知らなくていいことの動画を無料視聴する方法~再放送・見逃し配信動画~知らなくていいコト

目次

ドラマ『知らなくていいコト』まとめ

知らなくていいこととは?

日本テレビのテレビドラマです。2020年1月クールに放送のドラマ。

週刊誌の記者である主人公が、母の死をきっかけに自分の出生の秘密を知ってしまう。
記者として数々の秘密を暴いてきた彼女は、一人の女性として、記者として、自分の秘密とどう対峙していくのか!?(公式HPより)

知らなくていいコト 主演・出演者・キャスト

真壁ケイト役 主演 吉高由里子

主人公。週刊イーストの記者。

尾高由一郎役 柄本 佑

動物カメラマン。ケイトの元カレ。

野中春樹役 重岡大毅(ジャニーズWEST)

週刊イーストの記者。ケイトの彼氏。

キャストをもっと読む

真壁杏南役 秋吉久美子

映画字幕の翻訳家。

岩谷 進役 佐々木蔵之介

週刊イーストの編集長。ケイトの上司。

乃十阿徹役 小林 薫

謎の自転車屋。ケイトの父親?

知らなくていいコト相関図

知らなくていいこと ゲスト出演者キャスト

知らなくていいコト 第7話 ゲスト

笹美鈴(演歌歌手) 小沢真珠

自身のマネージャーの行状をネタにされて、週刊イースト編集部に怒鳴り込んできた。

丸山シゲオ(小説家) 西村まさ彦

週刊イーストで連載している大物小説家。
彼の接待をしていたために、編集長岩谷が不在にしている間にトラブルが多発することに…。

江川直之(東源出版・出版局長) おかやまはじめ

アイドルの路上キス写真の掲載をやめるように、と編集部に怒鳴り込んできた。

ゲストをもっと読む

知らなくていいコト 第6話 ゲスト

平田満 高村役

乃十阿の担当弁護士。事件当時の彼のことをよく知っている。

田村健太郎 桜庭洋介役

人気棋士。女優との不倫を妻から告発された。

三倉茉奈 桜庭和美

桜庭の妻。高校生の頃から交際して棋士になった夫を支えてきた“糟糠の妻”。

知らなくていいコト 第5話 ゲスト

元警察署長・沖田秀則 勝野洋

職業柄厳しく、しかし愛情深く孫の弘人を育てていました。
事故で両親を失った彼を引き取り、中高6年間ずっと、毎朝弁当を作って学校に送り出していた、という証言もありました。
しかし、そんな孫をどうして自分の手で殺さなければならなかったのか、警察もマスコミの多くも“行き過ぎたスパルタ教育の果て”に殺してしまった、という分かりやすく、納得しやすい動機を作り出していたのですが、ケイトは納得がいかなかったのです。

知らなくていいコト 第4話 ゲスト

新納慎也 ジーザス富岡役
井上瑞稀 大学生の向井翔役

知らなくていいコト 第3話 ゲスト

大貫勇輔 河原巽(タツミーヌ)役

【大貫勇輔】
7歳からダンスを始め、17歳でプロダンサーとなった、本物のダンサーです。
近頃では舞台やドラマの出演が多く、ダンスもさることながら、歌もとても上手なんだそうで、天に二物も三物も与えられたような方です。
最近では「グランメゾン東京」にも出演してました。

知らなくていいコト 第2話 ゲスト

市川由衣 笹野明奈役 DNA婚活の職員
えなりかずき 山際篤夫役 笹野の恋人

知らなくていいコト 第1話 ゲスト

えなりかずき

知らなくていいコト原作は?

脚本:大石静

大石静さんのオリジナル脚本になります。

知らなくていいコト主題歌

「素晴らしき嘘」

flumpool

知らなくていいコトの動画を無料視聴する方法/見逃し配信・再放送

※以下はネタバレが含まれます。
本編を見る前にネタバレを見たくない方は、huluで見れます。

しかも、なんとhuluは今2週間無料キャンペーン中です。
この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

▼今すぐ「知らなくていいコト」を視聴したい方はこちら▼

 

huluは、2週間以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

Huluのおすすめ
月額933円(税抜き)でとってもお財布に優しい!
・見放題動画 60,000 本配信!
レンタル作品などもなく、すべて見放題なので安心!
・日テレ作品に強い!スピンオフや独占配信なども多数あり!
・HD画質の映像で高画質で作品を楽しめる!
・対応端末が豊富!(PC、iPhone、Androidスマホ、iPad、プレステ4、Wii U、Fire Stick)
・ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず楽しめる!
※本ページの情報は2019年12月時点のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

何といってもすべての作品が見放題というのは、とても魅力的ですね(^^)/

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
Hulu  〇(フル視聴)
TVer  〇(最新のみ)
U-NEXT  ✖
Paravi  ✖
FOD  ✖
auビデオパス  ✖

知らなくていいコトの視聴率

知らなくていいコト第7話 9.5%
知らなくていいコト第6話 8.4%
視聴率をもっとみる
知らなくていいコト第5話 8.7%
知らなくていいコト第4話 9.1%
知らなくていいコト第3話 10.3%
知らなくていいコト第2話 8.9%
知らなくていいコト第1話 9.4%

(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

知らなくていいコト次回の見どころ

知らなくていいコト 8話の予告動画

見どころをもっとみる

知らなくていいコト 7話の予告動画

知らなくていいコト 6話の予告動画

知らなくていいコト 5話の予告動画

次回は冤罪と思われる容疑者にケイトがせまります。そして、乃十阿の事件現場を訪ねたケイトは何を思うのでしょう。数々の出来事が渦巻く中、ケイトと尾高はそれぞれどんな気持ちを抱くのでしょう。そして乃十阿の事件の真相とは…?

知らなくていいことのネタバレあらすじ内容

知らなくていいこと第7話のあらすじ

知らなくていいコト 第7話のあらすじ内容

熱いキスと抱擁___尾高(柄本佑)が今も自分を愛していると知り、ケイト(吉高由里子)は複雑でした。
それは不倫になってしまうから。
翌朝、黒川デスク(山内圭哉)が高熱で離脱し、ケイトにその仕事が振られました。
取材対象の演歌歌手(小沢真珠)が怒鳴り込んだかと思えば…右トップのスクープを情報提供者が撤回したいと言ってきたり…。
ようやく落ち着くかと思われたころ…一人の人物がケイトをじっと見つめていたのです。

 

▼第7話のネタバレをもっと詳しく▼

【7話】知らなくていいこと柄本佑演じる尾高が背中を刺される!?知らなくていいコトあらすじネタバレと感想
知らなくていいコト 第6話のあらすじ

知らなくていいコト 第6話のあらすじ内容

思い切って乃十阿(小林薫)の元を訪れ「真壁ケイト…真壁杏南(有吉久美子)の娘です」と名乗ったケイト(吉高由里子)でしたが、週刊イーストの名刺を渡すと「昔の話を聞きたいなら…いくら出す?」と言われ、寒空に水をぶっかけられて追い払われてしまいました。
ずぶ濡れのケイトは追ってきた尾高(柄本佑)に救われましが。
乃十阿の動機と、裁判記録にない、あの事件の真実を知りたいのだというケイトを弁護士の高村(平田満)に引き合わせました。
彼は逮捕された乃十阿の担当を長い間勤めていたのです。

 

▼第6話のネタバレをもっと詳しく▼

知らなくていいコト6話あらすじネタバレ感想!ついに尾高とケイトがキス!?
知らなくていいコト 第5話のあらすじ

知らなくていいコト 第5話のあらすじ内容

無差別殺人事件から30年。
ケイト(吉高由里子)は現場だったキャンプ場跡地を訪ねました。
その場所に立った彼女は、父・乃十阿徹(小林薫)が罪を認めながらも、どうしてその動機を全く語らないのか、ということが気になっていました。
その頃、週刊イーストが取材をかけていた事件の裁判が始まりました。
元警察署長・沖田が、法科大学院生の孫をスパルタ教育の末に撲殺した…その事件でも、動機は何も解明されていなかったのです。

 

▼第5話のネタバレをもっと詳しく▼

ドラマ知らなくていいことあらすじネタバレ感想!<5話>乃十阿の犯行の動機にせまる!

知らなくていいコト 第4話のあらすじ

知らなくていいコト 第4話のあらすじ内容

年末年始の自身の行動を思い返したケイトはなぜ乃十阿の元へ行ったのか考えていた。
とある大学に母の本を特集で置いてくれるとの事で本を持っていくケイト。
帰りのバスの中、塾講師のジーザス富岡の話で盛り上がる女の子達の話が気になり、早速取材を行う。
ジーザス富岡の特Aコースは30万の月謝で3ヶ月限定だが、表向きは70%合格と言われているが、実は100%合格するという。
実際にそのコースを受けた学生に話を聞くケイト。
ますます怪しくなる話に疑問を覚える。
ジーザス富岡のいる塾へ向かったケイト達は、生徒達に囲まれる実物を目の当たりにする。
更にはテレビのレギュラーも決定しているようだ。
連載班が新刊に向けたインタビューを行う為、ケイトも同行することになる。
特Aコースの授業の日なのになぜ潜入しないのかというケイトに、春樹は断られたことを告げる。
断られた時がチャンスだというケイトと、変な取材して欲しくないという春樹は周りから見ても様子が怪しかった。
その後尾高を尋ねたケイトは、なぜ乃十阿の写真を撮ってから方向性を変えたのか尋ねると、目の前のものとカメラに映るものは違うから、と言われる。
ジーザス富岡の取材当日、教室は満員で衛生放送もされているという。
特Aコースの授業の取材を改めて申し出たケイトだが、休講になったと言われるケイト。
春樹の取材の傍らで聞くケイトはおもむろに特Aコース休講の理由を尋ねた。
予測力と予感力が降りてこないからだというジーザス富岡。
大学に取材に行ったケイトは、大学側で学長が入院中の為、小論文のテーマが絞りきれてないと言う。
ジーザス富岡はそのせいで休講にしたのではないかと編集長に打診する。
土曜に振替授業を行うと知り、特集班は塾に潜入、ケイトは病院に潜入する。
一日経過して双方が動いた。学長と塾長の紙袋でのやり取りの撮影、紙袋の中身等を確認した特集班だが、一旦戻るよう編集長に言われるケイト。
証拠が固まりそれぞれに今回のネタを持っていく。ケイトはジーザス富岡に利用されていただけだと告げ、スクープは成功した。

知らなくていいコト 第5話の予想展開

個人的な意見になりますが、尾高とケイトがよりを戻すかなと思いますが、今回ケイトが自らで蹴りをつけたように見えました。
そして、乃十阿のことを知りたいというケイトは、自分の事をもっと知りたいと思っているのでしょうが、尾高と一緒なのも気になります。
でも尾高は妻子がいるし、正月は幸せそうだったし…どうなるのか自分でもわかりません。
あまり関係ありませんが、知らなくていいコトという、ドラマのタイトルがたまにセリフとして出てくるのは、印象が強く残りとてもいいなと思います。

知らなくていいコト 第3話のあらすじ

知らなくていいコト 第3話のあらすじ内容

尾高が乃十阿の娘と知りながらケイトにプロポーズした事を知らず、春樹に心変わりしていた事を後悔する中、ケイトは過去の事を思い出していた。
天才ダンサー・タツミーヌの取材をする事になったケイト。
ところが、今のイメージから想像できない、タツミーヌが暴言を吐く10年前の動画が拡散され、一旦取材が中止になるのだった。
だが、生地の内容をタツミーヌの魅力ではなく、本性に迫る物に変更し、新たに取材を始めることになったケイト達。
ケイトは方針に納得できず反対するも、取り合ってもらえずに、報道陣で騒がしいタツミーヌの稽古場を訪れるのだった。
そんな中、春樹は尾高に話があると屋上に呼び出し…?

第3話をもっと詳しく

知らなくていいこと 第2話のあらすじ

知らなくていいコト 第2話のあらすじネタバレ内容

ケイトは春樹との結婚が破談になってしまったが、諦めず自分は殺人を犯した娘ではない可能性があると話してもう一度考え直すように伝えた。
しかし、考え直すことはできないと言って再び振られてしまうケイトだった。
職場に行くと、DNA婚活について調べることになる。DNAの相性が良ければ、振られる確率も少ないと聞いたケイトは、すごく乗り気になってしまう。 取材に出掛けたケイトは、様子を見ることになった。
マッチング率が高いカップルが話し合い、見事成立していた。何組ものカップルが成立していたのを見て驚いた。
春樹は職場の異動したいと願うが、断られてしまう。ケイトは帰り道、一組だけマッチングしなかったカップルの男性、山際を見つけると、職員の女性、笹野に話しかけているのを見かけて追いかけるように同僚に伝えたが、特に何もなかった。
残業していると、春樹もいたため、声を掛けるが、人殺しのような目で見られてしまい、軽蔑されたことに怒るケイトだった。
元カレの尾高に声を掛けられて一緒に撮影へ向かうことになる。コウモリを撮影している姿を見守る。
無差別殺人事件の犯人が自分の父親かもしれないと言うと、全く驚いていないため、何か知っていると感じていた。
乃十阿について聞くと、ケイトの母親から、調べるのは辞めてほしいと言われたことを話し始める。
ケイトの父親だから言わないでほしいと言われたという。乃十阿は、人殺しはしない、ケイトに知られるのは怖いと伝え、関わらないでほしいと伝えてきた。その話を聞いて落ち込んでいた。
ケイトがDNA婚活にカップル成立しなかった山際を尋ねると、笹野が一緒にいる姿を目撃した。
二人に話しを聞くと、DNAのマッチング率が少ないため、悩んでいることを聞く。
突然山際がプロポーズしたため、二人を応援して去って行くケイトだった。
DNAで困っているケイトは、DNAが何かと言う記事を書いて班長から褒められたのだ。
ケイトは、尾高の元に行き、なぜ昔プロポーズしたのか聞くことになる。
尾高は、ケイトが犯罪者の娘だと知っていながらプロポーズしたことが分かり、自分が尾高ではなく、春樹を選んでしまったことに後悔していた。

第2話をもっと詳しく

 

知らなくていいコト 第3話の予想展開

予告動画の内容

ケイトの殺人者と言われている父親に会いに行くのが見所です。
さらに、尾高と春樹が二人でケイトの父親について話し合っている姿が見えて、尾高が春樹のことを最低と言っていたので、どうなるのか気になるポイントです。

第3話の展開予想

尾高と春樹が何を話すのか、ケイトの父親を軽蔑し、ケイトと別れた話を聞いて幻滅したのではないかと思いました。
ケイトが一人になってしまい、尾高はケイトのことをほっとけないのではと思うので、二人に進展はないのか期待しています。
さらに、ケイトは父親に会いに行くので、話しかけるのか、気になるポイントです。
ダンサー河原の取材を行うケイトのため、河原の本性がどんなものなのか、本性を探ることができるのか、楽しみにしています。

知らなくていいこと 第1話のあらすじ

知らなくていいコト 第1話のあらすじネタバレ内容

真壁ケイト(吉高由里子)は週刊イーストの記者であり女優真壁杏南(秋吉久美子)の1人娘です。
同じ職場内には彼氏である野中春樹(重岡大毅)がおり仕事もプライベートも充実していました。
ある日母親が仕事場で倒れ病院に運ばれます。
かけつけたケイトに杏南は「あなたのお父さんはキアヌリーブス」と言い残し、この世を去ってしまいました。
そんな事があるはずないと野中は言いますが、ケイトが杏南の遺品を整理していると出てきたキアヌリーブスとの写真を見たフリーのカメラマンでケイトの元彼でもある尾高由一郎はそうかもしれないと否定しません。

ある日母親の卒論のファイルの中に結婚指輪らしきものを発見したケイトはジュエリーショップに問い合わせます。
すると購入者は乃十阿徹という人物だということが判明します。
その男は過去に大量殺人を犯し逮捕された男だったのです。
自分の出自に不安を感じたケイトは彼氏である野中に泣きつきます。
そんなケイトに野中は結婚を申し出てくれます。
不安のどん底から幸せの絶頂に行き着いたケイトは仕事にも精をだします。
母親が外国人医師をかたる男に騙されて大金を貢いでいるが息子の話は全く聞いてくれないというのを聞き、取材する事になりました。
茶道の先生をしているという被害者の多賀笑子に師事する事になったケイトはひょんなことから本人に騙されていると説教じみたことを言ってしまいます。
しかし後日自分がプロポーズされて救われた事で「愛している」と言われることがどんなに生きていく糧となるか気づき、笑子と分かち合います。
笑子はある程度詐欺だとわかっていながら、「愛している」と言われることに胸キュンし生きる糧とするためにお金を払っていたのでした。
振り込め詐欺に対する他とは違った目線からの記事に編集長からも太鼓判をもらってうきうきなケイトでしたが、尾高に疑問を投げかけます。
『あなたはわたしの父親がキアヌリーブスではなくて乃十阿徹かもしれないことを知っていたんでしょ?』と。
しかし何も教えてくれずはぐらかされてしまいます。
またプライベートでは野中が突然ケイトの家に来て「やっぱり殺人犯の娘とは結婚できない」と別れを告げ、ケイトをまたどん底に突き落としてしまうのでした。

知らなくていいコト 第2話の予想展開

予告動画の内容

ケイトとの婚約をいきなり破棄した野中は気まずいがために部署移動を申し出ています。
2人の関係はどうなっていくのか、ケイトが取材のために潜入したDNA婚活の実態、元彼である尾高はケイトの父親かもしれない乃十阿徹の何を知っているのかに迫る場面をチョイ見せしてくれるような内容でした。

第2話の展開予想

『知らなくていいコト』の第1話を拝見して、世の中に横行する犯罪と被害者にもスポットを当てていくのかなと思いました。
第1話では振り込め詐欺、第2話では結婚相談所のトラブル??かなと予想しています。
主人公の真壁ケイトの出自巻きになる所ですが、結婚相談所の件もなんだかきな臭い気がします。
また、他局ではありますが前クールのドラマ『G線上のあなたとわたし』でも波瑠さんが演じる也映子が婚活パーティーで出会うちょっと変わった男性を演じていたえなりかずきさんが今回も登場です。
えなりかずきさん、婚活うまく行ってないキャラなのかな…?
ちょっと予告を見て笑ってしまいました。

知らなくていいことの感想

知らなくていいこと第7話の感想

知らなくていいコト 第7話の感想

知らなくていいコト 第6話の感想

知らなくていいコト 第6話の感想

女性

乃十阿徹が何を隠しているのかとても気になりました。いきなりケイトに水をぶっかけてきたので本当に冤罪だったのではないかと見えてしまいました。弁護士の先生もなんだか歯切れが悪い感じでしたしほんとは何か裏があるのではないでしょうか。なかなか乃十阿のことがわからないので早く全ての真相がわかる展開が早く見たいです。それの時間稼ぎて週刊イーストのニュースを扱っているように見えてしまい乃十阿が気になってあまり集中できません。

男性

今回の話では「不倫」についてのスクープでした。正直不倫は当人たちの問題なので周りが何と言おうが関係ないと思っていました。しかし、結婚した今「奥さんがいることを知っていて」不倫をする女性も男性も同罪で、許せないと考えるようになりました。今回不倫した女優さんが「奥さんより出会ったのが遅かっただけと言っていましたがモヤモヤしてしまいました。一方で尾高さんが自分の気持ちを自覚し一線を越えてしまいました。いけないことのはずなのに不思議と二人を応援してしまう内容でした。

女性

今回は不倫がテーマな内容でした。真壁ケイトは父親に会いに行くと水をぶっかけられて道をさまよっている所に尾高が車で駆けつけます。なんていいタイミング!!ケイトが自ら連絡したのではなく、なんとなく直感でケイトを助けに来てくれました。尾高はホントカッコイイ!!と思いました。尾高はいつもケイトのことを気にかけていて、やっぱりケイトが好きなのかな?って思っているとドラマ終盤に暑いキスをしてました。尾高には奥さん、子供もいますが、どこかでケイトを思っているって言葉にやっぱり男は何だかずるいなぁーと思ってしまいましたが、ケイトと尾高の関係をどこか応援してしまいたくなる2人です。

男性

有名人の不倫を追いかけてきた週刊イーストの女性記者のケイトが、人気棋士の妻からリークされた情報を元に、女優との不倫を暴くために張り込みを続けながら自分と尾高との関係と重ねながら、思い悩む姿には週刊誌記者ではなく女性として心情が汲み取れました。また、尾高にもケイトに対する思いが随所に感じられ、踏み止まろうと話した直後にキスした状況に驚きを感じました。乃十阿と彼の弁護士に対して冷静な対応を見せた尾高が、ケイトに対する想いを抑えることができなかったことに、男女の理屈ではない関係性が感じられました。

女性

乃十阿のもとを訪れて水を掛けられたケイトのことを、尾高が心配していたシーンは見ていてドキドキしました。弁護士・高村に対して暴走するケイトのフォローも完璧で感心しました。棋士の桜庭の不倫現場を追っているときの、ケイトたちのチームワークが抜群で見ごたえがありました。ケイトだけではなく、尾高もケイトのことをが気になっている姿を見ているのは切なかったです。第6話で尾高の妻や子供が登場していたこともあり、複雑な気持ちになりました。

男性

尾高が暗号をいろはだと見破って不倫の待ち合わせ場所を特定したのは見事でした。
ケイトは尾高と精神的には不倫だと思いつつ、糟糠の妻を捨てて不倫している桜葉が一概に不道徳だと思えないのも理解できます。
従って桜葉が高知に行き、吉沢と海岸で会った2人をケイトが見つけて幸せを奪っていいのかと悩むのも判ります。
それでもプロ意識で2人に切り込むと、吉沢があとから出会ったからと言って愛が薄汚いようなもののように言われるのは違う、犯罪者のような目で見るなと言ったのは、ケイト自身の想いと同じだったのは皮肉でした。
小野寺が、開き直りだと呆れていたのに対して、吉沢が格好いいとケイトが感心したのは、自分には尾高との関係が、そこまで割り切れない、もどかしさと共に、吉沢が羨ましかったのだと思います。
ケイトの取材で桜葉が静かに妻と離婚して吉沢と再婚したかもしれないのに、世間にバラサレてめちゃくちゃになっても、編集長は後のことは知ったことじゃないと言ったのは、後味が悪いとケイトが思ったのも理解できます。
知らなくていいコト 第5話の感想

知らなくていいコト 第5話の感想

女性

今回の話はとても謎が残る内容でした。沖田という警察署長が爆弾事件を起こそうとしていた孫を殺したことで本当の動機がなんだったのかとても気になります。自分の名誉を守るためだったのか、それとも孫の名誉を守るためなのかどっちだったのでしょうか。自分の予想では沖田は孫の名誉のために殺したんだと思います。これから先、孫が爆弾事件を起こした爆弾魔だなんて思われ続けるのが嫌だったのではないでしょうか。そのために隠匿しようとしていると思いました。

男性

尾高さんがケイトを連れて事件現場にいったのは、連れていかなかったらケイトは一人で行くと思ってのことで、ケイトが一人で事件現場にたっている姿を想像したくなかったってかっこいいこといってた。尾高さん最高にやさしいです。ケイトが好きになる気持ちがわかると思った。でも、尾高さんが「昔なじみ」だからと言ったことで、ケイトは寂しかったんじゃないかと思ったが、尾高さんは既婚者なので予防線かなとも思った。尾高さんとケイトの関係はむずかしいと思った。

女性

孫を殺害した元警察署長が真実を語らない気持ちが何となくわかる気がしました。
愛する孫を殺害しなければいけない、道徳心とそれを打ち明ける事で孫の名誉を傷つける事だけは避けたい気持ちだったのではないかと思いました。
なんとも切ない事件だと思いましたが、岩谷編集長が記事を何度も修正させる当たり普段ふざけてる分仕事の鬼に見えました。
しかし、そのお陰で世間に新たな見方を提供できた、それが週刊誌の使命なのかもしれないと思いました。
いろいろ考え支えられる話だったと思いました。

男性

元警察署長・沖田秀則がスパルタ教育の末に実の孫を殺害したとされる事件に引っかかるものを感じたケイトが沖田秀則の近所や本人に取材するのが印象的でした。なにかおかしいと感じたら自分を信じて猪突猛進なケイトは凄いアグレッシブだなと感じました。そんなケイトの頑張りが実って沖田秀則が孫を殺した理由は孫が爆弾を作ったり、爆弾予告をしたからということがわかる。殺したがあるいみ孫をかばうため殺害理由を黙っているという結論はちょっといい話が隠されていたんだなと感じました。

女性

凄くカッコイイなーと思ったのはやっぱりケイトの仕事っぷりです。
「祖父の間違った教育をし孫の命を奪った元警察官」の傍聴券を獲得したケイト。
小さいころから育てた孫を殺した祖父。無差別に殺した犯人。
ケイトと同様に「裁判を傍聴しても犯人の動悸が聞けない事」にモヤモヤした。
週刊誌のプライドは新聞やテレビで報道できない事を書く事。
強い使命感と貫く週刊誌としてのケイトのプライドはカッコ良かった。
また、恋愛の心の移り変わりは、鮮明だったなーと思ったのが、尾高が酔っぱらったケイトを自宅まで送ったシーン。
ケイトの弱い部分と尾高の優しい部分が一番よく表れていたなーって感じました。
一番ムカついたのが婚約破棄した野中が、告白された後輩にホイホイ釣られて付き合ってしまう事に見ててイライラしました。
来週、破局している事を願います。

男性

第5話の元警察署長が自分の孫を殺してしまった事件を見て去年あった実際の事件をネタにしているのかなと思いました。孫の名誉を守るために孫が爆弾を作って保育園を爆破しようとしていたことを言わなかった沖田はすごくつらいんだろうなと思いました。尾高が酔ったケイトを家まで送ってまだ納骨されていない骨壺を見てしまったシーンが個人的にすごい好きでした。そのあとのケイトが抱き着くシーンもケイトはお母さんを亡くして本当はすごく寂しかったんだなと思いました。
知らなくていいコト 第4話の感想

知らなくていいコト 第4話の感想

女性

編集長が、名誉毀損で訴えられかねないからとケイト達を一旦黒川班を呼び戻すも、鮫島班が新たな証拠を掴み、GOサインを出す、という、編集長ならではの判断だったと思います。
全ての証拠が固まらない限りは踏み込まない、という大人の余裕を感じました。今までもケイトの悩みを聴いたり、打開策を教えてくれたりと、多少部下の扱いは荒いながらも、ちゃんと部下を見て、守ってるんだなと思うと、さすが編集長だと思ってしまいました。

男性

乃十阿を見に行ったり、春樹と職場で激しめに言い合いしたり、尾高と別れた後悔を感じたり、今回のケイトは激しく揺れていたようでした。それもこれも乃十阿に会いに行ってからなのかな?と思ってしまいました。
でも取材の勘は相変わらず冴えてました。まるで刑事もののような張り込み方と連携プレーは鮮やかでした。大スクープの詰め方も刑事ものさながらでとても気持ちよかったです。連載班の春樹が馬鹿らしいと言ってましたが、個人的には自業自得だとおもむてしまいました。春樹への印象がどんどん悪くなってしまうのはなぜなのか分かりませんが、ケイトがバリバリ仕事をして見返してやればいいと思う今日この頃です。そして恋の展開はどこかにあるんでしょうか。
知らなくていいコト 第3話の感想

知らなくていいコト 第3話の感想

女性

今回は世界的天才ダンサーのタツミーヌのスキャンダルについてでした。都合よく切り取られた動画が世間に拡散されましたが、実際には前後がある、というものでした。今の社会にも同じようなことが多々あるので、気をつけたいなと思ってしまう話でした。結果、今回も特集は成功し、クリスマスパーティーも盛大でした。そして乃十阿を訪ねに行ったケイトは、どんな気持ちで再会したのでしょうか。あとは、春樹と尾高の会話もありましたね。春樹が毎回ダメさが滲み出ている気がして、今回はさらに尾高の「お前最低だな」という追い打ちがあり、少しすっとしました。次回からもケイトの仕事っぷりを見守りながら、幸せになればいいな、と願っています。

男性

やっぱり尾高はとてもいい男ですね。野中に最低だと言ってくれてすごくスッキリしました。野中はなぜあんなにケイトを拒絶するのでしょうか、露骨すぎてだんだんイライラしてきました。最初はケイトが殺人犯の娘でも結婚してもいいと言っていたくせにマジで腹が立ちます。
今回の話でタツミーヌはとてもダンスを愛しているんだと感じました。老人たちにあんなにダンスのことを否定されたら誰だってカチンとくると思います。でも姥捨山だとか言うのはちょっとまずかったのではないでしょうか。最後のシーンでケイトがネットで乃十阿の居場所を見つけて会いに言ってしまう場面はとてもドキドキしました。でも乃十阿はケイトのことを知らないですよね。なのになんで見つめ合っていたのか少し謎でした。

女性

ケイトの元カレ尾高との付き合うきっかけがなんだか素敵でした。ケイトって恋愛上手、キスがしたいなんて発言そうそう出来ないですよね。付き合ってもいない相手に。他のドラマだと三枚目や脇役のも多い彼もこの尾高という役はなんだかカッコ良く見えて仕方ない。この役者さんって結構雰囲気俳優だったんだなと再認識しました。それにひきかえイケメンのジャニーズ俳優さんは、尾高にお前最低だなと言われても仕方ない性格。結婚まで考えた相手に対して、酷い態度だと思います。まあ、親が殺人犯かもってなると急に冷める人もいるかと思うけど、なんともダサイですね。今回のタツミーヌの様なことは、今のネット社会では本当に怖いなと感じました。切り抜かれた映像で1人の人間の生活が激減してしまう世の中。ちゃんと理解しようとケイトが頑張ってくれて良かったと思います。それにしても素晴らしいダンスに感動しました。

男性

ちょっと息切れ⁉という印象を強く受けました。1話、2話とどちらかというと派手なストーリーがあったのですが•••もうネタ切れ⁉という感じでした。かなり残念で仕方ありません。ムカツイたシーンは、ケイト(吉高由里子)が春樹(重岡大毅)に頼みごとをするシーンです。何かめちゃめちゃ横柄な頼み方だったし、頼まれたら直ぐ動くのが当たり前みたいな感じは何か頂けませんでした。そして、取材終わってしばらくの間“ありがとう”さえも何も言わず、夜にパーティーの会場で軽~く“ありがとう”だなんて、春樹が可哀想でした。周囲のみんなのおかげで今回の人気ダンサー・タツミーヌの一部が切り取られて、相手の都合良いところだけを公にされたという取材が出来たのに•••、何か嫌な感じになりました。今回一番残念だったのは、“知らなくていいこと”の新ネタが無かった事です。次回はまた第1話や2話のようにしっかりしたストーリーに戻って欲しいです。
知らなくていいコト 第2話の感想

知らなくていいコト 第2話の感想

女性

ケイトが書いた記事が大盛況だったので本当に良かったと感じました。
ケイトと付き合っていた尾高に昔プロポーズをされていたとしてすごく驚きました。
ケイトはなぜ、結婚しなかったのか不思議に思っていたら、昔ケイトは、結婚する気のない女性だったと分かり、今とは全く違う心境でびっくりしました。
ケイトは、尾高と結婚していればよかったと後悔していたのでその姿がすごく切なかったです。
ケイトが、泣いている姿を見て尾高がタオルを差し出してくれたので、本当に優しい人だと思いました。
ケイトは、今はすごく結婚したいと思っている人なので、尾高が結婚していなかったらよかったのにと感じてしまいました。
ケイトの父親である、乃十阿は、犯罪者ではない可能性も出てきたので、ケイトが真相を掴んでくれることを期待しています。

男性

尾高がケイトのことをどう思っているのか気になりました。
あんなにケイトのことを好きだったのに、なぜ他の女性と結婚してしまったのだろうと 思いました。
尾高は本当にいい人なので結婚していて欲しくないと願ってしまいます。
犯罪者の娘と知っていながらケイトにプロポーズしていたので、本当に素敵な人だと感じました。
ケイトは、当時はその言葉の意味を理解せずに、プロポーズを流してしまったので、とても切ない気持ちになりました。
ケイトともう一度やり直して欲しいので、尾高は、実は結婚していなかったという展開を期待しています。
知らなくていいコト 第1話の感想

知らなくていいコト 第1話の感想

女性

知らなくていいコト第1話拝見しました。
お仕事ヒューマンドラマということで吉高由里子さんの前作の『わたし、定時で帰ります』に雰囲気似ているのかなという疑念を抱きつつ、朝から日テレジャックをされていて楽しみにしていました。
結論から言うと前作『わた定』とは違いシリアスな感じがまた楽しかったです。
仕事ができる役、今彼と元彼が近くにいる環境というのは共通していたけれど、自分の出自がショッキングな事実でこれからどんな真実が判明するのか楽しみです。
また個人的には今彼の野中くん、もうちょいがんばろうよと思ってしまいました!
後の方に彼との結末を描く時間がないのかもしれませんが、彼を使っておいてあのあっさり引き下がるのは少しもったいないかなと思いました。

男性

このドラマで1番気になった役は佐々木蔵之介さん演じる編集長の岩谷進さんです。
なんだかただのケイトを優しく見守り鼓舞しつつバックアップするという役にしては佐々木蔵之介さんはビッグすぎるのではないかなと思うのでなにかこれからケイトに深く関わってくるのかなと思ったりしています。
実はケイトのお父さんとか…。
そうでなければ何らかの重要な秘密を握っているとか…。
ケイトのことを可愛がっているように見えるし、スキルも買ってくれているいい上司なのかなとは思うんですがそれだけではないような気がします。

 

▼今すぐ「知らなくていいコト」を視聴したい方はこちら▼

 

huluは、2週間以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。
※本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です