アライブ6話あらすじネタバレとドラマの感想!梶山薫(木村佳乃)がすごい!

ドラマ『アライブ』の見逃し動画・再放送を無料視聴する方法

※以下はネタバレが含まれます。
ドラマ「アライブ」は、FODプレミアムで視聴することが出来ます。

FODプレミアムは、1ヶ月無料のキャンペーン中です。

▼今すぐ「アライブ」を視聴したい方はこちら

 

FODプレミアムは、1ヶ月以内に解約すれば、完全無料で視聴できます。
違約金もありません。

FODプレミアムおすすめ
・月額料金『888円(税抜)』!!一部(レンタル対象商品など)課金作品があり
・現在放送中のフジテレビドラマをお好きなタイミングで見れる
・最大40,000本!過去の名作ドラマ、バラエティ、アニメ、 映画など大人気タイトルがいつでも楽しめる
・継続特典で最大1300円相当のポイントが貰える
・ポイントで新作の映画や電子書籍が買える
※本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

 

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
FOD  〇(フル視聴)
TVer  〇(最新話のみ)
U-NEXT  ✖
Paravi  ✖
Hulu  ✖
auビデオパス  ✖

▼5話のあらすじはこちら▼

【第5話】アライブネタバレあらすじと感想!アライブの見逃し動画はあるの?

アライブ6話あらすじネタバレ内容!

恩田心(松下奈緒)は、高坂民代さん(高畑淳子)の診察をしていて、手術は梶山薫(木村佳乃)を選んでいました。

往診に向かった梶山薫(木村佳乃)は、手術は自分でいいのか高坂民代さん(高畑淳子)に確認し、
高坂民代さん(高畑淳子)からあなたが良いという言葉をもらい、涙していました。

恩田心は胃がんステージ3の患者さんとそのご両親と結果を伝え、抗がん剤治療を進めようという提案をしていました。
患者さんの父親は、抗がん剤治療に良いイメージを持っておらず、消極的な意見を発し、その場を離れました。

その後、副作用がないフィルピースクリニックの受診を受けると言い、抗がん剤治療を断りに来ました。

梶山薫は、緊急ミーティングにより高坂民代の手術には腹膜藩種の懸念があると指摘し、
腹膜藩種であれば手術は中断するという結果になりました。

結果は、腹膜藩種の為、手術は中断、閉腹するという結果になりました。
梶山薫は他の医師が閉腹するという言葉もご自身にですると言いました。
手術後、梶山薫は恩田心のところへ行き、結果を報告し、謝罪しました。
選んだのは高坂民代であるので、手術後の説明を丁寧にしてくださいと言い、恩田心はその場を後にしました。

高坂民代のところへ恩田心が往診へ行く、抗がん剤治療で継続していこうと伝えました。
テレビを見ると、フィルピースクリニックが摘発されているニュースが流れていました。
そこで、高坂民代は「なんでこんなのに騙されるかわかる?」と恩田心に問いかけました。
「どうしても治りたいから」とポツリポツリと言葉を漏らしました。
その後、場面が変わり、抗がん剤治療室へ恩田心が足を運んだところ、
患者のご両親から話があると看護師が伝えてきました。

患者の父親より既にフィルピースクリニックを受診してしまったと、娘を守りたかっただけだと言われ、
土下座をして恩田心に治療をお願いしました。
恩田心はご両親に戻ってくる選択を選んでくださってありがとうございますと感謝を伝えました。

場面は変わり、恩田心は喫茶店で関河隆一(三浦翔平)からPCの中身を見せられました。
その中身は夫恩田匠(中村俊介)についての内容のようでした。

病院内で恩田心、梶山薫が会う場面では、薫先生は何もできなかったと話しました。
オペの約束はできない、病院にはいられないと謝罪し、立ち去ろうとしたときに、
恩田心からパソコンの中身を見てほしいと引き止めました。
夫恩田匠(中村俊介)の下大静脈が狭窄しているCTを見せました。
事故当時の検査結果ではなかったものが、第2助手の先生(安田先生)が撮影していたことを告げました。

梶山薫がこのCTを見ていなかった言いました。
梶山薫の部位からでは、縫合部位は見えなかったからパッキング、この縫合をしたため、狭窄したと言いました。
狭窄させたのは、須藤先生であったということがわかりました。

須藤先生と恩田心が梶山薫が最後に対面したところで話は終わり、さらに別室では、恩田心が梶山薫に、
須藤先生を調査委員会に報告しようと言おうとしたところ梶山薫が「だめ!」と言い、第7話へ続きます。

アライブドラマ6話の感想

第6話では、須藤先生が真の黒幕であることが分かった注目の話でした。
ずっと恩田心が梶山薫を一方的に追い詰めている感じがしていたのですが、
まさかの須藤先生で驚きました。
今回、抗がん剤治療についての題材で、副作用があるという話を聞いていて、
やはり不安という患者さんは本当ネガティブな意見を持つ視聴者の人が多いという中で、
やっぱりうまい話には裏があるじゃないですけど、
副作用がないとか医療的根拠がないのに人を騙そうとする企業がいるのを知って、社会的な問題だなと感じました。
私自身、もしガンになってしまった時のことを考えて、ドラマに出てくる色々な患者さんや問題をしっかりと見つめて、
いざというときに備えないといけないと感じました。

▼7話のあらすじはこちら▼

アライブ挿入歌の英語の歌が好評!?アラブ7話のあらすじネタバレと感想!

アライブ第6話の評判 梶山薫(木村佳乃)がすごい!

やっぱり木村佳乃さんの演技力がものすごいと感じました。
病室内のシーンでは、うれしいときに泣く演技は、私自身少しうるっと涙ぐんでしまいましたし、
恩田心(松下奈緒)と対峙している時も、責任を感じていて、切迫した雰囲気であったり、表情がとても印象的でした。
罪を犯してしまったという一医師という役柄を上手に表現していたと思います。
また、今回のストーリーでは、黒幕が須藤先生というところでは、今後どのような表現をするのか見ものと感じました。

アライブの展開予想第7話

第7話の予告

展開予想では、調査委員会に報告しようと言おうとしたところ梶山薫が止めたところから始まり、
その後、梶山薫からと関河隆一からの両方から言及があると思います。
その際、梶山薫を表現する木村さんが見どころと感じます。
ヒステリックに表現するのか落ち着いた感じで減給するのかとても楽しみです。
また、予告動画では新たなガン患者がいろいろと問題を持ってきてくれるようです。
恩田心が謝罪したことで梶山薫がタッグを組んで、黒幕を倒す展開になっていくかと思います。

 

▼「アライブ」もっと詳しく知りたい方はこちら▼

ドラマ「アライブ」の動画を無料視聴する方法~再放送・見逃し配信動画~がん専門医のカルテ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です