グランメゾン最終回三ツ星なるか!?結末は?あらすじネタバレ!続編はあるの?

ついに最終回!!11話のあらすじをご紹介します!

その前に10話を見逃してしまった方はこちらへ▼
グランメゾン東京10話のあらすじはこちらへ

グランメゾン東京最終回のあらすじ内容

ミシュランの審査で勝負する魚料理でマグロ料理を出すと決心した尾花夏樹はマグロ料理の研究を重ねる。
マグロ料理を研究することに不安を覚えた早見倫子は自分も別で魚料理を作ることになる。
お互いに何日も決まらないまま研究を重ねていく。
また松井萌絵が平古祥平と彼女の蛯名美優に対しての嫉妬がまだあり、せっかく良いデザートを作っているのにその気持ちのせいで料理が完璧ではないと感じた尾花夏樹は、松井萌絵を連れて蛯名美優のもとにデザートを持って会いに行く。
そこで互いに初めて気持ちを松井も蛯名もぶつけることができ、松井はより良いデザートを作るようになる。
そんな中、早見倫子が魚料理を完成させ、最高の一皿が出来上がる。
しかし尾花はこれでは三ツ星は取れないと言い、自分はマグロを引き続き作るとつげる。
間も無くミシュランの審査が始まるというのに新規の客の予約がグランメゾン東京に入らないことを不審に思った尾花はリンダに会いに行く。
リンダは自分のオーナーがかつてのナッツ混入事件について大変怒っておりそのため平古祥平を潰すことに必死だったのだ。
そんなリンダに尾花はもう一度グランメゾン東京にフレンチを食べにくるよう言う。
そしてグランメゾン東京にやってきたリンダに一同は最高のフレンチでもてなす。
一皿ずつ全てに大満足の様子のリンダに尾花がグランメゾン東京が星を取れる料理か尋ねるとリンダは取れると言った。
そしてリンダはミシュランの審査が入るようにしてくれた。
リンダは自分の舌を信じ、キャリアを失うことになっても自分の舌の確かさをグランメゾン東京が証明してくれると信じて去る。
一ツ星と二ツ星の審査を無事通過しいよいよ三ツ星の審査を迎えるタイミングで尾花のマグロ料理が完成する。
尾花の料理で行くことになるがミシュランの審査員らしき二人組が来た際に早見は自分の料理でいくと伝える。
尾花は店を出て行ってしまうが、全ては料理人早見倫子のためだった。
ミシュランの結果発表の日がやってきてついにグランメゾン東京は三ツ星を獲得する。
尾花は早見の魚料理を絶賛しその場を去る。
しばらく経って早見が尾花のもとを訪ねると尾花はグランメゾン東京を世界一にしようと言い、二人の料理への挑戦は続いていく。

グランメゾン東京最終回の感想 三ツ星をゲット

女性

尾花夏樹のマグロ料理への執着から早見倫子と決裂してしまうのかと思ったが、二人ともしっかり自分の料理と向き合っていて素晴らしかった。
平古祥平をめぐる松井萌絵と蛯名美優の関係はずっと改善されたら良いのにと思いながらもていたので喧嘩しているわけではなかったが二人が気持ちを正直に伝え合って松井萌絵がすっきりしている姿が印象的だったし良かったと思った。
そして早見倫子が渾身の魚料理を完成させてみんなで試食している時、尾花が感動したようなびっくりしたような顔をしていたので早見倫子が自分の想像を超える料理を作ったことが自分の期待以上に答えてくれたことが嬉しかったのだろうと思った。
二人が三ツ星を取ったときに抱き合っている姿が素敵だと思ったし感動した。

グランメゾン東京最終回 リンダが気になる!

男性

リンダ・真知子・リシャールが気になった。
今までのリンダはもちろんグランメゾン東京が美味しいけれどリンダが納得するような料理を振る舞えていなかったこともあるが、尾花夏樹を、そして尾花夏樹を潰すきっかけになった平古祥平を恨んでいる節があった。
しかし尾花からの頼みもあり、またグランメゾン東京の料理が本当に美味しく感動的なものだったのだろうが急にグランメゾン東京を潰そうとするのをやめ、自分のキャリアを捨ててまでグランメゾン東京を救ったのにとても驚いたし別人のようで印象的だった。

グランメゾン最終回 尾花夏樹と仲間たちが・・・

男性

尾花夏樹とそれに負けず劣らず個性あふれる従業員たちの掛け合い、関わり合いが楽しかった。
尾花夏樹に振り回されながらも尾花の凄さを認めていて尾花に必死についていこうとする姿はとても楽しそうでグランメゾン東京は良いメンバーに恵まれていて見ていて楽しそうで行ってみたいレストランだった。
またライバル楽gakuもオーナーが少々意地悪で悪い奴だったけど料理人同士は良い気ライバルとして競っていて、最終回ではお互いに助け合っているのが良かった。

グランメゾン最終回 結末がハッピーエンドでよかった

女性

尾花は、初めから店を去るつもりだったのかなぁ。
倫子が自分より美味しいものを作ったから嫌になったわけじゃなくて、倫子に自分の料理に自信をもってほしくて試したとは…。
尾花さんの愛は、いつもわかりにくいですね。
けど、ちゃんとそれをわかってくれるひとがいて。
初めはひとりぼっちでやさぐれてたけど、最高の仲間と最高の料理、最高のおもてなしで三つ星が取れてよかったです。
萌絵ちゃんが翔平の想いを知って、美優ちゃんに「応援して」って頼むところが切なかったです。
「ほら、あんたも葉っぱばっか食ってないでなんとか言って」って、尾花をあんた呼ばわりするところは、笑ってしまいました。
気持ちで文章や歌や踊りが変わるように、料理にも心が現れるんだ。
やっぱり大事なのは、気持ちなんだって。
なんだかここが一番感動しました。
その後の、美優ちゃんが大きな声で、ロッカーに画鋲仕込んだことを謝るシーンが可笑しかったです。
江藤さんも、丹後さんが戻ってきてからは心を入れ替えてチームになっててよかったです。
でも、和ぜりが間に合わないとなったとき、グランメゾンの方が心配ですと言いながら、にやりと笑う江藤さんが、やっぱり江藤さんで最高でした。
黒猫のタンゴちゃんや、芹ちゃんせりオッケーなど、小ネタも満載で面白かったです。
最終回、各回に比べ、少し物足りなさもありましたが、ハッピーエンドでよかったです。

グランメゾン最終回 美優ちゃんが気になる!

女性

最終回で一番気になったのは、美優ちゃんでした。
最初はTHE・彼女って感じの嫉妬の塊の嫌な子でしたが、最終的には翔平のために身をひくいい子になっていて、笑顔も素直で「あ、こんなに可愛い子だったんだなぁ」と思いました。
大きい声で、と台本に書いてあっても、なかなか落差のない役者さんが多い中、気持ちいいくらい透き通った声で叫んで謝っていて、謝ってる内容も内容だし、なんだかとても可愛くてすっきりするシーンでした。
そのおかげで、萌絵が気持ちを整理してデザートを作れたのが、自然でとてもよかったです。

グランメゾン最終回 倫子さん家のキッチンが・・・

男性

そこでは小洒落たお料理じゃなくて、リアルに美味しそうなものがたくさん作られていて、ワイワイみんなで美味しそうに食べてる姿が羨ましかったです。
倫子さんと尾花が向かい合って食べるんじゃなくて、こじんまりとした食卓に横に並んで食べてる姿が、ちんまりしてて可愛かったです。
倫子さんの家は、ガレージとキッチンしか出てこなかったけど、他の部屋も見たかったです。

グランメゾン東京の続編はあるの?映画化は?

グランドメゾン東京の続編について調べてみました。
残念ながら、今のところ続編についての情報はないようですね。
残念です。

グランメゾン東京の日曜劇場の次回作はどんな作品でしょうか?

テセウスの船ってどんなお話?

日曜劇場の次回作は「テセウスの船」です。

主演は竹内涼真。
原作は、モーニングで連載され大人気だった漫画「テセウスの船」です。

父親が殺人事件をおこした過去31年前へタイムスリップしてしまい、父親の事件と対峙する内容のようです。

楽しみですね(^^)/

グランメゾン東京の見逃し動画を無料視聴する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です