マツコの知らない世界「サボテンの世界」ネタバレあらすじと感想!2020年3月17日放送

マツコの知らない世界の動画を無料で見るには?再放送・見逃し配信情報

※以下はネタバレが含まれます。
本編を見る前にネタバレを見たくない方は、Praviで見れます。

しかも、なんとParaviは2週間の無料体験中です。
この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

▼今すぐ「マツコの知らない世界」を視聴したい方はこちら▼

 

Paraviは、2週間以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

Paraviのおすすめ
月額1,017円(税込み)でとってもお財布に優しい!
TBS+テレビ東京+WOWOWの作品が視聴可能!
・動画数8000本!
・ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず楽しめる!
・大人気ドラマのオリジナル版や特典映像などParavi限定作品が続々!
・500円チケットを毎月進呈!(無料体験中は付与されません。一部使用できない作品があります)
※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です。
※本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paraviのラインナップ<おすすめ番組一覧はこちら>

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
Paravi  〇(フル視聴)
TVer  〇(最新のみ)
U-NEXT
Hulu
FOD
auビデオパス

マツコ さぼてんの世界ネタバレあらすじ

サボテン、すごい嫌いなんです。小学校の時に親戚の家のサボテンにお尻からのっかてしまって、高熱が出てサボテンを絶対家に置くことはない!というマツコさん。
100種類以上のサボテンに囲まれて暮らす金子さん。
最近は、多肉植物ブームです。東急ハンズでも専用コーナーがある。多肉植物全般が好きなのでもし失礼があったらごめんなさいと言う金子さんの不思議な雰囲気に、「新キャラ」とマツコさん笑いをこらえきれない様子です。何種類あるか?1万5000種あります。マツコさんにおすすめしたい植物をもってきました。
「うわっ」と言葉がもれるマツコさん。「とげもないものも用意させてもらっています」サボテンを見ながら「もしかしたらあの古めかしいものは流行ってないかも。もっとシンプルだった。こんな感じの針」とマツコさん。金子さん「想像通りでした」マツコさん(笑)「今日は丸いものもあります…」おどおどしながらのコメントにマツコさん苦笑い。
サボテンにハマった理由について、家族として迎え入れたいと思ったのは、藤沢に紅波園というお店で、サボテンにまつわる話をしてくれたそう。「小学生が東京から交通費を節約するために、サボテンにお金を回したいと自転車で藤沢まで来た子がいた。サボテンの数だけドラマがあるのよ」という話を聞いた金子さんは、小学生に嫉妬に近い気持ちを持ったそう。
最近のサボテンの状況です。日本のサボテンが世界中で人気。日本は多肉植物を育てる環境ではない場所ですが、「日本人のきめこまやか…きめこまかやさ…きっ 日本人だからこそできる」「言い方変えましたね」とすかさず突っ込むマツコさん。
日本で親しまれるようになったのは、今から70年前。園芸技術によって今では日本産のサボテンは人気に。世界から称賛される人気の国産サボテンをご紹介。「緋牡丹錦」緋牡丹だけだと葉緑素がないので、別のサボテンをくっつけて、光合成ができるようになりました。
「スーパーバラ丸」間隔があいている。開いたお花がきれいです。日本のサボテン会でお二方ほど紹介します。「花籠」小林浩さんです。40万円です。「うわぁ」と言葉がもれるマツコさん。成長がとても遅いサボテン。40年もかかっています。もう一方、小林さんです。珍品のような人です。そのような方が作った花籠になります。「盆栽に近いね。すごいです。こういう愛され方をしているの知らんかった」と感心した様子のマツコさん。そして金子さんの気難しい師匠が作った「花牡丹」です。裏の作り手なので名前を出さないでほしいそう。名匠の作る多肉植物を紹介。「ハオルチャ」透明度の高いものを選抜して掛け合わせ何世代もかけ生み出したそう。何と小学校の時に師匠も紅波園に行ったそうで、「サボテンの数だけドラマがあるんだな」と金子さんは感じたそう。
サボテンの最大の魅力を語る金子さん。生きるためのエールを与える!こと。「様々だからね。私は一切感じないけど」と冷めた口調のマツコさん。
エールを込めて人に贈りたくなるサボテンは、学生に贈りたい「アリオカルプススカファロストラス」です。身を隠すために石に擬態している葉っぱです。人生では目立つことだけが重要ではないということを教えているサボテンです。もう一つは職場の先輩に贈りたい「オトンナ・レトロルサ」古い葉っぱを残しながら新たな葉っぱが出てくる多肉植物です。職場の先輩に重ねれば重ねるほど美しさが出る植物もあるよ!というエールを送りたい。
最後に「こんなに緊張するとは正直思わなかった」という金子さんに「緊張ランキング暫定1位じゃないですか。わたしも悪かったのかな…無駄なプレッシャーをかけてしまったんじゃないかしら。反省している。これも何かのご縁ですしサボテン一個飾らせてもらいます」マツコさんの優しい言葉で締めくくられた。

サボテンの世界の感想 マツコの知らない世界

最近では、部屋の中でもインテリアの一部としてサボテンを楽しむ女性が増えていると思います。でもこんなにも奥深い植物だとは思いませんでした。15000種類もあることや40万円もする高価なサボテンがあることなど驚くことばかりでした。サボテンをプレゼントするという感覚もなかったですが、金子さんのお話を聞いて何かの機会に贈り物の案に入れてみようと思いました。

 

 

▼マツコの知らない世界をもっと詳しく▼

マツコの知らない世界の動画を無料で見逃し・再放送視聴する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です