シゲアキの悪魔の手毬唄ネタバレあらすじと感想!見逃し動画視聴はあるの?金田一耕助、ふたたび

悪魔の手毬唄の見所と主演・出演者・キャスト

悪魔の手毬唄とは?

名探偵の金田一耕助が、鬼首村で由良家と仁礼家という、二つの名家の対立に巻き込まれながらも事件の解決に挑む。

悪魔の手毬唄の原作とは?

原作者 横溝正史

『金田一耕助』シリーズの一作でミステリーのバイブル的な一作。ドラマや映画で映像化されている作品。

悪魔の手毬唄の出演者キャスト

金田一耕助役 主演加藤シゲアキ

探偵

立原寅蔵役 生瀬勝久

警部補

大空ゆかり役 中条あやみ

国民的歌手

青池歌名雄役 小瀧 望(ジャニーズWEST)

「カメの湯」夫婦の子供。由良家の娘と恋仲。

青池里子役 大野いと

「カメの湯」夫婦の子供。歌手の大空ゆかりの親友。

仁礼文子役 大友花恋

仁礼家の娘。青池歌名雄に片思いしている。

由良泰子役 菅野莉央

由良敦子の娘。青池歌名雄と恋仲。

お幹役 木南晴夏

「カメの湯」の女中。

日下部是哉役 岡田義徳

歌手大空ゆかりのマネージャー。

司咲枝役 有森也実

由良家の当主の妹。

別所春江役 国生さゆり

歌手大空ゆかりの母親。

青池源治郎役 渡辺 大

「カメの湯」の当主だったが、20年前に亡くなっている。

野呂十兵衛役 古田新太

20年前、青池源治郎とともに活動弁士だった。

由良敦子役 斉藤由貴

由良家の当主。由良泰子の母親。

本多役 泉谷しげる

村の医師。

由良五百子役 中尾ミエ

手毬唄の歌詞を知る老人。

多々羅放庵役 石橋蓮司

鬼首村の庄屋。

青池リカ役 寺島しのぶ

「カメの湯」の女主人。

磯川常次郎役 古谷一行

県警の警部。

シゲアキ版悪魔の手毬唄のあらすじ・感想

悪魔の手毬唄あらすじネタバレ内容

岡山県鬼首村を舞台に起こった連続殺人事件である。
20年前、温泉宿の亀の湯の主人である青池源次郎が、村にモール作りの嘘の儲け話で機械を売る詐欺師の恩田幾三に殺されたことから事件が始まる。
岡山県警の磯川警部は20年前の事件を解決するために東京都から金田一耕助を呼んだ。
また同時に歌手である「大空ゆかり」こと恩田幾三の娘の別所千絵子が母親の早紀江と生まれ故郷の鬼首村に帰って来た。
金田一が亀の湯に到着すると、祭りの賑わいを避けるために別の村へ向かう途中に多々良放庵の5番目の妻であるおりんという老婆にあった。
その後、金田一が鬼首村ヘ戻ったところで村の覇権を争いしていた仁連家と由良家で由良家の厚子の娘である泰子が、放庵の書いた父の秘密を教えるとの手紙でおりんと思われる老婆に誘い出されて殺された。
亀の湯の息子の青池金男と由良家の泰子は恋人同士であった。
殺された遺体には何故か仁連家の屋号が入った枡と漏斗が置かれた。
屋号が「枡屋」である由良家の隠居が鬼首村手毬唄を思い出し、その殺人現場は鬼首村の手毬唄の1番に載っとっていたことが判った。
金田一は数え唄の手毬唄には2番目と3番目があると気が付き、他に手毬唄を知っている人物が放庵であることが判り、また被害者が呼されたのは放庵からの手紙であった為に放庵の自宅に捜査ヘ出向くも吐血を発見するも放庵の所在は不明であった。
そんな中で、仁連家の文子がやはり放庵から手紙で葡萄酒蔵に誘い出されて仁連家の屋号である秤屋の大判小判の秤で細工された殺された。
その殺人は鬼首村手毬唄の2番で殺された。
金田一は被害者である仁連家ヘ出向き、仁連文子が仁連嘉永の娘では無く、嘉永の妹の早紀江の娘で、父親は恩田幾三であることを知らされ、更に由良家の殺された泰子も父親が恩田幾三であることが判った。
警察は放庵を容疑者と考えて行方を追っていたが発見できずにいた。
金田一は恩田の足の中指が長いという身体的な特徴から検死写真から源次郎の死体が、恩田の死体であることに気が付いた。
青池源次郎の生立ちを調査するためと写真を探すために神戸ヘ向い写真を見つけ、恩田幾三と弁士をしていた青池源次郎は同一人物であることに気が付いた。
仁連家の文子の通夜の時に千絵子にも父親の秘密を教えるとの手紙が入った鞄を入れ替えた亀の湯の娘の青池里子が犯行現場に向っていた。
そこで鬼首村手毬唄の3番目の歌詞である別所家の屋号である錠前屋を指す錠前と鍵があったが何故か亀の湯の里子が殺された。
金田一は関係者を呼び写真を見せて恩田幾三と青池源次郎が同一人物であることが証明され、犯人が青池源次郎の妻の青池リカであることが気が付いた。
犯人のリカは恩田幾三と青池源次郎が同一人物であることに知り、20年前に家族を捨て、満州ヘ逃亡しようとした源次郎を殺し、その一部始終を知っていた放庵を元妻のおりんに扮して毒殺し、息子の金男が腹違いの兄妹である結婚しようしていた2人の娘を殺し、間違えて自分の娘を2人の娘を殺し、3人目は間違えて自分の娘を殺してしまった。
真相が全て明らかなり、犯人であるリカは自殺し、事件は終わった。

悪魔の手毬唄見どころ

一番気になった役名は古谷一行氏が演じた磯川警部です。
理由は事件解決のポイントとなる役であり、かつ犯人に好意を寄せながら事件を解決しなればならない大変重要な役だからです。
磯川警部は演じる方で映像の雰囲気と映像の構成が全て変わると思いますし、9割が決まってしまうと言っても過言ではありません。
先に述べましたが舞台は昭和初期ですので、磯川警部には最も昭和感を出して頂かないと映像締まりません。
また事件の発端や事件の展開を含めまして、ストリートのキーポイントの全てを背負っておりますので、映像に深みも出すために第二の主人公と言っても過言では無いと重要な役柄であると思いましたので、磯川警部を1番に挙げさて頂きました。

悪魔の手毬唄感想

この「悪魔の手毬唄」は横溝正史氏が原作である代表作の一つですが、彼特有の複雑な人間関係と独特で特徴的な事件の設定と改めて感じました。
原作から自然と通常のサスペンス2時間ドラマとは異なる映像で、何とも言えない独特感が出ており、また観たいとの実感も湧きました。
原作の独特感を出す為に映像制作には大変な御苦労されたと思いました。
しかしながら今回はテレビであった為に映画とは映像の質が異なるのは十分に理解しておりますが、もっと映画に近づく映像制作を御願いしたかったです。
なぜならば原作は昭和初期が舞台ですので、映像に昭和感を感じさせて頂ける映像を入れて頂けたらより良い映像になったと思いました。
次回は是非、昭和感が感じられる映像制作を期待しております。

悪魔の手毬唄の動画を視聴する方法

ドラマ「シゲアキ版悪魔の手毬唄」の動画配信サービスは、今のところないようです。
現在(2019年12月)のところは配信はありませんが、フジテレビの作品なので、今後FODで配信になることがあるかもしれません。
配信が決定したら、またお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です