ガイアの夜明け服の行方「ショーイチ」「ワールド」ネタバレあらすじと感想も!2020年1月27日放送

ガイアの夜明け再放送

BSテレ東

月曜20時~

ガイアの夜明けの動画を無料視聴する方法/見逃し配信

※以下はネタバレが含まれます。
本編を見る前にネタバレを見たくない方は、Praviで見れます。

しかも、なんとParaviは今30日間の無料体験中です。
この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

▼今すぐ「ガイアの夜明け」を視聴したい方はこちら▼

 

Paraviは、30日以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

Paraviのおすすめ
月額925円(税抜き)でとってもお財布に優しい!
TBS+テレビ東京+WOWOWの作品が視聴可能!
・動画数8000本!
・ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず楽しめる!
・大人気ドラマのオリジナル版や特典映像などParavi限定作品が続々!
・500円チケットを毎月進呈!(無料体験中は付与されません。一部使用できない作品があります)
※本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
Paravi  〇(フル視聴)
TVer  〇(最新のみ)
U-NEXT  ✖
Hulu  ✖
FOD  ✖
auビデオパス  ✖

TVer

最新話のみ無料で見られる。

テレビ東京ビジネスオンデマンド

月額500円でテレビ東京のビジネス系番組が見られる。

ガイアの夜明け「追跡!余った服の行方」ネタバレあらすじ内容

取材スタッフは、服の焼却廃棄の現場に立ち会います。
依頼したのは、服の製造会社です。
得意先から在庫販売を禁じられているため廃棄するしかないと製造会社社員は話します。
製造会社社員は、苦労して製造した商品が燃やされる現場を見るのはつらいと語ります。
現在、多くの売れ残りの服は廃棄処分となっています。

ガイアの夜明け「ショーイチ」大阪のベンチャー企業山本社長とは?

松下奈緒さんはある都内の店舗を尋ねます。
お店には100円~1000円の服が並んでおり、松下さんは安さに驚きます。
松下さんは、店舗を運営する会社の社長山本さんに安価の理由を聞きます。
山本社長は、未使用の余剰在庫を買い付けていると説明します。
取材スタッフが山本社長の買い取り現場に密着します。
山本社長の会社の倉庫には、安価で買付けた余剰在庫が置かれています。
メーカーの希望でタグを切ってブランド名が分からないようにする事もあります。
山本社長の会社では、ネットと店舗で販売をしています。
販売するときは、商品の安さの理由を提示しています。
山本社長は需要が見込めるビジネスと語ります。
ある製造業者は、百貨店に卸す予定だった商品を買い取ってもらいます。
別の製造業者は、暖冬で売れ残ったコートを買い取ってもらいます。
2業者とも予想を下回る価格で了承しますが、少しでもお金にしたいと製造業者は話します。
山本社長は世界2位のアパレル生産国バングラディッシュへ乗り込みます。
山本社長は、工場と余剰在庫の買い取り交渉をします。
しかし、どこも依頼先から在庫販売はNGが出ていると言い交渉出来ません。
交渉が出来ても輸送費などで価格が合わず、山本社長は苦戦を強いられます。
山本社長に交渉したいという業者が現れます。
業者の希望価格よりはるかに安い価格で山本社長は交渉を成立させます。
一か月後、山本社長の会社にバングラディッシュから商品が届きます。
モデルに着てもらい写真を撮り、その日にネットに掲載します。
山本社長は今後もバングラディッシュとの在庫取引を展開すると話します。

ガイアの夜明け「ワールド」松下社長の取り組みとは?

メーカーも在庫対策を始めています。
あるメーカーはオーダーメイドスーツのブランドを立ち上げます。
裏生地やポケットの形など全て自分で選び、オーダーを受けてから制作をします。
在庫を持たないビジネスモデルとして展開しています。
それでも、余剰在庫はなくなりません。
メーカーは、半年以上前に服の生産数を決めないと季節に間に合いません。
メーカーは、在庫不足で販売チャンスを逃したくありません。
その為、多めに生産するのが慣例になっています。
これが余剰在庫を生む原因と番組は説明します。
松下奈緒さんは、メーカーが直運営する在庫販売店を見学します。
松下さんは、アウトレットと在庫販売店の違いを尋ねます。
メーカー直営在庫販売店の松下社長は、アウトレット用の商品が在庫になっている現状を話します。
このメーカー直営在庫販売店は、新規商品はなく在庫だけを販売する店であると松下社長は答えます。
在庫引き取り会社の山本社長は、再びバングラディッシュへ行きます。
山本社長は、自社商品製造の交渉をします。
工場側に余った布の利用と閑散期に仕事を渡す事を山本社長は説明します。
作ってもらったサンプルを見て山本社長は、手ごたえを感じます。

ガイアの夜明けバングラディッシュでの交渉がすごい

目新しいビジネスモデルではないと感じました。
在庫販売は、消費者側が安価に慣れてしまうビジネスと感じました。
先に発注数の慣例や生産方法を見直す時期と感じました。
製造会社社員が自社製品の焼却処分を見ているシーンは印象的でした。
買いたたいている印象はありますが、山本社長の強気な姿勢やバングラディッシュでの交渉は勉強になりました。
もう少し大手メーカーの取り組みを掘り下げて欲しかったです。

ガイアの夜明け服の行方の感想

女性

「追跡!余った服の行方」というテーマの放送でした。私達が普段何気なく買っているブランドものも含めた衣料品がメーカーの依頼で品物が不足しないように多めに作られていたり売れなかったりで製造業者で発生する余剰品が、ブランドの価値を損なうからとすべて燃やすなどの廃棄が毎回行われています。ものすごくもったいない話ですがその廃棄される製品に目をつけて販売した業者の話で、ブランドのイメージを損なうことなく、製造業者も全くの損失を出さずに済むそして販売業者自身も儲かる、また消費者も安く購入できるという夢のような話です。

男性

衣類のロスについての現状を伝えるのがメインです。ブランドのイメージ低下を避ける為に、売れ残りの新品の商品を大量に処分しています。安く出回るとブランドの価値が下がる事を企業側が危惧されてるみたいです。
ただ、条件付きで再販売しても良いところもあるみたいです。商品のタグをとり、どのブランドなのかを分からなくして店頭に並べ、非常に低価格で販売しておられました。買い取り業者のショーイチの社長さんと売りたい、側の企業さんとのやりとりが為になります。

女性

今回の特集は、余った服の行方というアパレルにとってタブーの問題に切り込みました。過剰在庫の行く末や、余った服をいかに売り切るかを追っていきます。最近は異常気象も多く、売れる服の予測が難しくなっており、過剰在庫も増えています。
しかし、国内や海外で在庫を買い取り販売する企業や、オーダーメイドで在庫をそもそも持たないようにするビジネスモデル、大手企業のセール品専用のショップ展開など、業界内の工夫を紹介していきます。

男性

大量の服が実は壊されたうえに焼却炉行きになっている勿体ない事実の衝撃、大阪の服を買い取りする業者さんの方が、バングラデシュでブローカーさんと接触する場面のやり取りの生々しさ、”ワールド”がアウトレットとは違う形の格安店を実験的に行おうとするのは、実はちょっと観ていて、これから”組曲”とかで服を買うのは嫌だな、と思ってしまうお客さんが出てきてしまうのではのではないかと、実は内心、ハラハラしながら見ていました。観る人によって印象や感じ方が違うと思います。この事実をいろんな人に見てほしいです。

女性

アパレル業界で今まであまり語られることのなかった衣料ロス問題。生産されたものの一度もエンドユーザーの手に渡ることなく、袖を通されることさえないまま廃棄、焼却処分される年間15億着の服。そこに目をつけた若き経営者が廃棄処分を待つだけだった在庫衣料を大量に買い取り、新品未使用品を格安で販売することでロスをなくし、利益を出すカラクリを探る。また、新たなビジネスチャンスを求めて海外へ飛び出し、現地でのストックビジネスの展開にも着目。

男性

余った服の行方を追跡、ということで最初は袋から出されてもいない売れ残りの服が焼却処分されてる映像が流れ衝撃的でした。折角作られた洋服が誰にも着られることもなく焼却されることは心痛む映像でしたがブランド価値を保つためだそうです。その後、在庫を抱えた業者が洋服ロスを減らすため在庫一括で買い取り1着100円で売る店が紹介されました。取引業者は2000社近くもあり、日本だけでなく世界の洋服ロスを救う会社になりたいと海外に進出する姿が放送されました。

ガイアの夜明けの見逃し配信動画を無料で視聴する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です