渕正信の幸せ昭和食堂の動画を無料視聴【Paravi独占】1話浅草水口食堂ネタバレあらすじ

渕正信の幸せ昭和食堂の動画を無料視聴する

以下はネタバレが含まれます。
本編を見る前にネ
タバレを見たくない方は、Praviで見れます。

現在、Paraviは2週間の無料体験中です。
この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

▼今すぐ視聴したい方はこちら▼

 

Paraviは、2週間以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

Paraviのおすすめ
月額1,017円(税込み)でとってもお財布に優しい!
TBS+テレビ東京+WOWOWの作品が視聴可能!
・動画数8000本!
・ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず楽しめる!
・大人気ドラマのオリジナル版や特典映像などParavi限定作品が続々!
・500円チケットを毎月進呈!(無料体験中は付与されません。一部使用できない作品があります)
※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です。
※本ページの情報は2020年3月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paraviのラインナップ<おすすめ番組一覧はこちら>

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
Paravi  〇
TVer  ✖
U-NEXT  ✖
Hulu  ✖
FOD  ✖
auビデオパス  ✖

渕正信とは?

日本のプロレスラーで、全日本プロレス所属。
「フッチー」という愛称で呼ばれています。

水口食堂・いり豚とぬか漬けの盛り合わせ

「浅草は久しぶりなんですよね。ここです。行きましょう」
『食事処・酒肴 水口』の青い看板を見上げた淵正信は口元に笑みを浮かべました。
水口食堂は、昭和25年創業です。3代目の主人は、水口淳(45歳)でした。厨房には、2代目の水口正(81歳)も立っています。
淵は、自身の肩幅しかない階段を上ります。
4人がけのテーブルが、中央で2つ連なっていました。2階に客は、いません。
渕が「あ、これはお相撲さんの・・・」と足を止めました
厨房の入り口の上部に、横長の額縁が飾られています。4つの赤い手形が収められていました。
「輪島さんだ!」渕は驚きの声を上げます。
額縁の横に、『輪島、北の海、若の花、三重海』と書かれたメモが確認できました。渕は、輪島に3年ほどプロレスの指導を受けたことがあると言います。
テーブルに腰掛けた渕は、メニューの多さに目をむきました。
「おかみさん、瓶ビール1本だけ」
渕の言葉に、3代目女将の水口裕子(43歳)が、顔を綻ばせます。彼は、瓶ビールが運ばれると、すぐさま口につけました。
「ああ。日が高いうちに飲むビールはおいしいですねえ」そう言うと、渕はビールに合うつまみを尋ねます。
3代目女将は、『水口オリジナル・いり豚』(580円)を勧めました。
『水口オリジナル・いり豚』は、玉ねぎと豚肉をソースで炒めたもので、初代から代々受け継がれてきた歴史のあるメニューです。
渕は、いり豚とぬか漬け(500円)の盛り合わせを注文しました。
「うんうん。濃い味かと思ったら、あっさりして食べやすいですねえ」
入り豚を食した渕は、次々に、生姜は入ってます? はちみつは? と疑問を投げかけます。
3代目女将は「そうですねえ・・・」と首を傾げてしまいました。なぜなら、『水口オリジナル・いり豚』のレシピは、店主にしか伝えられていないからです。
渕は、ぬか漬けを口に入れると「ぬか漬けというのはねえ。結構、栄養あるんだよねえ。ミネラルとかね」と呟きました。
そこへ「いらっしゃいませ」と声がかかります。2代目女将の水口初音(77歳)が手を前で重ねてお辞儀をしました。

水口食堂・コロッケ定食

「どうぞ、こちらへ。お話をちょっと伺いたいんですけど」渕が隣の椅子を勧めます。
彼は「創業してから長いですねえ」と感心しました。
2代目女将は「昭和55年くらいまでは、良い時代でした。映画館がいっぱいあって」と眉をひそめます。そして「それから15年くらいは大変だったかしら」と溜息交じりに言いました。
渕が「3代目女将から聞いたんですけど、タレが秘伝のもので・・・」と口を開きます。
2代目女将は「企業秘密ということで。フハハハ」と満面に笑みを浮かべました。そして「生姜は入ってません。それだけは言えます」といたずらっぽく微笑みます。
渕がメニューを手に取り「手作りコロッケを締めにお願いしたいのですが」と言いました。
コロッケ定食が運ばれてきます。
「うーん、ホクホクサクサク。懐かしい味です。幸せ食堂って良い番組タイトルだなあ」
渕が、満足げな表情を浮かべました。そして、これって自画自賛ですかねえ?と肩をゆすって笑います。
2代目女将が柔和な表情を浮かべて、渕を眺めていました。
渕は店先で『昭和食堂 認定トロフィー』を手にしています。彼は「ごちそうさまでした」と頭を下げて、2代目主人と女将にトロフィーを差し出しました。

渕正信の幸せ昭和食堂 1話浅草水口食堂の感想

2代目女将の「昭和55年までは良い時代だった」という言葉が印象的でした。
浅草の映画館でぐぐってみると、昭和40年代までは『浅草6区映画街』が興隆を極めていたようです。
30あった映画館は軒並み撤退して、浅草に映画館がひとつもないというのが衝撃的でした。
『水口食堂』も浅草6区で店を構えていますから、昭和55年までは良い時代だったという言葉が、附に落ちます。
そして、私は『Hulu』『Paravi』などのVODサービスに満足して映画館に行っていないなあと思いあたりました。テレビが登場して映画が衰退したと言われていますが、VODサービスもテレビの視聴率に関係しているのは間違いないでしょう。
2代目女将の「昭和55年までは良い時代だった」という言葉で、昭和の『浅草6区映画街』に思いを馳せたり、テレビとVODサービスの関係について考えさせられました。
そして、時代の荒波を乗り越えてきた『水口食堂』のいり豚やコロッケ定食を食べたくなりました。

 

▼今すぐ視聴したい方はこちら▼

 

Paraviは、2週間以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です