ドラマ「微笑む人」あらすじネタバレと感想~松坂桃李主演サイコパスとは!?

微笑む人の見逃し動画・再放送は?

「微笑む人」は、期間限定でTVerでご覧になれます。

微笑む人ネタバレあらすじ内容

仁藤俊美がピクニックの最中、突然妻の抄子と娘を水に沈め殺害した。
仁藤は誰もが口を揃えていい人だったという男。
しかし仁藤の殺害動機は「本の置き場所が欲しかったから」というものであった。
仁藤の娘と同じ幼稚園に娘を通わせていた記者の鴨井晶は事件前の仁藤と交流があり、仁藤が妻子を殺害したことが信じられなかった。
事件の真相を暴き記事にするため調査を開始した鴨井は、事件を担当していた刑事に会いに行く。その刑事によると、仁藤は事件当日不可解な行動を見せていた。妻子が川で溺れたと通報した仁藤は一緒に救急車には乗らず、違法駐車になってはいけないからと冷静に車に乗って病院に向かった。さらに妻子が生死をさまよい手術を受けている間彼は本を読んで待っていたのだった。
自分の知っている仁藤と話に出てくる仁藤の行動があまりに乖離していたため鴨井はさらに調査を進めていく。
仁藤が以前勤めていた会社で元同僚から話を聞いた鴨井は、元上司で調査役の梶原という男が自殺をしていたことを知る。梶原について仁藤に尋ねると「自分は彼を殺していないが、調査役の席はオフィスでも一番快適な位置にあったからそこで仕事をしたいとずっと思っていた。」と答え微笑んだ。
さらに調査を進めていくと、大学時代に仁藤の友人であった松山が亡くなっていたことがわかる。当時仁藤と付き合っていた女性の山辺抄子から話を聞くと、仁藤は松山が亡くなった直後に彼が所有していた最新のゲーム機で遊んでいたらしい。彼女がゲーム機について尋ねると、形見分けで両親からもらったと答えた。しかし松山の両親はゲーム機のことは知らないという。このことについて鴨井が仁藤に尋ねると「予約して何か月も待つより彼の物を手に入れるほうが早いから、とでも答えると思った?」と言い、自分をシリアルキラーに仕立て上げたいだけだと指摘してきた。鴨井は続けて、山辺抄子の名前が亡くなった仁藤の妻抄子と同じであることを追及するが、ただの偶然であると答えるのであった。
仁藤がシリアルキラーであるという路線で記事を書こうとしていた鴨井のところに編集長の井上から連絡が入る。
よくいくキャバクラに仁藤の小学生時代の同級生がいるというのだ。さらにその女の名前も抄子であるという。
井上と2人でキャバクラを訪れ抄子に仁藤について尋ねると、「彼は殺人を犯す度胸はない。」という。小学生のころ父親から性的暴行を受けていた抄子は父親を殺害する計画を仁藤とともに立てたが、実行しようとしたとき仁藤はできないと言ったという。そこで抄子自ら父親を殺害し、仁藤に「役立たず」と言ったのであった。
鴨井は幼少期の体験がトラウマになりシリアルキラーになったというストーリーを考え、仁藤の異常行動について記事を書いた。
しかしその記事を仁藤に見せると、そんな事実はなく記事は成立していないという。
「身近な人間を本当に理解できているのか?不安なのはあなた自身ではないか?」と仁藤に言われ、鴨井は答えられずその場を後にした。
鴨井が家に帰ると興信所の山田が家の前で待っており、夫と隣人の不倫現場の証拠写真を渡してきた。
夫を問いただすと「誤解だよ」といい、仁藤と同じ微笑みを浮かべるのであった。
そして鴨井は咄嗟に夫を刺殺し逮捕されてしまった。
人間は本当のことはわからない、わかった時にはもう事は起きている。
そう鴨井は思うのであった。

微笑む人の感想

最初は仁藤の冤罪だと思って見始めましたが、次々と明らかになっていく仁藤の過去によって何が正しいのか分からなくなっていきました。
結局仁藤が妻子を殺害した本当の理由は分かりませんが、真相が分からないというのがこの物語の結論だと思うので、よく作られていて面白く感じました。

 

▼「微笑む人」をもっと詳しく▼

微笑む人の見逃し動画を無料で視聴する方法ドラマスペシャル

▼「微笑む人」のキャスト表はこちら▼

「微笑む人」キャスト出演者情報ドラマスペシャル~松坂桃李主演

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です