浦安鉄筋家族 キャラクター 実写の評判は?仁ママ・春巻・国会議員は誰が演じる?

超人気漫画『浦安鉄筋家族』。

実写版のドラマが放送されていますが、ドハマりする超個性的サブキャラクターの

実写版は誰が演じているのでしょうか?みんなの評判は?

調べてみました。

ドラマ「浦安鉄筋家族」とは

浜岡賢次さんによる日本中で爆笑を生んだマンガ『浦安鉄筋家族』は、ギャグマンガとして”週刊少年チャンピオン”で1993年から現在に至るまで連載されています。

超強烈な個性を持つキャラクター達による、コミカルに描かれたマンガで、日本以外にも輸出され海外でも人気があります。

略称は『浦鉄』。
千葉県浦安市を舞台に、個性的すぎる登場人物はいずれもトリッキーな言動・行動の連続!

原作で描かれる擬音、効果音、下ネタ、奇声は一体どのように実写版で再現されるのかを照らし合わせて見るのも、ファンとしては楽しみですね!

メインキャストだけではなく、サブキャラクターも個性派ぞろいの『浦鉄』。実写化された事で気になるのはもちろん、強烈キャラを誰がどう演じるのか!
それこそがこのドラマの最大の見どころではないでしょうか!

浦安鉄筋家族 キャラクター 実写版 大沢木大鉄

ヘビースモーカーの父親役“大沢木大鉄(おおさわぎ だいてつ)は佐藤次郎さんが演じています。
原作マンガでは痩せた感じのキャラクターなので、佐藤次郎さんとはちょっと違うかな?と思いましたが、実際は個性派俳優である佐藤次郎さんが適役だなと思っています。ドラマでの喋り口調もだいぶ個性的に仕上がっています!

浦安鉄筋家族 キャラクター 実写版 大沢木順子

お母さん役の“大沢木順子”の配役は水野美紀さんです。
原作からのイメージとかけ離れますが、実写版では天真爛漫な順子のたまに出る暴走が、うまく再現されているのではないでしょうか?

浦安鉄筋家族 キャラクター 実写版 花丸木

“大沢木 桜”の彼氏役の「らむ~」が口癖の“花丸木”役には染谷将太さんが起用されています。基本イケメンだと思うので、原作とのギャップに注目ですね!
原作では、“肌の抵抗が少なく、服が脱げやすい”とあります。
ドラマでも服が脱げやすい変態役なので、撮影にも工夫しないといけないですねぇ~…。

浦安鉄筋家族 キャラクター 実写版 春巻龍

奇行変態行動炸裂の春巻先生こと“春巻竜”(はるまきりゅう)はなんとイケメン大東駿介さんが演じています。
様々なドラマや映画に出演経験のある大東駿介さんですが、『浦鉄』を見るまでは、「なんで大東さんが?」と思っていました。
ですが、原作のイメージそのまま演じておられて、最低教師役を見事に高い再現度で演じきっています。
この役柄はおもしろい体の動きをするので、個人的にはものすごくハマります。

浦安鉄筋家族 キャラクター 実写版 仁ママ

とにかく見た目のインパクト大のキャラクターが仁ママ!
仁ママの再現度が半端ありません。すごすぎます(笑)
演じたのは、宍戸美和公さん。大人計画の女優さんのようですね。
もはや、宍戸美和公さんの原型がないとか!

浦安鉄筋家族 キャラクター 実写版 国会議員

“国会議員”役には一体誰が!?
う〇こネタが多い国会議員役はどのように再現するのか!
実写版では今後注目されるところです!
個性派だらけの中で特に独特なこの役は大変難しいと思います。
ツイッターでは猪木さんの起用を熱望する声が多数のようですね!

浦安鉄筋家族 キャラクター 実写版 まとめ

原作での絶妙な効果音や奇行がどのように再現されるか、ファンにとっては楽しみの材料ですね!

ドラマでは、色合いがレトロな感じで仕上がっており、どこか懐かしい感じの映像で作られています。

1人でも家族でも楽しめる『浦安』!これからも目が離せません!

私は息子と大いに楽しんでいます!

今からでも見逃し配信が可能です。まだ見てない方はチェック!

ドハマりすることまちがいなしです笑。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です