麒麟がくるあらすじネタバレ【5話】と感想!麒麟がくるの動画を無料で見る方法は?

【大河ドラマ】麒麟がくる再放送

【日曜日】

【総合】夜8時
【BSプレミアム】午後6時
【BS4K】午前9時

 

【再放送】

土曜日【総合】午後1時5分
日曜日【BS4K】午前8時

【大河ドラマ】麒麟がくる見逃し動画視聴方法

大河ドラマ「麒麟がくる」は、動画配信サービスU-NEXT(NHKオンデマンド)で視聴できます。

MEMO

①下記のリンク先から、U-NEXTのNHKオンデマンドに登録
②1000Pもらう
③990Pでまるごと見放題パックを選ぶ
『麒麟がくる』と検索して動画視聴!!
⑤NHK動画、他の見放題コンテンツ(ドラマ、映画、雑誌)も31日間無料視聴可能!!

この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

▼無料で「麒麟がくる」を視聴したい方はこちら

 

U-NEXTは、1ヶ月以内に解約すれば無料で視聴できます。違約金もありません。

U-NEXTのおすすめ
・見放題動画 130,000 本、動画レンタル 20,000 本を配信!!一部(レンタル対象商品など)課金作品があり
・ビデオ見放題サービス1,990 円を31 日間無料でお試し可能
・1000円分のU-NEXTポイントを貰える
・ポイントでレンタル動画や電子書籍がレンタルできる!!
大人の動画が15,000本以上見放題♡
※本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

U-NEXTラインナップ<おすすめ番組一覧はこちら>

U-NEXTは、とにかく見放題作品が130,000 本もあるので、無料期間中に他の好きな作品をお試しで無料で視聴できるというのが魅力的ですね。

麒麟がくる5話の新たなキャスト出演者・登場人物

眞島秀和:

光秀が鉄砲鍛冶の伊平次を探して、京の本能寺で対峙する将軍奉公衆の細川藤孝。三淵藤英と同僚の役柄として登場します。

向井理:

将軍の足利義輝をさんが演じます。

麒麟が来るあらすじネタバレ内容5話

▼4話のネタバレはこちら▼

【第4話】麒麟がくるあらすじネタバレあらすじと感想!大河ドラマ麒麟がくる見逃し動画はあるの?

光秀に手ほどきを受けて鉄砲の引き金を引いた斎藤道三は、その威力に驚きの声をあげます。そんな道三に光秀は、鉄砲を撃つまでには時間がかかるため、戦の道具として疑問があるとし、将軍家が多くの鉄砲を集めようとしている事に疑問を投げかけます。
光秀は鉄砲を分解して内部の構造を調べようと、家臣の藤田伝吾に鉄砲鍛冶を知らないかと話します。伝吾は、鉄砲を知りたいと国友村に向かった伊平次という鍛冶職人の話をします。その話を聞いた光秀は、早速国友村の伊平次に会いに出かけます。
そんな時、駒が菊丸を連れて光秀のもとを訪れますが、国友村へ出かけた光秀とは会えず、拗ねながら美濃を後にします。
国友村へ行った光秀は、紹介状を携えて鉄砲の詳細を教えて欲しいと願いでますが、伊平次の所在や詳細は将軍家から他言するなといわれているとし、聞き出すことができません。そこで、光秀は内情を知る鉄砲鍛冶のうちの一人を買収して、伊平次が本能寺にいることを聞き出します。
伊平次が本能寺にいると知った光秀は、道三に京で鉄砲を調べたいと申し出ます。
試し撃ちの際、鉄砲の詳細を調べるように言い出した道三は、しぶしぶ光秀の京行きを許し、旅の費用を渡します。
京に入った光秀は、将軍・足利義輝の護衛として本能寺にやってきていた将軍奉公衆の細川藤孝と対峙し、敵意を剥き出しにする細川と刀を抜き合います。小競り合いが続く中、三淵が現れ細川を制します。三淵と再会した光秀は、鉄砲鍛冶の伊平次を探している事を告げると、三淵は将軍家も伊平次を探しているが居場所をつかめていないと話します。
その後、三淵は光秀を連れて、松永久永の元を訪れます。久永と話す三淵は、将軍家が鉄砲を集めているのは京で戦を行うためではないと言い、久永は光秀に鉄砲を持っている事で相手を牽制でき、戦を減らすことができると語ります。
鉄砲鍛冶の伊平次の居場所を知る松永久永は、光秀を連れて遊郭に向かいます。遊女と戯れる伊平次と対面した久永は、鉄砲を作って欲しいと懇願しますが、伊平次は面倒に巻き込まれたくないと断ります。
松永久永の後に部屋へ入り伊平次を見た光秀は、幼少の頃近所で瓜泥棒をして川に落ちた伊平次である事に気づきます。伊平次も幼少の頃に助けられた光秀であることがわかると、松永の存在を忘れたように、光秀が持参した鉄砲の分解を請け負います。
伊平次の後を歩く光秀の姿に、駒は気付きますが、京のまちに明智様がいるはずがないという東庵の言葉に気のせいだと思い込みます。

麒麟がくる5話の感想

鉄砲の存在を知った光秀が、美濃の外の世界を知りたいと主君にあたる道三に直訴して京に向かっていた効果が、再度京へと向かい鉄砲鍛冶を探そうとする際にも現れていたように感じられました。伊平次に会った光秀が、幼少期に関わりがあった事を知った松永久永が、二人の由縁に運命があるといって、自分の鉄砲の生産依頼を引っ込めたのも、サムライの気概や縁を大切にした古き日本が感じられました。
また、鉄砲という新しい武器の活用を模索する光秀が、まずは自ら分解して内部構造を理解しようとし、そのために鉄砲鍛冶を探した展開は、現代にも通じる合理的な発想が見られ、驚きと同時に物事を知ろうとする姿勢に、時代の差はないように思えました。

▼6話のネタバレはこちら▼

麒麟がくる6話ネタバレあらすじと感想!明智光秀がかっこいい!駒が可愛い

麒麟がくる大河ドラマ5話の見どころ・評判

女性

鉄砲作りの技術を盗むとともに、何故そんなに幕府が鉄砲作りを推し進めているのか、その真意を掴むべく、明智光秀(長谷川博己)は鉄砲作りの職人、伊平次(玉置玲央)を捜しに再び京を訪れます。京では足利義輝(向井 理)の護衛でやってきた三淵(谷原章介)と再会をします。三淵の話では、将軍家も伊平次を探しているが行方不明のままで分からないということを聞かされます。その後、三淵に連れられて松永久秀の元へ向かい、伊平次の行方と鉄砲作りの真意を聞きます。

男性

光秀は道三に命じられて、鉄砲について調べてくるようにいわれ、近江の国友村に伊平治という刀鍛冶を訪ねて、鉄砲について調べに行った。しかし、伊平治はおらず京都の本能寺にいると言われて訪ねたが失踪したとのこと。そのことを松永久秀に聞きに行く。みんなが戦に鉄砲を使う為により多くの鉄砲を集めようと躍起になっている様子。その為に皆が伊平治を探しているようだ。それぞれの思惑が京都で交錯している。この頃から鉄砲が使われ、戦いの方法が変わるのだなと面白く感じる。

女性

今回の見どころは何といっても松永久秀と明智光秀との再会だと思います。第一話で出会った二人は意外に意気投合というか、久秀が光秀を気に入っていて世話をしているといった感じでした。それ以来出番のなかった松永久秀ですが、鉄砲をキーワードに再び再開を果たしました。しかも、きな臭い雰囲気がただよう京都で、いつ再び戦が起こるかわから状況の中です。今後の展開を暗示する大事な回だったのではないかと思います。また、京都にもどった駒ともニアミスをしており二人の今後の関係も気になるところです。

男性

第5話の見どころは鉄砲の作り方を知りたいために、明智が京へ伊平次という昔に美濃にいた職人を探すための旅をするところです。最初は近江へ行くけどすでにいなくなっていたこと、京の本能寺に再びやってくると、その途中で公方様やそこに仕えてる連中に出くわしたが、そこにも伊平次がいなかったこと、そして鉄砲の購入を支援した松永にもう一度会えたら、そこで伊平次の居所を突き止められるけど、そこから先はどうなるかがこの話の興味をそそられるところとなります。

女性

明智十兵衛は、鉄砲の更なる改良のため刀鍛冶である近江国友村にいる伊平次を探しに京に出向く。鉄砲作りの本場である本能寺にも行くが伊平次の姿はなかった。そこで出会った将軍家奉公衆の三渕藤英の計らいで松永久秀に再会する。松永久秀は伊平次の入魂の中とも見られすぐに伊平次を紹介される。伊平次は松永久秀の製作の依頼は断るが、十兵衛とは美濃の出身で偶然、十兵衛の幼馴染み、命の恩人であった事もあり、その鉄砲作りの指南役を快諾する。

男性

今回も主家の斎藤道三のミッションを果たす内容となる。そのミッションとは来るべき戦のために鉄砲の改良する、というもの。今回はまだ歴史上ではマイナーな存在と言える足利義輝、細川藤孝などの登場人物が大半を占める放送回となったため次回以降のフリと見た方が良さそうである。まだ織田信長、木下藤吉郎などメジャーどころの登場まで時間があるためそれまでどう視聴率を維持していくかは今後の課題と言える。今までの大河ドラマでは立身出世や合戦シーン、信長などのメジャーどころを誰がどう演じるかが注目の的となっていたため当面は明智十兵衛の奮起に期待するしかないと思う。

 

▼麒麟がくる1話からフルであらすじをみる▼

大河ドラマ「麒麟がくる」の動画を無料視聴する方法~再放送・見逃し配信動画~きりんがくる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です