特捜9 2020シーズン3ネタバレあらすじ

特捜9 2020の見逃し動画が無料で視聴する方法

ドラマ「特捜9シーズン3」は、動画配信サービスU-NEXTで視聴できます。
U-NEXTは今、月額料が1ヶ月無料キャンペーン中です。
ドラマ「特捜9シーズン3」は330円のレンタル作品です。
無料で600ポイントがもらえ、そのポイントを使って視聴することができます。
この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

▼「特捜9シーズン3」をU-NEXTで視聴したい方はこちら

 

U-NEXTは、1ヶ月以内に解約すれば無料で視聴できます。違約金もありません。

U-NEXTのおすすめ
・見放題動画 130,000 本、動画レンタル 20,000 本を配信!!一部(レンタル対象商品など)課金作品があり
・ビデオ見放題サービス1,990 円を31 日間無料でお試し可能
・600円分のU-NEXTポイントを貰える(継続した場合は1200P)
・ポイントでレンタル動画や電子書籍がレンタルできる!!
大人の動画が15,000本以上見放題♡
※本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

U-NEXTラインナップ<おすすめ番組一覧はこちら>

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
U-NEXT  〇
TVer  △(最新話のみ)
Hulu  ✖
FOD  ✖
Paravi  ✖

特捜9 シーズン3 動画(予告・見どころ)

第3話予告


もっとみる

第2話予告

特捜9 2020シーズン3 あらすじネタバレ

特捜9シーズン3 あらすじ

第2話あらすじネタバレ

浅輪刑事と新藤刑事は、新宿西署へ書類を届けに行った時に、八田という男が「スーツケースを失くした」と遺失物係で揉めているのを見かけ、一緒にスーツケースを探します。一方、埠頭で女性の変死体が入ったスーツケースが発見されました。浅輪刑事は、埠頭にいる小宮山刑事にスーツケースの特徴を尋ねると、八田が探していたケースと酷似しています。浅輪刑事は、事情を聞く為に警視庁へと八田を連れて行く事になります。
発見された女性の変死体の身元が分かり、八田の元妻の柴山里美でした。彼女は、様々なスクープを出していた週刊ブームの記者で、人気俳優とアイドルのスクープを追いかけていたと見られます。特捜班は、里美が追いかけていたと思われる人気俳優の加賀美、それに別件で不倫疑惑で噂されていた国会議員の海藤に関する聞き込みをします。加賀美は、里美にでっち上げの記事を出されたと憤慨、海藤の秘書である牧村は里美が海藤の不倫の事を取材しに来た事を話します。
特捜班が事件に関係していると思われる人物への聞き込みや取り調べを行った結果、里美は加賀美の件を追いかけていたのではなく、海藤と建設会社との賄賂事件を追いかけていた事が判明しました。海藤に賄賂を渡していた建設会社の社員で、里美の後輩である寺川が里美の頼みで情報をリークしていました。里美が殺害された日に、寺川は里美の部屋にそのネタで海藤に取引を持ちかけて金を要求しようと誘います。しかし、里美は、報道記者になる夢が大事であった事から、寺川を罵倒します。里美が元夫の八田の方が寺川よりもずっと良いと言い放った事で、寺川は逆上し、里美を殺害しました。
里美が八田を呼び出した日、里美は八田がコーチをしている小学生バスケットチームの地区大会優勝のお祝いをしようと、行く予定だったホテルでバスケットボール型のケーキを注文していた事が判明します。浅輪刑事は、里美の八田に対する想いを八田に問いかけました。

第1話あらすじネタバレ

第1話あらすじネタバレ

班長不在の中、重大事件の捜査からは外れていた特捜のメンバーたちでしたが、警備に当たっていた多摩川防犯ふれあいフェスタの会場で元刑事がライフルで射殺される事件に遭遇しました。県境の橋の上で起こった事件で、管轄がどこになるのか微妙な空気の流れる現場でしたが、颯爽と現れた警察庁の三原が連続殺人事件として指揮を執ることになりました。1件目の事件は中華料理店の経営者、2件目の事件はイベント企画会社の社長が至近距離からライフルで射殺されたものでした。特捜のメンバーは事件の捜査を依頼されたわけでもないのに独自に捜査を始めました。
3つに分かれてそれぞれの殺人事件の被疑者や関係者から話を聞いて捜査を進めていくと、各事件の被疑者は複雑に関係しているものの、3つ全てに共通する犯人や動機が見つかりませんでした。
中華料理店の経営者の息子の話で、父親が覚せい剤を密輸し、それをイベント企画会社の社長が売りさばいていたことが明らかになりました。犯人は中華料理店で働いていた青年でしたが、彼は若い頃少年院から退院した時に北村に優しくされ、警察のスパイとして反社会勢力に潜入して捜査に協力していました。服役することになり、刑務所から出てくるときには必ず迎えに行くと言った北村を信じていた犯人でしたが、出所の時迎えに来なかった北村は警察も辞めてしまって裏切られた、利用されたと思い込みました。しかし、それは北村が反社会勢力から犯人が危害を受けないように自分が横領の罪をかぶって退職していたのでした。

特捜9 2020シーズン3 感想

特捜9シーズン3 感想

第2話感想

男性

最初は、里美記者がゴシップ記事を好む記者で不倫もする嫌な女性という印象がありました。しかし、話が進むに連れて、里美は元夫の事を未だに想っており、事件当日に元夫を祝おうとして、ホテルでケーキを注文するエピソードは、里美という女性は本当は夫想いの良い人だったので安心しました。里美の後輩の寺川が嫌な人で、それが却って八田・里美の夫婦の絆を感じさせる作りになっていたかなと思います。
空席になっていた班長の席は、前回思わせぶりになっていた、中村梅雀さんが演じる国木田刑事が班長になるというのは予想通りでした。警視総監の話などから国木田班長は過去に凄い実績を挙げた刑事であるようですので、国木田班長の活躍と過去に期待したいです。

女性

第2話で印象に残ったのは、国木田班長が特捜班のテーブルに置かれていた週刊誌を見て、事件の真相に気づいた描写があったところです。第1話の警視総監と国木田班長との会話において、国木田班長が何やら凄い刑事であるかのように語られていました。第2話においては、この週刊誌で贈賄の事に気づいたところは、国木田班長の洞察力の高さを物語るものでしょう。
そして、国木田班長は、小宮山刑事のデスク周辺に落ちていた通販雑誌を見かけていましたが、話の最後で整理整頓の事を特捜班の面々に言っていた事から几帳面な人であるという事も伺えます。前任の班長たちが割とアットホームな雰囲気の人たちでしたが、それとは真逆の性格であるのが国木田班長のようです。

男性

第2話で気になったのは、被害者の里美役を演じた雛形あきこさんです。彼女は、2時間ドラマや刑事ドラマなどでは最早定番の女優ですが、殺された時のシーンが迫真の演技で、如何にも殺されたという表情が印象深かったです。また、犯人がスーツケースに死体を詰め込む際にも、雛形さんは目を開けたままだったので、いつものドラマでの雛形さんとは違った雰囲気がありました。雛形あきこさんが殺される役というのも珍しい気がしました。
第1話感想

第1話感想

男性

山田裕貴の新藤亮が気になります。ただ単に好きだというのもあるけど、現代の若者を象徴するような考え方で捜査方法も独特で、やる気があるのかないのかわからないけど結局はそれがいい方向に向かうという感じが好きです。浅輪の指導の仕方も本当なら怒ってもいいのに優しく見守ってある程度自由にさせていいところを引き出すという感じであのコンビは見ていて安心感があります。山田裕貴の本来の素直さとか無邪気さも出ていて良いドラマです。

女性

経営者が殺された中華料理店で犯人の男が小麦粉をあさっていたシーンがまだ犯人と分かっていない時点ですごく気になっていました。小麦粉をあんなに混ぜ繰り回して何がしたいのかわからなかったし、いきなり知らない人が二人も小麦粉を厨房に運んできてもそれを受け取るだけで例も言わなければ出て行けとも言わず、なんとも不思議な感じを受けました。後に彼が連続殺人の犯人だと分かってからは浅輪も小麦粉を開けているのが違和感を感じていたと言っていたので、わざとあぁいう不自然な動きにしていたのだと感じ、感心しました。厨房で必死に小麦粉を混ぜているだけと思わせるシーンだったけど、犯人の孤独さ、真面目さ、不器用さがよく出ていた演技だったと思います。

男性

班長がいなくなって締りの悪い特捜になるのかと思ったけど、それぞれの個性をうまく浅輪がまとめていいチームになっていたと思います。個性の強いメンバーがそれぞれいつものコンビに分かれて捜査をしていくのは見てて安定感が有り、コンビによって捜査の方法もまちまちで楽しいです。3つの殺人事件が複雑に絡み合っていて、被疑者や関係者も多数出ていたので途中わけがわからなくなりそうでしたが、最終的に被疑者とは全く別の人が犯人で驚きました。しかもその殺人動機が切なすぎて北村が死んだのが犯人の勘違いだったのが悲しすぎました。
浅輪と新藤のやり取りがほんわかしていて心が和むのと、倫子が捜査のヒントをくれるのもいつも通りで良かったと思います。

▼「特捜9シーズン3」をU-NEXTで視聴したい方はこちら

 

U-NEXTは、1ヶ月以内に解約すれば無料で視聴できます。違約金もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です