ドラマ「映像研には手を出すな!」の見逃し動画を視聴しよう【1話~最終回】

ドラマ「映像研には手を出すな!」の見逃し動画の視聴方法と、
あらすじネタバレや感想、出演者などドラマのまとめ情報を紹介します。

ドラマ「映像研には手を出すな」動画を無料で見逃し視聴する方法

ドラマ「映像研には手を出すな」の見逃し動画配信は、
MBS動画イムズ、TVer、dTVチャンネルになります。
MBS動画イムズ、TVerは、TBSで放送後(火曜1:28~)に最新話を1週間配信します。
下記では、dTVチャンネルでお得に見逃し視聴する方法についてご紹介します。

ドラマ「映像研には手を出すな」動画をdTVチャンネルで視聴するには

下記リンクから「dTV+dTVチャンネル」をセット登録すると、
1カ月間dTV+dTVチャンネルが無料でお試し視聴できます。
ドラマ「映像研には手を出すな」の見逃し配信は「dTVチャンネル」の方になりますので、
dtvのみの方ではなく、「dTV+dTVチャンネル」のセット登録でお試し体験してください。
1カ月以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。
この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

\下記リンクからスクロールしてセット登録で/

dTVは、1カ月以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

Paraviのおすすめ
dTV+dTVチャンネルで月額980円(税抜き)でとってもお財布に優しい!
・dTVは月額500円で見放題!
・オリジナルコンテンツが豊富!!
・ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず楽しめる!
※本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況はdTVサイトにてご確認ください。

ドラマ「映像研には手を出すな」動画の配信状況

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
dTVチャンネル  〇(フル視聴)
TVer  △(期間限定)
MBS動画イムズ  △(期間限定)
U-NEXT  ✖
Hulu  ✖
FOD  ✖

「映像研には手を出すな」動画(予告・見どころ)

6話予告

もっとみる

5話予告

4話予告

3話予告

「映像研には手を出すな」あらすじ

第6話あらすじ

ストーリー無しの格好いい映像を作り、大・生徒會の予算審議会をハッタリで乗り切ることに決めた映像研の浅草みどり(齋藤飛鳥)、水崎ツバメ(山下美月)、金森さやか(梅澤美波)の3人。
目前の予算審議会に向けて、必死でアニメ制作に取り組む映像研だったが、内容の無いアニメを作ることにみどりが耐え切れなくなる。
一方、前倒し開催された予算審議会会場には、なぜか部活が次々と呼び出され、会場は混迷を極めていた。

第5話あらすじ

第5話あらすじ

行方不明だった浅草みどり(齋藤飛鳥)をようやく見つけた水崎ツバメ(山下美月)、金森さやか(梅澤美波)は本格的にアニメ作りを開始する。
しかし、大生徒會より映像研の予算審議会の日程の前倒しが告知され、さやかは心労から風邪をひいて寝込んでしまう。さやかのためにできることを頑張ろうと、2人は意気込む。一方、大生徒會のさかきソワンデ(グレイス・エマ)は、映像研の活動が教師の間で問題になっているとさやかに忠告する。

第4話あらすじ

第4話あらすじ

大・生徒會による予算審議会が始まった。目の前で繰り広げられる「プロレス同好会」と大・生徒會の激しい舌戦に、見学に来ていた浅草みどり(齋藤飛鳥)はすっかり怯えてしまう。
水崎ツバメ(山下美月)と金森さやか(梅澤美波)は、そんなみどりを宥めるがその日からみどりは失踪してしまう。
みどりの失踪から1週間、予算審議会は刻々と迫り、遂に金森はみどり無しでアニメを作ることができるか、とツバメに問いかける。

第3話あらすじ

第3話あらすじ

期間限定で同好会としての仮認可が下った映像研。正式認可に向けた次のハードルは、2ヶ月後の予算審議委員会でしかるべき活動実績を発表すること。映像研の3人はさっそくオリジナルアニメの制作に取り掛かろうとする。
ボロボロの部室を修理し、水崎家から豪華なソファも運び込まれ、アニメを作るための動画机までもが手に入った。
準備は整ったかのように思えたが、なかなか企画が浮かばない浅草(齋藤飛鳥)と、企画がないと絵が描けないツバメ(山下美月)。しびれを切らした金森(梅澤美波)は、「だったら、私が考えた企画で!」と言い、自身の企画を自信満々に披露する。しかし、金森が披露した企画は、絶対に手を出してはいけないものだった…

第2話あらすじ

第2話あらすじ

コインランドリーでの会話で意気投合した浅草(齋藤飛鳥)とツバメ(山下美月)。この2人に確かな金儲けの可能性を感じた金森(梅澤美波)は、アニ研とは別に新たな部を作ることを提案。それには、芝浜高校を支配する“大・生徒会”の審査を通過する必要があった。
意を決して大・生徒会室に向かった3人。幹部の道頓堀(小西桜子)、ソワンデ(グレイス・エマ)、阿島 (福本莉子)、王(松﨑亮)に詰問されるも、金森の機転とハッタリでなんとかその場を切り抜ける。大・生徒会から課されたのは、一週間以内に顧問を選定することと、活動内容、すなわち、映像研が作る“唯一無二の映像”がわかる資料を用意すること。顧問と部室は首尾よく見つかったが、肝心の“唯一無二の映像”ができない。そして、一週間後。大・生徒 会に報告をする日を迎える。果たして、映像研は爆誕する…のか?

第1話あらすじ

第1話あらすじ

迷彩帽に迷彩リュックの少女・浅草みどり(齋藤飛鳥)は、アニメが好きで、人並み外れた想像力があるの だが、見知らぬ人に話しかけられると卒倒してしまうほどの極度の人見知り。浅草が入学した芝浜高校は、413の部活動と72の研究会およびそれに類する学生組織がある。一言でいえばカオスな高校。
そんな芝浜高校の屋上で、浅草は金森さやか(梅澤美波)をアニ研(アニメ研究会)の上映会に誘っていた。金森は長身で美脚、金儲けに異常な執着を見せるタイプで、浅草の中学からの同級生である。2人が屋上から校内を眺めていると、カリスマ読者モデルの水崎ツバメ(山下美月)を発見する。彼女もまた、芝浜高校に入学してきた新入生だった。カリスマ読モなだけではなく、財閥令嬢でもあるツバメを利用して、金儲けができないかと企み始める金森。その後、アニ研の上映会に行った浅草と金森。そこで、実はアニメ好きでアニメーター志望だったツバメと運命的な出会いを果たす。そこに、ツバメを追いかける黒服の黒田と麻笠が飛び込んでくる。逃げ出すツバメ、騒然となる生徒たち、混乱の視聴覚室A、しかしそのとき、浅草は1人、想像力を爆発させていた!!!

「映像研には手を出すな」ネタバレ

映像研には手を出すな 6話ネタバレ

ストーリーを断捨離し、格好いい映像を集めた予告編を制作することに決めた浅草みどり(齋藤飛鳥)、水崎ツバメ(山下美月)、金森さやか(梅澤美波)の3人。
ようやく予算審議会での制作発表に向けて、作品を纏め始めた3人だったが、開始早々にみどりの不満が爆発してしまう。
みどりは、設定も内容もない作品を作るのに我慢が出来ないと訴え、ツバメも賛同する。さやかは締め切りに悩みながらも、2人が納得いくアニメ作りをサポートすることを決め、みどりとツバメは、「最強の世界を見せてやる!」と意気込む。
その後、2人と別れたさやかは、翌日の予算審議会対策のためにゲバラ(中山求一郎)の元を訪れ、取引を持ち掛ける。

夢中でアニメ制作をするみどりとツバメだったが、あっという間に部活時間を終えてしまい、音曲浴場に場所を移してアニメ制作を続ける。様子を見に来たさやかは、焦る2人に部室で徹夜しようと提案する。夜に学校に行くことに難色を示す2人に、さやかは背に腹は代えられないと説得する。
下水道部と上水道部の力を借り、学校に侵入した3人はなぜか部室で待っていた高嶋政宏(藤本先生)に応援され、アニメ制作を再開する。

翌日、予算審議会が開始された頃、みどりとツバメはまだ作業中だった。
大・生徒會の審議は厳しく、無慈悲に予算カットが言い渡されるなか、いよいよ映像研の順番になる。会長の道頓堀透(小西桜子)が映像研を呼び出すが、壇上には誰の姿も無い。
大・生徒會が、審議会欠席による映像研の廃部を宣言しようとしたところに、突然「プロレス風素人取っ組み合い同好会」が乱入する。
さらに、野球部や号外部などが乱入し、会場は大騒ぎになる。彼らの手には、なぜかこの時間を指定した大・生徒會発行の「召喚状」があり、伝令部は何者かが召喚状の偽造をしていると悲鳴を上げる。騒ぎの犯人は、「ツバメとの2ショット」を条件にさやかと取引したゲバラだった。
仕上げにゲバラは、大・生徒會にに「映像研には手を出すな」と通信する。
そんな阿鼻叫喚の会場に、遂に映像研の3人が現れる。

ところが、会長は3人を前に生徒會と教師陣との協議で映像研の予算審議を中止することを通告する。理由は、アニメ研究会の発表会場での騒ぎやハプニング映像の流出及び部室の破損だった。
責任を映像研に問う生徒會に、さやかは校内への不審者侵入や部室の老朽化が理由であると訴え、むしろ学校側の責任を訴え予算審議会の中止を撤回させる。
しかし今度は、発表内容がアニメであることを理由に、既存のアニメ研究会との差が無いと論破され、作品を見るまでもなく映像研が不要だと責められる。いよいよさやかの言葉も出なくなった時、みどりは勇気を振り絞って「やり方に注文をつけるな、完成品を見ろ」と啖呵を切る。

みどりの勢いに押された会長は、映像の放映を許可し、映像研のアニメが放映される。会場の全員が目を輝かせて映像研のアニメを見つめる。
放映後の静まり返った会場で、生徒會の王(松崎亮)は喝采して会長に予算増額を進言する。他の生徒会役員も納得の制作発表に、会長は「映像研究会の認可」を宣言する。
しかし、映像研は作品のできに満足できず、次の作品の制作に向けダメ出しを始めており、「なんか知らんが面白くなってきやがった」とみどりは瞳を輝かせていた。

第5話ネタバレ

映像研には手を出すな 5話ネタバレ

行方不明になっていた浅草みどり(齋藤飛鳥)を合流した水崎ツバメ(山下美月)、金森さやか(梅澤美波)は、本格的にアニメ制作を開始する。順調に進んでいるかに見えたアニメ制作だったが、突然に大生徒會から「予算審議会の前倒し」が発表される。一気に10日後になった締め切りに、ショックを受けたさやかが倒れてしまう。さやかはそのまま風邪で寝込んでしまい、みどりとツバメは2人でアニメを作ることになる。映像研のまとめ役として、マイペースな2人を叱咤激励していたさやかに頼りっぱなしだった2人は、「私たちにできることを頑張ろう」と意気込む。

一方さやかは、風邪に苦しみながらも映像研の心配をしていた。
作品は未だに5秒分しかなく、どう計算してもギリギリの状態で、さやかは2人にメッセージを送っては進捗を心配していた。ある時、目覚めたさやかの枕元に差し入れの牛乳と2人からのお見舞いメッセージを見つけ、さやかはみどりとの出会いを思い出す。中学時代、道端にしゃがみ込むみどりを見つけたさやかは、「葉っぱをお金に変えないか」と声をかける。
さやかの言葉に興味を持ったみどりは、さやかを追いかけ、意味の分からないまま一緒に笹の葉を集める。その帰り道、日頃電車に乗らないみどりが、「友達」のさやかがいるから電車に乗れると言うのに、さやかは自分たちが利害の一致した「共生関係」だと言う。実際に、みどりは電車に乗ることができ、さやかは二人で採った葉っぱを売って儲けることができたのだった。そんなみどりとツバメからは、今日も「順調だ」というメッセージが届き、枕元には差し入れが置かれていた。

その後ようやく回復したさやかは、2人から全く進展していない現状を知らされる。自分がいない間に何をしていたのか、と問うさやかに、2人は「葉っぱを売って、そのお金でさやかに差し入れを買っていた」と言う。さやかは、アニメが5秒では大・生徒會から予算を獲得できないと2人を叱りつけるが、2人は相変わらず細かな描写に拘って盛り上がっている。
キレたさやかは、2人に「派手で目立つものを、時間をかけずに作れ!」と叫ぶ。
ところがツバメは、リアルな描写をアニメで再現することを美学として、さやかと対立する。その時、みどりがアニメの背景描写を水増しすることで、秒数を稼ぐことを提案する。
ツバメと同じく拘りを持つと思っていたみどりの行動に、ツバメはショックを受ける。一方さやかは、時間をかけずに秒数を稼ぐみどりを称賛し、どんどんズームや効果を水増しさせて、アニメを派手に長くしていく。
結果、47秒に伸びたが演出だけでストーリーのない作品にみどりは困惑するが、「既に格好いい作品になった」とさやかは相手にならない。アニメに拘るツバメは、もやもやとした気持ちを抱えて帰宅する。

一方2人と別れたさやかは、大・生徒會のさかきソワンデ(グレイス・エマ)に呼び出され、映像研の活動が教師に問題視されていると告げる。折しも、映像研に恨みを持つ部活が現れ、ゲバラ(中山求一郎)の元には「エイゾウケン ハイブ」の情報が寄せられていた。

第4話ネタバレ

映像研には手を出すな 4話ネタバレ

各クラブがこれまでの活動実績を大・生徒會に示し、予算を決定する予算審議会が始まった。しかし、大・生徒會の審査は厳しく、審議会に臨んだ「プロレス同好会」は生徒會役員の指摘に太刀打ちできず、「プロレス風素人取っ組み合い同好会」に名称変更された挙句に予算を減額されてしまう。審議会の見学に来ていた「映像研究会(仮)」の浅草みどり(齋藤飛鳥)、金森さやか(梅澤美波)、水崎ツバメ(山下美月)は会場の異常な盛り上がりと、大・生徒會との激しいやり取りに驚く。特に人見知りのみどりは腰が引けてしまい、トイレに出たまま姿を消してしまう。
みどりの失踪から1週間後。予算審議会を目前に、ツバメとさやかは焦っていた。授業には出るが、部室に来ないのは「アニメを描きたくなくなったから」と心配するツバメに、みどりと付き合いの長いさやかは、審議会の雰囲気に、病的な人見知りのみどりが逃げ出したと分析する。さやかの論を疑うツバメに、さやかは2人の出会いを話し出す。
3年前、クラスに馴染めずにいたさやか以上に馴染んでいなかったのが、みどりだった。体育の授業では蹲って地面に何かを書き、帰り道でも蹲って何かを観察するみどりを不思議に思ったさやかは、みどりに興味を持つ。最初は怯えていたみどりだったが、スケッチブックに書き込んだ設定にさやかが興味を持つと、途端に饒舌になり、その姿にさやかは好感を持つ。
今と変わらないみどりの性格に、ツバメは「みどりは戻ってくる」と信じて、みどりの捜索を提案する。みどりの目撃情報があったバーテン部・疑スナック部では共に「思いつめたような表情」で、迫真の表情で座り込んでいたという目撃情報もあり、このままでは思いつめて死んでしまうのではないかと、2人は焦る。みどり見つけられずに2人が内野部と外野部が練習するグランドで落ち合っていると、ツバメの足元に内野部の野球ボールが転がってくる。た内野部は、外野には行けないと言い、外野部も内野にボールは投げられないと言う。ボールを片手に困惑するツバメだったが、急に大声で「バックホーム!」と叫び、ホームベースにボールを投げる。はっとする内野部と外野部をよそ目に、すっきりとした顔のツバメをさやかは褒める。
その後「音曲浴場」で、さやかは「みどりがいなくなった」リスクヘッジとして、ツバメ一人でアニメを完成させられるかと問う。ツバメは、みどり不在でアニメは絶対に完成させられないと訴え、あわや口論になりかけた時、座敷の奥からフラリとみどりが現れた。駆け寄る2人に、みどりは今までテレビのある部活を回って、アニメを見ていたと言う。既に映像研のアニメの構想はでき上がっている言うみどりは、物凄い勢いで絵コンテを描き始める。
コンテが殆ど完成し、みどりとツバメの同時作業で、予算審議委員会の日程になんとか間に合う目算がついた映像研の部室に、生徒會からの校内放送が流れてくる。内容は内野部と外野部が和解して野球部が創設されたため、審議の順が繰り上がり、「映像研究同好会(仮)の予算審議を2週間後に行う」ことだった。急な審議会の日程にめまいを起こしてソファに倒れ込むさやか。
そして、「これが、私たちが金森さんを見た最後でした」。

第3話ネタバレ

第3話ネタバレ

大生徒會生徒会長・道頓堀透(小西桜子)によって、部活動の予算審議委員会の開催が通達された芝浜高校。今年はより厳しくクラブの活動内容を審議し、クラブの取り締まりをもくろむ大生徒會に、各クラブは活動実績のために熾烈な争いを繰り広げる。
浅草みどり(齋藤飛鳥)、水崎ツバメ(山下美月)、金森さやか(梅澤美波)の3人がようやく発足させた「映像研究同好会(仮)」も、正式な同好会認可を受けるために、予算審議委員会に活動実績を示し、予算を確保しなくてはならない。部室として確保した廃工場に集まった3人は、実績を作るためのミーティングを始めるが、空気を読まずマイペースなみどりとツバメにさやかは一人でやきもきする。そもそも部室にはアニメを描くペン等の道具はおろか家具すらなく、屋根や壁は穴だらけで、とてもアニメを描くような状況ではなかった。さらに、資金は以前にみどりが工場の2階から転落したハプニング映像をテレビ局に売って得た3万円しかなく、3人はさっそく困り果てる。
結局、人がいられる状況でない部室を何とかすることが最優先となり、3人は貴重な3万円を廃工場の修理に使うことにする。前向きに壁修理に向かうみどりを見たツバメは、人の嫌がる事を率先してするみどりが立派だと感心するが、昔からみどりを知るさやかは、アレは何でも楽しいからしているだけでそんな大層なものではないと切り捨てる。折しも、2人の目の無い所で、工具を片手に妄想に浸っていたみどりは、再びさやかに叱られる。
その後3人は、アニメを書く机を求めて顧問の藤本先生(高嶋政宏)を頼る。藤本先生は、校内の古い建物(昭和館)にあれば好きなものを持って行っていいと許可を出す。意気揚々と探しに出た3人は、そこで過去のアニメ研究会が使用していたと思われる動画机を発見する。アニメ用の動画用紙やクリップ等を揃えた動画机に、みどりとツバメは大喜びする。ツバメの家から高級ソファも取り寄せ、ようやく廃工場は部室として使用できるようになった。
それから1週間後、さやかは全くアニメを作ろうとしない2人にイラつきを隠せずにいた。「企画、シナリは頭で考えるもの」と屁理屈を並べるみどりに、さやかは自分が考えたとして、「パン男」「ひきだしからロボット」等の版権ギリギリの企画で脅し、2人に企画の提出を強要する。さやかに発破をかけられたみどりは苦し紛れに構想中のシナリオの妄想を始める。
「場所は、砂漠と滅んだ摩天楼の森の世界。滅んだ国の栄誉を示す旗が翻り、山には強大な敵と戦った戦争の跡が残る。そこに現れる対人用の個人防衛戦車。そこにガスマスクを着けたセーラー服の少女が現れる。戦車の砲塔が少女を狙い、それを交わす少女。さらに迫る戦車の攻撃に、少女のナタが閃く―――。」
みどりとツバメの妄想からでき上がった世界を無事にシナリオ化し、3人は作った話に好感触を得る。これは上手くいくのではないか、と期待に胸を膨らませる3人。
しかし、「これが、私たちが浅草さんを見た最後でした」。

第2話ネタバレ

第2話ネタバレ

3人でアニメを作ることを約束した浅草みどり(齋藤飛鳥)、水崎ツバメ(山本美月)、金森さやか(梅澤美波)だが、問題は山積していた。極度のみどりは人付き合いが苦手なため、部活に所属すること自体に不安があり、ツバメは両親にアニメ作りを反対されており、部活に所属することが難しい。アニメに興味が無い金森だが持ち前の商売根性に火が付き、2人が問題なくアニメを作れるように新しい部活を設立することを提案する。
一方、3人の入学した芝浜高校は413の部活動と72の同好会や学生活動が存在するカオスな学校で、会長の道頓堀透(小西桜子)をはじめとする大・生徒會は、既存の部活に限りなく似た別の部活の設立認定に対して厳しい審議を行っていた。既に部活の数は飽和状態で、新聞の号外のみを発行する号外部などは、号外ニュースが無いせいで、7年も号外を出せずに号外発行の練習をするばかりの現状で、新しい部活動の設立は非常に難しい。アニメについても既に部活が存在するなか、大・生徒會に金森が申請した部活は「映像研究同好会」だった。既存の映像系の部活と違い、全ての映像コンテンツを含む唯一無二の映像を研究するという詭弁を繰り広げる金森のスピーチに、大・生徒會は、「映像研究同好会」の活動を期間限定で許可する。
「映像研究会」の設立のためには、顧問の獲得と、部室の無い状態で1週間以内に活動を示す資料を大・生徒會に提出しなくてはいけないことを知った3人は、まず顧問を求めて職員室に向かう。顧問を探す3人にあっさりと顧問を引き受け、部室まで提供してくれたのは、ギリシャの哲学者のような髭を蓄えた藤本先生(高嶋政宏)だった。意気揚々と藤本先生から貰った部室は5等級ある部室の最下位、通称・彼岸だった。学校から離れた僻地にある、昭和初期に建てられた工場の跡地が部室と知った金森は唖然とするが、みどりとツバメは大喜びで工場を探検し、妄想を繰り広げる。1週間後の資料提出のために、工場や妄想する2人を携帯ムービーで撮影しながら、金森は2人の妄想をたしなめる。秘密基地の妄想をして階上に上がったみどりの妄想を、金森が強制的に止めたことで不貞腐れたみどりは、オンボロの手すりに寄りかかり、転げ落ちてしまう。奇跡的に無傷だったみどりだが、1週間後に提出する資料を作ることは出来なかった。
何も持たずに1週間後を迎えたみどりとツバメは、大・生徒會に迫られる。そこで金森は、自信満々にテレビを示す。映し出された上場場組には衝撃映像として、部室の工場の2階から転げ落ちるみどりの姿を映したムービーが流れる。芝浜高校史上初、お茶の間に流れた映像を作ったことを評価され、「映像研究同好会」は(仮)として、存続を許されることになった。
「映像研究同好会(仮)」が正式に認められるには、更に2か月以内に活動実績を大・生徒會に提出しなければならない。それでも仮認定されたことに満足して校舎から出てくる3人に、号外部が発行した『映像・爆誕す!』の号外が降り注いだ。

第1話ネタバレ

第1話ネタバレ

迷彩帽子に迷彩リュックがトレードマークの浅草みどり(齋藤飛鳥)は芝浜高校に入学したばかりの高校1年生。アニメ制作志望で想像力豊かなみどりが、学校の屋上で妄想していると、屋上に学生が沢山集まってきてしまう。極度の人見知りで、パニックになりそうなみどりを救ったのは、中学からの友人の金森さやか(梅澤美波)だった。クールでお金儲けに執着するさやかは、みどりからアニメ研究会へ共に入会しようと誘われるが、すげなく断ってしまう。
みどりの入学した芝浜高校には、413の部活動と72の同好会や学生活動が存在し、学生は必ず部活か学生活動に所属しなくてはいけない校則があった。部活同好会が乱立し、カオスと化した学校を纏めるのは、道頓堀透(小桜桜子)率いる大・生徒會だった。大・生徒會は、細分化されすぎて存在の意義が分からなくなった部活等を仕分けし、部活予算や活動拠点などの取り決めを行える学校最高機関として、強権を振るっていた。
そんな芝浜高校に、同じく新入生として売れっ子読者モデルの水崎ツバメも入学していた。たまたまツバメを見かけたみどりとさやかは、ツバメがサングラスの男たちに追われている事を知る。男たちとツバメの関係で得意の妄想を繰り広げるみどりを横目に、さやかはお金儲けのために友人になれないか、と酷く現実的なことを考える。そんな二人がアニメ研究会の発表を見学していると、二人の隣の席にツバメが現れる。ツバメは早口でアニメ研究会の発表を解説していたみどりに、スケッチブックを託して男に追われて行ってしまう。みどりは、男たちから逃げるツバメを追いかけながら、自分のスケッチブックにツバメ逃走の妄想の設定を書き起こしていく。
ツバメは最後にさやかに助けられる形で、男たちから逃げ切り、みどり・さやか・ツバメの3人は一堂に会する。みどりは、ツバメに預かったスケッチブックを返却するときに中に精細なアニメの人物スケッチが描かれているのを見せてもらう。実はツバメはアニメが好きで、アニメーターを志望しているが、俳優の両親が反対しており、追いかけていた男たちはツバメの家の使用人で、ツバメがアニメ研究会に入らないよう監視していたのだと言う。予期せぬ同志の存在に、みどりは自分のスケッチブックをツバメに見せる。ツバメはみどりの緻密な設定画に感心し、キャラクターではなくイメージボードを作る人は珍しいとこぼす。それを聞いたみどりは、「最強の世界を描きたい。そのためには設定が命」だと言う。ツバメのスケッチブックに書きかけのメカを見つけたみどりが、その絵に設定を盛り込んで立体的に描いていくと、ツバメも嬉しくなって一緒に設定を追加していく。それを見守るさやかと一緒に、世界を妄想する中で、3人は探していた「世界」を垣間見る。かくして3人はそれぞれの野望のため、一緒にアニメを作ることを約束する。

「映像研には手を出すな」感想

映像研には手を出すな 6話感想

面白かったです。
最後はこれまでの部活の大集合で、スペシャル回でした。大・生徒會のソワンデがすごく格好いいなと思っていたのですが、最終回も言葉少なに格好良く、うろたえる会長が可愛かったです。
映像研の作品も、王さんが括目するほどのできということで、金森さんの苦労が報われたなぁ、と。アニメのためなら頑張れるブレないみどりの頑張りで、(仮)も外れて無事に認可されて本当に良かったです。映画では長編アニメ作るのかな、と楽しみです。

第5話感想

映像研には手を出すな 5話感想

金森さん不在は、真っ当な理由でちょっとガッカリ。
さすが映像研の良心、というか現実担当です。ツバメと金森さんの対立は、ツバメの情熱を傾けている気持ちはすごく理解できるんですよね。
でも、それだと「映像研」が作れるか微妙になる。
更に、前回のツバメのバックホームが逆恨みにあって、「映像研」の危機です。
部活間のイザコザに、先生まで絡んでいるようで、最終回に何が起こるのか、とっても気になります。ツバメ頑張れ!

第4話感想

映像研には手を出すな 4話感想

浅草みどり行方不明回でしたが、まさかのアニメを見る場所を求めての徘徊だったとは。なんともみどりらしいマイペースなお話でいっした。そうとも知らず、みどりを探す2人がとってもいい子。
そして、1話で分裂した内野部と外野部が、突然の伏線回収で映像研をピンチにする存在になると、奥深いというか、やっぱり個性派クラブは見逃せないですね。仲良くなったのは良かったけど、今度はそのせいで、金森さんまで・・・

第3話感想

第3話感想

どんどん金森氏がお母さんになるというか、決して真面目じゃないけど、面倒見の良い金森氏がいるから2人の妄想が捗るのですよね。今回も上水道部、下水道部という何をしてるのか全く分からない部活が出てきて、面白かったです。浅草さんには怖い人たちなんて言われる始末で、登場する部活も高校生離れしてきてニヤニヤするばかり。
次回は浅草さん、大事な予算会議前にどうなっちゃうのでしょうか。心配です。

第2話感想

第2話感想

いよいよ3人娘の「映像研究同好会」も仮設立とはいえ、世に爆誕しました。本当に、芝浜高校は設立までの認可が厳しいですね。顧問の先生もあっさり決まったのに、提出が必要な実績が非情です。今回は大・生徒會VS金森氏の熾烈なバトルがメインでしたが、金森氏の優秀な商売根性が一歩リードといった感じですね。そして何より、今回も高校生の情熱溢れるニッチな部活が大活躍でした。ドラマ映像研!ではこの小ネタ感あるニッチな部活が癖になりますね。

第1話感想

第1話感想

すごく極端ですが、高校生らしいフルスロットルの騒がしさで、アニメを見ているような熱量と疾走感でした。シュールなシーンが好きな方にはぜひ見て頂きたいです。個性を主張した結果、ニッチな分野にすそ野が広がりすぎた部活を束ねる大・生徒會は、字面では悪役ですが、部活予算会を見ていると気の毒に思えるほど。野球部が内野部と外野部に分かれた時は声を出して笑ってしまいました。主人公のみどりの妄想癖も楽しく、妄想がどんどん立体化していくところに、彼女がどうして「設定」が好きなのか頷けます。

ドラマ『映像研には手を出すな!』まとめ

『映像研には手を出すな!』とは?

MBS毎日放送ドラマイムズの2020年4スタートの連続ドラマ。

迷彩帽に迷彩リュックの少女・浅草みどり(齋藤飛鳥)は、アニメが好きで、人並み外れた想像力があるのだが、見知らぬ人に話しかけられると卒倒してしまうほどの極度の人見知り。浅草の中学からの同級生・金森さやか(梅澤美波)は長身で美脚、金儲けに異常な執着を見せるタイプだ。2人が入学した芝浜高校は、413の部活動と72の研究会およびそれに類する学生組織がある、一言でいえばカオスな高校。

もっとみる
この部活動および学生組織を束ねているのが大・生徒会。道頓堀透(小西桜子)、ソワンデ(グレイス・エマ)、阿島(福本莉子)、王(松﨑亮)が幹部として運営を司っている。
そんな芝浜高校で、浅草と金森はカリスマ読者モデルの水崎ツバメ(山下美月)と出会う。ツバメもまた、芝浜高校に入学してきた新入生で、実はアニメ好きでアニメーター志望だった。
運命的な出会いを果たした3人はアニメ制作に邁進することを決意する。
こうして、電撃3人娘の「最強の世界」を目指す冒険が始まった!!!(公式HPより)

映像研には手を出すな! 主演・キャスト・出演者

齋藤飛鳥 浅草みどり役
山下美月 水崎ツバメ役
梅澤美波 金森さやか役
小西桜子 道頓堀透役
グレイス・エマ さかきソワンデ役
キャストをもっとみる
福本莉子 阿島九役
松﨑亮 王俊也役
鈴之助
出合正幸
髙嶋政宏

映像研には手を出すな 原作

大童澄瞳「映像研には手を出すな!」

「月刊!スピリッツ」連載中

映像研には手を出すな スタッフ

監督:英 勉

映像研には手を出すな 主題歌

Thinking dogs「Heavenly ideas」

ドラマ「映像研には手を出すな」動画を無料で見逃し視聴するまとめ

ドラマ「映像研には手を出すな」の見逃し動画配信は、
MBS動画イムズ、TVer、dTVチャンネルになります。
MBS動画イムズ、TVerは、TBSで放送後(火曜1:28~)に最新話を1週間配信します。
下記では、dTVチャンネルでお得に見逃し視聴する方法についてご紹介します。

下記リンクから「dTV+dTVチャンネル」をセット登録すると、
1カ月間dTV+dTVチャンネルが無料でお試し視聴できます。
ドラマ「映像研には手を出すな」の見逃し配信は「dTVチャンネル」の方になりますので、
dtvのみの方ではなく、「dTV+dTVチャンネル」のセット登録でお試し体験してください。
1カ月以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。
この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

Paraviのおすすめ
dTV+dTVチャンネルで月額980円(税抜き)でとってもお財布に優しい!
・dTVは月額500円で見放題!
・オリジナルコンテンツが豊富!!
・ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず楽しめる!
※本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況はdTVサイトにてご確認ください。

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
dTVチャンネル  〇(フル視聴)
TVer  △(期間限定)
MBS動画イムズ  △(期間限定)
U-NEXT  ✖
Hulu  ✖
FOD  ✖

\下記リンクからスクロールしてセット登録で/

dTVは、1カ月以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です