわけにはいかなかったようです。
さつき先生に、麻生祐未さんをキャスティングした人、凄いですね。
彼女以外に、こんなさつき先生のビフォーアフターは演じられないでしょう。
かつて、よしながふみさんの「大奥」で春日局を演じた時にも同様の凄みをにじませた芝居を見せてくれましたが。
今回はそれを凌ぐ不気味さが素晴らしいです。
これまでの3話分の全てをひっくるめて持って行ってしまったかのような迫力に、ちょっと録画を見直すまで勇気がいりました。
そして”あの絵”を書いていたのがさつき先生だった?
今彼女の目の前にあったのは、お腹にあかちゃんがいる鈴の姿…?!
それはもう人間の所業とはとても思えない不気味な、鬼が描く地獄そのもののようにすら見えました。
さて、同様に変わってしまった未来で、心に力を与えてくれたのは、由紀でした。
ジャーナリストになっていた彼女は、反発や疑念もありながら、心の本質を見抜いて助力を申し出てくれました。
事件の謎が明らかになり、文吾の無罪が勝ち取れたなら…もう一度、心と二人で幸せになってくれたら…と二人の姿に希望を見た思いです。

テセウスの船 木村さつきが気になる!

平成元年の音臼小学校では優しい笑顔の先生でしたが。
すっかり人格も変わってしまったかのような彼女は、養子にしたミキオを溺愛し、その妻になった鈴に厳しく当たる姑として心の前に現れました。
しかし、その目は以前の彼女のものとは全く違い、蛇のようです。
その様子が彼女の本質、正体であったならば、メッキ工場から青酸カリを盗むことも容易かったのだと、改めてぞっとしています。
そして、数々の不気味な絵の作者はどうも彼女らしい、という描写がありました。
どんな心の闇がそこにあるのか、これからの解明が待たれます。

テセウスの船5話の展開予想

ようやく文吾の冤罪が晴れるかと思われたころ。
30年前の金丸刑事が殺される瞬間を目撃したという人物が現れました。
メッキ工場の事務員で、婚約者の翼を殺された佐々木紀子(芦名星)です。
しかしその頃、鈴の正体を知り、彼女に迫るさつきの姿がありました。
暗躍するさつきは鈴に毒らしい何某かを与え、ミキオの前から消そうと試みたのでしょう。
救急車と、駆け寄る心の姿、そして「よくできました…佐野鈴ちゃん」というさつきの声。
理不尽に捻じ曲げられていく皆の運命と、抗おうとする心の姿がそこにありました。

原作とは違う展開になるという噂がありましたが。
まさかこういう方向で話が流れていくとは…と急展開の4話の密度の濃さに驚いていました。
さつき先生はミキオを溺愛するがゆえにこんな風に歪んでいった、というのでしょうか。
ようやく文吾を救い出せるかと思われた時の、希望が打ち砕かれていく心の苦しみは、どれほどのものだったか…。
それでも、心に力を貸してくれる由紀の存在は、残された最後の縁(よすが)です。
再審請求からの無罪か、もしくは…音臼小学校事件を未然に防ぐことはできないのだろうか、と。
再びタイムスリップする可能性も含め、次回の5話は物語の折り返しとして大きな意味を持つことになると予想しています。

 

▼「テセウスの船」をもっと詳しく(1話から全あらすじ)▼

ドラマ「テセウスの船」の動画を無料視聴する方法~再放送・見逃し配信動画~日曜劇場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です