密着!香取慎吾2年間の軌跡の動画を無料視聴【Paravi独占】密着!4000時間アーティスト香取慎吾2年間の軌跡

密着!4000時間アーティスト香取慎吾2年間の軌跡動画を無料視聴する方法

以下はネタバレが含まれます。
本編を見る前にネ
タバレを見たくない方は、Praviで見れます。

現在、Paraviは2週間の無料体験中です。
この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

▼今すぐ視聴したい方はこちら▼

 

Paraviは、2週間以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

Paraviのおすすめ
月額1,017円(税込み)でとってもお財布に優しい!
TBS+テレビ東京+WOWOWの作品が視聴可能!
・動画数8000本!
・ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず楽しめる!
・大人気ドラマのオリジナル版や特典映像などParavi限定作品が続々!
・500円チケットを毎月進呈!(無料体験中は付与されません。一部使用できない作品があります)
※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です。
※本ページの情報は2020年3月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paraviのラインナップ<おすすめ番組一覧はこちら>

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
Paravi  〇
TVer  ✖
U-NEXT  ✖
Hulu  ✖
FOD  ✖
auビデオパス  ✖

アーティスト香取慎吾の新しい挑戦

ーIHIステージアラウンド東京ー
『BOUM!BOUM!BOUM!香取慎吾NIPPON初個展』の会場・IHIステージアラウンド東京は、豊洲市場の隣にあります。
かつて、劇団☆新感線『髑髏城の七人』シリーズ(花・鳥・風・修羅天魔)の公演が行われた場所でした。客席が360度回転することで注目を浴びています。
香取慎吾の120点以上の作品は、客席(350席)を囲むように展示される予定でした。
「うーわ、広い! この舞台にね、僕の作品が・・・僕の遺伝子たちが」
大きなスクリーンが、香取の眼前に広がっています。縦8m、横26mの、スクリーンが2枚、並べられていました。
ピンク、赤、青、黄色と鮮やかなトレーナーを着た15人の香取が、右端から左端へ歩いていくスペシャルムービーが流されます。
担当したのは、映像クリエイター・児玉裕一さんでした。
「じゃあ、開いてみましょうか。BOUM!BOUM!BOUM!」
香取がかけ声をかけて、2枚のスクリーンが真ん中から左右に開いていきます。中央に、舞台がちらりと覗きました。
彼は「生まれてから2019年までの僕が全てあります。ドキドキすんね!」と感慨を込めて言います。

アーティスト香取慎吾の素顔

ー2017年10月ー
世界的な宝飾ブランドのカルティエが、香取慎吾に画を描いて欲しいと依頼をしました。
『TANK』100周年を記念したイベントが、六本木で開催されるというのです。香取は、『時間が足りない』と題した画の作製に取りかかりました。
画の中央に、タンク ソロウオッチを思わせる時計が2つ配置されていました。その上に、宝飾が煌めく帽子が描かれています。
3つの点が寄る図形が顔に見えるというシミュラクラ現象を意識していることが理解できました。置き時計が舞っていることから、遅刻しそうで焦っているような雰囲気が感じられます。
『時間が足りない』は、カルティエ ブティック六本木店のショーウィンドウに、飾られました。
香取は、路上で、自分が描いた画を指さします。
「信じられないね!カルティエだよ? 僕の絵だよ?」彼は、スタッフの顔を覗き込んで言いました。

ー2018年3月ー香港
香取は、香港政府観光局から、ストリートアートを描いて欲しいという依頼を受けました。香港で、アジア最大と謳われる『アート・バーゼル香港』が開催されるというのです。
香取は「人通りのすごく激しい街の結構、ど真ん中。夜12から朝6まで作業をしている。毎日が楽しくてしょうがない」と笑います。
17時間で描き上げられたストリートアートは『大きなお口の龍の子』というタイトルでした。
運気上昇の効果が高いと言われる龍が、モチーフとなっています。そのレプリカが、個展で展示されました。

ー2018年9月ーパリ、ルーヴル
スタッフが香取に「ルーヴル、来ましたね」と声をかけました。香取は「ねえ。ルーヴルに来たよ・・・」とにこやかに応えます。
フランスでは、『日仏友好160周年』を記念した『日本の文化と芸術の祭典・ジャポニスム2018』が催されていました。
香取の100点にものぼる作品が披露される場所は、ルーヴル美術館に隣接する『カルーゼル デュ ルーヴル シャルル5世ホール』です。
開催の1ヶ月前に、草彅剛が香取の元を訪れていました。彼らは、床に広がる縦1m、横3mほどの布地キャンバスに視線を落としています。
「すごいね! ルーヴルに持って行くやつ? タイトルはあるの?」草彅が尋ねました。
香取は「タイトルは、Lie.ARIGATO。嘘をありがとう」と応えます。
布地キャンバスの中央には、白いコートが描かれていました。香取が画を描くときに着用している服です。
草彅が「この白いやつが嘘? あー自分自身なの!」と驚きました。
パリ・ルーヴルの『ジャポニスム2018』は、盛況のうちに幕を閉じます。
香取がルーヴル美術館の前で、インタビューを受けました。
彼は「2017年から、さあ、もう1回新しい道を歩き始めてみようかなって」と口を開きます。
そして「アートは、僕のことを想ってくれてる人の繋がり、来てくれる人がいないとできないこと。全てが繋がり、感謝ですね、幸せ者です」と喜びを噛みしめるように言いました。
後日、香取は完成したばかりの個展を視察するために『IHIステージアラウンド東京』を訪れます。
彼は、『心臓のオブジェ』を紹介しました。183㎝の香取が見上げるほどの巨大な作品です。
「心音を記録できるブレスをつけまして」と香取が言いました。
巨大な『心臓のオブジェ』の原型は、彼が紙粘土で作製しています。香取が手首に付けたブレスには、オブジェの原型を作製した時の心音が記録されているのでした。
香取は「僕の心臓を感じて欲しいですね」と巨大な『心臓のオブジェ』を愛しげに撫でます。
「慎吾くんそのものを感じられる気がした」「新しい形のアートが見られてよかった」
個展を鑑賞したファンからの評判は上々でした。

密着!4000時間アーティスト香取慎吾2年間の軌跡の感想

香取さんが、草彅さんに見せた布地キャンバス『Lie.ARIGATO』のエピソードが印象深いです。画を描くさいに来ている白いコートが、布地キャンバスに描かれていました。
香取さんは白いコートを「嘘で、自分自身のこと」と言っています。その真意について考えてしまいました。
画を描いている自分は嘘、ということでしょうか。
それだけですと、意味が分からなくなります。ただ、タイトルが『Lie.ARIGATO』ですから、感謝していることが分かりました。
香取さんは、虚構の世界観を表現させて貰っていることに感謝を表しているのではないでしょうか。
ルーヴル美術館の前でも、感謝を口にしています。そんな香取さんが素敵でした。

 

▼今すぐ視聴したい方はこちら▼

 

Paraviは、2週間以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です