教場の動画を無料視聴する方法~再放送・見逃し配信動画~

ドラマ『教場』まとめ

教場とは?

フジテレビのテレビドラマです。2020年1月に放送したスペシャルドラマ。

警察小説の新境地としてベストセラーとなりシリーズ化(累計57万部)、多くのファンの間で映像化が待ち望まれてきた作品である。その骨太でありながら人の心理を鋭くえぐる究極のミステリー作品が遂に映像化!警察学校を舞台に繰り広げられる様々な人間模様が描かれる本作。主人公の冷徹な教官・風間公親(かざま・きみちか)を演じるのは、日本が誇るトップ俳優、木村拓哉。警察学校という場所がクローズアップされることも新鮮な上、その実態がリアルに描かれ過ぎているとも言える今作。何より厳しすぎる規律、守れなかった際の厳罰制度、絶対服従の上下関係など、そのリアルな描写は一見、前時代的とも言えるほど壮絶なため、ハラスメント、働き方改革といった世論が高まる昨今の社会に一石を投じ、論争を巻き起こし得る内容とも言える。人権意識、民主主義的感覚を奪い、上下関係に忠実な人間に調教する場と捉えられても過言ではない厳しさを持つ警察学校だが、それは何より現実の社会で市民と向き合い“法の番人”となる警察官だからこそ、自らを律する必要があるためだ。(公式HPより)

教場 主演・出演者・キャスト

風間公親役 主演 木村拓哉

警察学校の教官。

宮坂定役 工藤阿須加

警察学校の生徒。元教師。

菱沼羽津希役 川口春奈

警察学校の生徒。美しさに自信がある。

楠本しのぶ役 大島優子

警察学校の生徒。姉御肌。

日下部准役 三浦翔平

警察学校の生徒。元ボクサー。

平田和道役 林遣都

警察学校の生徒。警察官の息子だが落ちこぼれ。

岸川沙織役 葵わかな

警察学校の生徒。気が弱い。

南原哲久役 井之脇海

警察学校の生徒。人当たりはいい。

樫村卓実役 西畑大吾

警察学校の生徒。人たらし。

枝元祐奈役 冨田望生

警察学校の生徒。元女子レスリング選手。

都築耀太役 味方良介

警察学校の生徒。成績優秀ポーカーフェイス。

石山広平役 村井良大

警察学校の生徒。ムードメーカー。

四方田秀雄役 小日向文世

警察学校の校長。

植松貞行役 筧 利夫

警察学校の教官。

服部京子役 佐藤仁美

警察学校の副教官。

須賀太一役 和田正人

警察学校の副教官。

小野春江役 高橋ひとみ

警察学校の事務員。

尾崎賢治役 石田 明(ノンスタイル)

警官。樫村卓実の先輩。

平田国明役 光石 研

平田和道の父親で、宮坂が警察官になろうと決意した憧れの警官。

教場の原作は?

原作者:長岡弘樹

小説『教場』

脚本は?

君塚良一

教場の見逃し動画・再放送を無料視聴する方法

ドラマ「教場」は、FODプレミアムで視聴することが出来ます。
FODプレミアムは、1ヶ月無料のキャンペーン中です。

▼今すぐ「教場」をフルで視聴したい方はこちら

 

FODプレミアムは、1ヶ月以内に解約すれば、完全無料で視聴できます。
違約金もありません。

FODプレミアムおすすめ
・月額料金『888円(税抜)』!!一部(レンタル対象商品など)課金作品があり
・現在放送中のフジテレビドラマをお好きなタイミングで見れる
・最大40,000本!過去の名作ドラマ、バラエティ、アニメ、 映画など大人気タイトルがいつでも楽しめる
・継続特典で最大1300円相当のポイントが貰える
・ポイントで新作の映画や電子書籍が買える

 

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
FOD  〇(フル視聴)
TVer  〇(最新話のみ)
U-NEXT  ✖
Paravi  ✖
Hulu  ✖
auビデオパス  ✖

教場のネタバレあらすじ内容

教場前編のあらすじ

教場 前編のあらすじネタバレ内容

前編のあらすじを読む
警察学校で警察手帳の貸与式が行われていた。
翌日、朝早くからグラウンドに集合して点呼を取り行進練習や手帳の出し方などの訓練を行う。
教室では職務質問の練習をする。そこで平田が下手な実技を披露して批判される。
次に宮坂が実技をしてもっと下手な実技をする。
その後、トイレ掃除を宮坂がしているとチャイムがなり第3教場に集合させられる。
そこで風間公親という代理の教官が現れる。
翌日から当番の宮坂が風間を呼びに行く。
そこで風間から職務質問のテストを受けて完璧にこなしたので前に授業でやった時の実技がわざと下手にやっていたことがバレてしまう。
風間は教官への背信行為ということでこの学校を辞めるように宮坂に宣告する。
その後、授業では風間の冷酷な指導を受けることになる。
夜、宮坂は剣道場に行き風間に生徒たちの変化などを報告しに行くと風間は生徒たちに校庭でランニングをさせるのだった。
部屋に帰ってきた宮坂に平田は手錠の練習がしたいと言って宮坂を拘束して硫化水素で殺そうとする。
動機は宮坂に哀れみを受けたからである。
そこに風間がやってくるが助けようとしない。
風間はこの事を想定してみんながランニングしている間に手を打って硫化水素が作れないように細工をしていた。
翌日、平田は学校を辞めてしまった。
その後、今度は楠本と岸川の話に移る。
岸川に謎の脅迫文の手紙が届いていた。
その手紙は楠本が出していた手紙で自分の彼氏を岸川に殺されたと思い込んで恨んでいた。
それを見抜いた風間は楠本に問いただすがうまくかわされる。
ある日、楠本が立体駐車場のパトカーを洗おうとしているとスイッチが入り急に足場が動き出し足を挟まれてしまう。
スイッチをいれたのは岸川であることがわかる。
ケータイで風間に助けを呼ぶと風間は冷静に楠本の恋人を殺した犯人は岸川ではないことを写真で証明するのだった。
その後、楠本は学校を卒業するために病院から戻ってくるが岸川は辞めてしまっていた。
それからも生徒たちは色々な訓練を受けていき夜通しで学校の警備を受け持つ。
そこで調達屋がいることが噂なりその犯人が樫村であるとわかるが、それに気づいた日下部が学科の成績が悪いことを理由に点数を調達すると言って樫村は日下部を丸め込むのだった。
その後、授業で日下部は追試を逃れようと樫村から聞いた答えを話し教官の評価を買うが風間にテーブルの焦げ跡を見せられて動揺してしまう。
日下部は樫村に嵌められて火事の容疑者にされてしまうのだった。
その後、日下部は風間から学校を辞めるよう宣告を受ける。
しかしある日の交番勤務で風間が突然やってきて樫村の不正を暴き日下部が無実だと証明する。
だが二人には学校を辞めるように宣告する。
日下部は家族のために喰い下がり風間に学校を卒業したいと懇願するのだった。
後日、樫村は学校を辞めてしまい、宮坂が南原の手紙を届けに部屋に入ると拳銃の資料が山ほどありベットの下から拳銃を見つけると後ろから南原に殴られて宮坂は銃を突きつけられてしまうのだった。

教場前編をもっと詳しく

教場後編のあらすじ

教場 後編のあらすじネタバレ内容

後編のあらすじを読む
南原哲久に手紙を届ける為に部屋へと入った宮坂定。
本棚から裏表紙となった銃の本と製造について細かく書かれたメモを見つける。
不審に思い、机の下を探ると銃を発見する。
部屋に帰って来た南原に背後から頭を殴打され、銃を突きつけられて他言しないようにと脅される。
翌日、体調不良を訴える宮坂の変化に気づいた風間は、後日宮坂を呼び出し警察手帳の提示を求める。
宮坂は失くしたと答えたが、南原に奪われていた。
後日、宮坂と南原の2人を残した風間は、部屋に隠された南原の銃を突きつけて密造していた事を暴く。
そして宮坂の警察手帳の在り処を聞き出し、南原は教官達に連れて行かれ退校となる。
警察学校の顔とも言える存在の端正な顔立ちの菱沼羽津希。次の広報の表紙になる第一候補だった。
TV局の取材を引き受けた菱沼は、枝元が手話が出来ると知り、引き立て役で側に立たせる。
枝元の手話には菱沼の希望で、風間に対しての恋心を表現したものを含める。
後日放送を観た生徒達からは、枝元に対する評価が高く菱沼は面白くなさそうにしていた。
手話の一件が風間にバレた菱沼は退校届けを渡され、自身が抱える3つの課題を修正するようにと告げられる。
菱沼が実習で挽回しようとする中、何故か引き立て役だった枝元の方が目立つようになり、広報の表紙には枝元が選ばれる。
しかし枝元は実家の旅館を継ぐ為に退校する事となっており、再投票で菱沼が選ばれる。
菱沼のプライドは傷つけられ、退校届けを風間に提出しに行く。
菱沼が再投票で枝元の名前を書いた事で、課題の一つ仲間を尊敬する事をクリアし、退校届けは無効化される。
TV局の放送を見直した菱沼は、枝元の瞳に映る風間の姿を発見する。
好きな人を前にしていたから枝元が一際輝いていた事を知る。
枝元の分まで良い警察官になろうと菱沼は授業に真面目に取り組むようになる。
卒業間近に控えた生徒達は、最後の課題として殺人現場の模擬捜査を行う。
宮坂、日下部、都築、楠本、菱沼の5人がグループとなり、捜査の結果を風間に報告する。
しかし風間の求めていた解答とは違った為、卒業させられないと5人に退校届けを渡す。
後日呼び出された5人は、都築の父親のエピソードを通して風間の求めていた答えに気がつく。
被害者の無念な気持ちを忘れずに、苦しむ人に耳を傾ける警察官になる事を風間は伝えたかったのだ。
生徒達は無事卒業を迎え、配属先の交番でそれぞれ奮闘するのだった。
風間クラスには新たな生徒達が集まっていた。

教場後編をもっと詳しく

教場の感想

教場前編の感想

教場 前編の感想

前編の感想を読む

女性

かなり面白い内容でした。
次から次へと問題が起こりキャラクターもすごく立っていて興味を惹かれます。
最初はただの同期の仲間だと思っていたものが次第に物語が進むにつれて恨んでいたり嵌めたり嵌められたり色々とドロドロした感情が蠢いていて最高でした。
それを取り仕切っているのが風間公親という教官でこの主人公がかなりのインパクトで謎めいているのでさらに物語に入っていけます。
先が気になる物語とはこのドラマのことを言うのだと感じました。
前編が終わった途端に早く次が見たくなる衝動に駆られました。
最後のシーンで宮坂が南原に拳銃を突きつけられていましたから次に辞めるのは南原で確定のような気がします。
最後に確実に残るのは宮坂だけのような気がします。

男性

キムタク演じる風間公親という教官が一番気になりました。
警官を恨んでいると言っていましたが過去に何があったんでしょうか。
自分の予想では風間の家族が事件に巻き込まれてしまい警官が助けてくれなかったとかそういう理由のような気がします。
でも、前編を見た限りでは、実はいい人というイメージでしたが実際はどうなんでしょうか。
後編で風間教官の過去のエピソードが聞けると、とてもスッキリします。
あの右目の謎もちゃんと明かして欲しいです。
教場前編の感想

教場 後編の感想

後編の感想を読む

女性

銃の密造がきっかけで、退校に追い込まれてしまった南原哲久。
密造だけに留まらず、事実を知った宮坂の警察手帳を隠し退校に追い込もうとする意地の悪さ。
南原は己ばかりを大切にする最低な人物です。こんな人物は警察官になるべきでさないと感じました。
警察官としての素質を持ちながら実家の旅館を継ぐ為に泣く泣く退校をして行った枝元佑奈。
風間に淡い恋心を抱きながら、警察官としての自覚が無い友人菱沼羽津希を目覚めさせます。
優しい友人の言葉が何よりも一番心に響いたと思います。
優等生の都築が抱く警察に対する恨み。
父親のエピソードを聞き、警察官に対する嫌悪感を抱きました。
市民を守るはずの警察官、もっと苦しむ人達に耳を傾けて欲しいなと感じました。
生徒達が立派な警察官となる事を願うばかりです。

男性

枝元佑奈役の冨田望生さんがよかったです。
菱沼羽津希の引き立て役で目立った存在ではありませんでした。
しかし退校を直前に控え、警察官の夢を友人に託す為に敢えて、菱沼に辛く当たります。
この枝元の行動を見て、これこそが本当の友達だと感じました。
上辺だけではない付き合いだからこそ出来た行動だったと思います。
枝元の想いが菱沼に届き、真面目に授業に取り組むようになったのが良かったです。
枝元の分まできっと素晴らしい警察官に菱沼はなってくれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です