知らなくていいコト10話(最終回)の動画を無料で!あらすじネタバレと感想

知らなくていいコトの動画を無料視聴する方法/見逃し配信・再放送

※以下はネタバレが含まれます。
本編を見る前にネタバレを見たくない方は、huluで見れます。

しかも、なんとhuluは今2週間無料キャンペーン中です。
この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

▼今すぐ「知らなくていいコト」を視聴したい方はこちら▼

 

huluは、2週間以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

Huluのおすすめ
月額933円(税抜き)でとってもお財布に優しい!
・見放題動画 60,000 本配信!
レンタル作品などもなく、すべて見放題なので安心!
・日テレ作品に強い!スピンオフや独占配信なども多数あり!
・HD画質の映像で高画質で作品を楽しめる!
・対応端末が豊富!(PC、iPhone、Androidスマホ、iPad、プレステ4、Wii U、Fire Stick)
・ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず楽しめる!
※本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

何といってもすべての作品が見放題というのは、とても魅力的ですね(^^)/

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
Hulu  〇(フル視聴)
TVer  〇(最新のみ)
U-NEXT  ✖
Paravi  ✖
FOD  ✖
auビデオパス  ✖

知らなくていいコト最終話あらすじネタバレ内容【第10話】

その日、慌ただしい編集部にケイトの姿はありません。
彼女は、ドイツ・ローテンブルクにいました。
そこを拠点にピアニストとして活動していた乃十阿の息子を、衝動的に彼女は追って飛行機に飛び乗ったのです。
しかし。
そんな周囲の空気を読んだのか、乃十阿は身を隠していた尾高のスタジオから姿を消してしまいました。
掛かってきた電話で、尾高(柄本佑)にそのことを咎められたケイト。
「背中、まだ痛い?」
「痛いよ!バカ!」
ケイトは乃十阿の息子のコンサートを聴いていました。
“戸倉サトシ”と名乗っている彼には、ドイツ人の妻と幼い息子がおり、家族は幸せそうに暮していました。
彼は33歳。
ケイトとは1歳しか違いません。
何も言えないままに帰国したケイトを、尾高は空港に出迎えてくれました。
「乃十阿にとって人生を賭けて守るべき子供は、息子の方だった」
その彼は、母・杏南(秋吉久美子)をどう思っていたのか。
きっと理屈で割り切れない…でも、そこに一体何があったのだろう、と割り切れなさを噛みしめていたのです。
そんな彼女の告白を「面白い。そのまま書け」という岩谷編集長(佐々木蔵之介)。
「今シアワセに暮らしている戸倉の人生を壊すことはしたくない」というケイトに、岩谷がチームを組んでこの事件を洗い出し、書く、と宣言したのです。
週刊イーストの中でも敏腕の記者たちが集めた情報は、容赦のない事実を並べたてました。
その中で。
当時、乃十阿の妻は夫の浮気と隠し子の存在に悩んでおり、その関係を修復しようとしてキャンプに行くことを企画した、というのです。
事件の引き金は、自分たちだった、無関係ではなかったのだ、という事実はケイトを打ちのめしました。
意を決して、彼女は自ら名乗り、被害者遺族の元に向かったのです。
その日の夕方。
尾高のスタジオに向かった彼女。
彼にはすべてを読まれていました。
「ケイトが書け」
岩谷ではなく、ケイト自身が書くべきだ、と、彼は切々と説いたのです。
「命を削って、真実に近づくケイトが好きだ」
そして、尾高はケイトにプロポーズをしたのです。
離婚を妻に承知させ、子供には最大限の責任をとる、と彼は言いました。
ケイトはその想いを噛みしめながらも、離婚はしないで欲しい、と懇願しました。
子供という存在を大切にしてほしい、親としての心を失った尾高は、嫌だ、と。
その夜___恋を、自ら終わらせたケイトは泣きながら、その記事を書き上げたのでした。
岩谷から記事にOKが出たその頃。
春樹(重岡大毅)は何日もの欠勤の末に現れ、退職届を出しました。
慰留もされず。
「深層スクープに真壁さんを売ったのは僕です!すみませんでした!」
しかし。
乃十阿徹は無実だ、と聞いて混乱する春樹。
「え、じゃあ、なんで僕たち別れたんですか?」
逝っちゃった笑い声をアゲて引きずり出される彼を、周囲は唖然と見送ったのです。
その頃、尾高は、妻が子供を残して姿を消してしまい…一人で育てる覚悟をしていました。
それは離婚を切り出した彼への、妻の復讐だったのかもしれません。
岩谷はそんな彼を見て「人生はままならないものだなぁ」と感慨深く呟きました。
“ままならさ”は、さらに加速します。
印刷会社から東源出版の社長に伝わってしまったケイトの記事に差し止め命令が出されてしまいました。
激動の一週間…結局、徒労感だけを残して、記事はボツ。
しかし、ケイトはその原稿を手に乃十阿の元を訪れました。
___この世には、知らなくていいコトがある。
その記事はそう結ばれていました。
乃十阿が読み終えたそれを火にくべるケイト。
めらめらと紙は燃えて灰になりました。
もう誰も、この事件の“真相”に近づくことはないのでしょう。

時は流れ…。
「闇落ちする亀」___そんなタイトルの小説で芥川賞をとった作家の名は、野中春樹。
岩谷は局長に昇格し、尾高は立派なシングルファーザー…ケイトは変わらずバリバリ書いていました。
週刊イーストは、今日も社会の闇を引きずり出し、問題に切り込んでいく、そのポリシーは変わりません!

知らなくていいコト10話の感想

第一話の冒頭、ケイトに「あなたはキアヌ・リーヴスの娘」と言った安奈さんの最期の言葉を覚えている人、もうほとんどいないだろうなぁ…というほど、ものすごいジェットコースタードラマでした。
ケイトは、自らその事件を書き、自分の中で昇華したのかもしれません。
しかし、ボツになったことで、結果的にその真相は闇に葬られ、乃十阿が守ろうとしたもの…息子の人生は平穏なまま誰に踏み荒らされることもなく過ぎていくのです。
人生には、知らなくていいコトがある。
物凄く、深いタイトルでしたね。
乃十阿は自らのことを、結果的に何一つ語ることなく、その人生を閉じることになるのでしょう。
ある意味、秀逸な終焉でした。
さて…春樹も在るべきところに収まった、のかな?
ケイトが殺人犯の娘でなかったなら、あわよくば元鞘?みたいな表情をくるくるさせていましたが。
まさか、こうなるとは…。
“闇落ち”ってTシャツ、流行るかもしれませんねぇ。
最後まで、いろいろと期待を裏切らないやつでした。
重岡大毅くんの新境地開拓ドラマだったな、と思います。
シングルファーザーになる道を選んだ尾高と、ケイトはもうきっと交わることなく生きていくんだろうな、と匂わせていますが。
不倫の“その後”を二世代にわたって描く、というのもちょっと珍しいですよね。
しかし、この先はどうなるのか、それもまた誰も知らないコト。
最後には、尾高の幼い息子が幸せに育ってくれたら良いな…。
そんな余韻のある終わり方もまた善し。
いろんな意味で豪華で重厚でずしっと心に残るドラマでした。

知らなくていいこと 視聴者のおすすめポイント

女性

ケイトの一生懸命ひたむきに仕事を頑張る姿に心を打たれながら視聴しました。
また、そんなケイトを優しくいい距離感で見守る尾高さんの姿にも胸キュンの連続です。
ケイトは記者として、他人の懐に入り込み、真実を求めて記事を書いてきましたが、
自分の父が犯罪者かもしれないと気づき、父のことを調べ、真実をあばき記事にする時、
自分の気持ちと向き合うケイトが印象的でした。彼女の成長していく姿も見どころポイントだと思います。

男性

尾高さんがケイトの事が本当に愛していて、ケイトが刃物で右手を切られてその後、刺されそうになったときに尾高さんがケイトをかばって自分が刺されてしまう姿を見たときに、不倫であっても心の底から愛していているのがしみじみと感じてきました。また、病院に入院した2人はケイトが尾高さんの病室に行こうとしたときに尾高さんの奥さんが病室から出てきて尾高さんの部屋に行くのをやめてしまったケイトを見て切なく思いました。

女性

先ずは1番最初の真壁ケイトの母親・杏南が亡くなる際の言葉がインパクトありました。真壁ケイトの父親がキアヌ・リーブスだと言うのはいきなり凄い展開だなと感じました。キアヌ・リーブスが父親の可能性が杏南が映画評論家であり字幕翻訳の第一人者ということであり得る設定でもありました。しかし直ぐに一転して父親は乃十阿徹という殺人犯だったというストーリーがスピーディーだなと感じました。キアヌ・リーブスが父親だったら天国かはわからないですが、天国から地獄に落ちるケイトが印象的でした。

男性

ケイトの父親が本当に犯罪者だったのかを巡る問題が、このドラマの大きな見どころだったと思います。
結局、ケイトの父親は犯人ではなく、その当時3歳の息子が何も知らずに毒草を水のタンクに入れてしまったことが原因でした。本来ならば罪にはならないところかもしれませんが、あえて彼は自分がやったこととして罪を被りました。
息子の方はそのことを何も知らずに、今はドイツでピアニストとして、奥さんと息子と幸せに暮らしています。
結局、最後までケイトの父親はケイトを娘だとは認めませんでした。
犯罪者の娘にしたくはなかったようです。息子と娘に対する愛情を感じられる父親の心情やケイトの気持ちの揺れなどが、このドラマの見どころだと思いました。

女性

第一のポイントは、ストーリーにメリハリがあり飽きずに楽しめるところです。ストーリーは基本的に2つの軸で進んでいきます。1つ目は1話完結型の今週の雑誌の記事に関する物語、2つ目はケイトについての物語(父との関係、恋愛関係、ケイトの成長)です。1話完結型の話も面白いので毎回新鮮な面白さがありました。
第二のポイントは、登場人物が魅力的な点です。主人公ケイトの真っ直ぐさもそうですが、私は特に佐々木蔵之介が演じる上司がかっこよくて毎回楽しみにしていました。

男性

この「知らなくていいコト」のおすすめポイントは、職場の雰囲気の良さだと思います。この職場は、毎日ヒットするようなネタを集めなければいけなくて大変です。しかし主人公のケイトはその中でも仕事に対する姿勢が一生懸命です。そんな人間がしっかり評価をされていて、上司からの信用も得ているのが良いなと思いました。また、この職場での上司が本当にかっこよかったです。部下には優しく上司には厳しくという姿勢がかっこよかったです。将来このような上司になりたいと思わせてくれました。

女性

ケイトが、重い気持ちを抱えながらも仕事にまい進し、事実を追求していく姿を応援したくなります。
その一方、対象者に対して情を寄せたりもする、気持ちの綺麗な部分が魅力的です。
尾高との、危なげながら温かみもある恋の行方がどうなるのかも見どころです。
それと併せて、乃十阿の事件に隠されたものをケイトがどう暴きだし、それをどうするのか。
一体、何が隠されているのか明らかにしていく展開に緊張が走ります。
ケイトの仕事の個性的な面々との関わり合いは、面白く、安心感もあります。
それもやはり、ケイトの仕事への姿勢や、どんな時も明るく突き進む性格ゆえなのだろうと思わせます。

男性

吉高由里子さん演じる主人公の新聞記者ケイトが、周りのことはあまり考えずにいろいろな事件やゴシップに対する真実に突き進むところと、ケイト独自の感性で書いた週刊誌の記事が魅力的です。また、ケイトを常に思いやり、支え、ピンチの時には必ずと言っていいほど現れたり連絡をくれたりする元カレの柄本佑さん演じる尾高さんに惹かれます。奥さん・子供がいる身でありながらの尾高さんの行動には少し疑問を覚えますが、ケイトに感情移入するとつい2人の恋を応援したくなってしまうのが不思議でした。

女性

このドラマは、吉高由里子さん演じる主人公ケイトが母の死を通して自分の本当の父親が殺人犯かもしれない…ということが中心のお話ですが、一話ずつゲストを迎え色々な事件が展開されますが、その事件やスクープを通してケイトは色々な気持ちの変化や葛藤をして父親と事件や母との不倫関係について紐解いていきます。この、伏線展開が毎回テンポよく見ていて気持ちが良かったです。また、巷で話題の柄本佑さん演じる元カレの尾高さんのケイトへの捨てきれない気持ちや器の大きさのイケメン具合!不倫はいけないとわかりつつこの二人に結ばれて欲しい気持ちが芽生えました。また、最低な元カレ野中の闇落ちっぷりも見どころでした。

男性

一番のおすすめポイントは、尾高さんのキャラですね。あんなに穏やかで、優しくて、さりげなくて、色気があって、ケイトのこと守ろうとする姿が素敵すぎてたまらないです。手の動き一つ一つにいやらしくないしっとりとした色気を感じます。ラストにケイトにプロポーズしたけど、ケイトから断られてしまって、バックハグして「2度も俺をふるな!」って言った時は、2人の気持ちが伝わってきてとても切なくて涙が出てきました。このドラマは柄本佑さんの代表作になると思います。

知らなくていいコト評判(みんなの感想)

女性

ケイトが乃十阿に会いに行った時にホースで水をかけられた後、海岸を歩いていると尾高さんが現われケイトを抱きしめたところが印象的だった。しかもケイトは行き先を言っていないのに、察知して動いていた尾高さんがすごいと思った。他にも、編集部襲撃事件の時、ケイトが犯人にとどめを刺されようとしたときに、自分がかばって背中を刺されたところも、ここまでケイトを事を大切にしているのかと周囲にもわかったと思うし、ケイトにも思いが伝わった思いました。尾高さんが既婚者じゃなければいいのにといつも思ってみていました。

男性

尾高さんが、ケイトへの気持ちを抑えつつもずっと一番大事な戦友であり、元カノであり、お互い大事な存在なのにタイミングがまるで合わない…。自分にも似たような経験があるので見ていて胸が苦しかったです。その時に想った気持ちはその時に伝えないといけないんですよね。わかっているけど、大人になればなるほど、タイミングを見計らって、見計らいすぎてうまくいかない…そんな繰り返しです。ケイトが唯一救われたのは本当の父親が殺人犯ではなかったことと、その父親はきっと自分のことも遠くから守ってくれていたということではないでしょうか。また、毎回吉高由里子さんの衣装が可愛くて楽しみにしていました。

女性

登場人物のキャラクターが強く、とくに向こう見ずな主人公ケイトと、それを表で支える編集長の岩谷さんと、陰で支えるカメラマンの尾高さんが皆魅力的でした。岩谷編集長はケイトを信頼し、ケイトの突発的な行動を許し、助けが必要なときには手を差し伸べ、悩みを聞き、部下の立場を考え会社の命令に時には反発し、それでもどうにもならない時には一緒に憤る、というまさに理想の上司でした。尾高さんは情熱的な言葉を発するときでさえ自然体で、柔らかい声でポツポツとケイトに語り掛けるところが魅力的でした。一話一話の事件の真相を追い求めていくストーリーも楽しく、シーズン1番のドラマだったと思います。

男性

尾高が、自分が傷つくこともいとわずケイトを危険から守る場面に、驚きながら感動です。
乃十阿のことを知りながら、ケイトへの気持ちは変わらずにいたこともそうだし、本当に深く強い愛に打たれました。
ケイトが尾高からプロポーズされるも、懸命に自分の気持ちを抑え、別れを選ぶところには涙です。
結局、尾高は離婚となったようですが、ケイトとも一緒にならなかったのはちょっと寂しかったです。
それでもどこかすがすがしさも感じるラストでした。
ケイトが乃十阿の記事を必死に書きあげながら、それが公表されなかったのは残念ですが、やはりこれで良かったのかも。

女性

この「知らなくていいコト」というドラマの題名の意味を最終回でしっかり回収してくれたのが気持ちがよかったです。始める前からドラマの概要を見ていましたが、「何が知らなくていいことなのだろう」と思っていました。しかし、知らなくてもいいコトがあるからこそ、幸せになれることも不幸になることもあるということが分かりました。週刊誌が舞台の物語だったので何でもかんでもスクープにしてしまうと思っていましたが、相手のことを想っているような終わり方が綺麗でした。

男性

第一話でお母さんが亡くなる際、お母さんがケイトに「あなたの父はキアヌリーブス」という謎の言葉を残していくことから物語ははじまりました。
第一話を観て続きが気になり、それから最終話まで楽しみにして欠かさず見ていました。
主人公ケイトが、母や恋人、父、事件の関係者など様々な人との出会い・別れを繰り返しながら成長していく様子がワクワクして面白かったです。
個人的に吉高由里子が好きで、吉高由里子のマニッシュなファッションも楽しみの一つでした。

女性

最終回の場面でケイトが尾高に「一緒に子供を育てよう」みたいなことを言いました。
しかし尾高は、「そんなケイトは好きじゃない」とアッサリ断った場面が良かったです。
この二人は恋人としては上手く行くかもしれませんが、夫婦としては成り立たない関係なのではないかと思いました。
尾高は仕事に情熱を傾けているケイトのことが好きだったのだと思います。
この二人はケイトの両親のようにはならなくて良かったかもしれないと思いました。

男性

とにかく演技派の俳優が多かったなと感じました。尾高を演じる柄本佑、特集班・デスクの黒川を演じる山内圭哉が凄く自然体な演技をするなと思いました。そして1番は編集長・岩谷を演じる佐々木蔵之介が凄まじい存在感を出していたなと感じました。とにかく統率力、決断力など見ていて凄い演技だったなと感じました。特にケイトが刺された後、ケイトの父親が乃十阿徹だという事実が他の週刊誌に載った際の社員を集めての発言がカッコ良すぎました。

女性

どの場面も感動したりしたのですが、最終回に尾高さんがケイトに話しがあると呼び出して話しをしたときに、尾高さんは生き生きと仕事をしているケイトを愛していて、滅多に自分の気持ちを表さない尾高さんが奥さんと離婚して一緒になろうと言った尾高さんに子供を思いやる気持ちを忘れて欲しくないと言われて、ケイトが身を引こうとしたときに尾高さんが二度も振るなよと言った時は、何が何でも一緒に居たくて愛してるんだと思いました。お互いに愛し合っていても、お互いがそれ以上に大切にしていることを選んで生きていく姿がキラキラと輝いていて素晴らしくうらやましく思いました。

男性

ケイトの一生懸命さに刺激を受け、尾高さんの優しさに癒され、私も尾高ロスになった一人です。
尾高さんの役柄は本当にかっこよすぎました。結末は、どちらに進んだとしても、私はモヤモヤしていたと思います。
2人の関係だけ見たら、結ばれてほしかったと思いますが、尾高さんの奥さんや、子供のことを思うと、離婚はだめだなと
感じてしまうこともありました。しかし、尾高さんの奥さんの復讐として、子供を部屋におきざりにしていくシーンはひどかったです。
最終的に、ケイトはさらに成長しバリバリ仕事をしていて、尾高さんは子供を立派に育てていて、ケイトの元カレは思いのほか小説家としてヒット。
それぞれの道を進んでいくという形でした。最後、ケイトは尾高さんに子供一緒に育てようかと提案しますが、尾高さんが断ってくれてよかったと思います。
最後まで尾高さんは優しい人でした。

 

 

▼「知らなくていいコト」をもっと詳しく(あらすじを1話から)▼

知らなくていいことの動画を無料視聴する方法~再放送・見逃し配信動画~知らなくていいコト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です