ペンション恋は桃色の動画を無料視聴する方法~再放送・見逃し配信動画~

ドラマ『ペンション恋は桃色』まとめ

ペンション恋は桃色とは?

フジテレビのテレビドラマです。2020年1月放送の5週連続ドラマ。

ちょっと寂れたペンション【恋は桃色】を営む、テキトー中年男・シロウ役にリリー・フランキー。そしてシロウの元にひょんなことから居着くようになったワケあり青年・ヨシオを斎藤工が演じる。シロウの娘で、足の不自由なハル役に伊藤沙莉。さらに、シロウの父で施設に入っているキヨシには、細野晴臣が決定した。リリーと斎藤を中心に、映画が完成してもおかしくない豪華キャストで描かれる『ペンション・恋は桃色』。ほれっぽくてちょっとスケベなシロウの恋の行方は?そして【恋は桃色】での生活を通してヨシオはどう変わっていくのか?
公式HPより)

ペンション恋は桃色 主演・出演者・キャスト

リリー・フランキー主演 シロウ役

テキトー中年男

斎藤工主演 ヨシオ役

ワケあり青年

伊藤沙莉 ハル役

シロウの娘。足が不自由。

筧美和子

キャストをもっと読む

SWAY

三倉茉奈

つぶやきシロー

大水洋介(ラバーガール)

JOY

石田たくみ(カミナリ)

安藤ニコ

白石和彌

細野晴臣

ペンション恋は桃色主題歌

「恋は桃色」細野晴臣

ペンション恋は桃色Twitter

公式Twitter

ペンション恋は桃色の見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ「ペンション恋は桃色」は、FODプレミアムで視聴することが出来ます。
FODプレミアムは、1ヶ月無料のキャンペーン中です。

▼今すぐ「ペンション恋は桃色」を視聴したい方はこちら

 

FODプレミアムは、1ヶ月以内に解約すれば、完全無料で視聴できます。
違約金もありません。

FODプレミアムおすすめ
・月額料金『888円(税抜)』!!一部(レンタル対象商品など)課金作品があり
・現在放送中のフジテレビドラマをお好きなタイミングで見れる
・最大40,000本!過去の名作ドラマ、バラエティ、アニメ、 映画など大人気タイトルがいつでも楽しめる
・継続特典で最大1300円相当のポイントが貰える
・ポイントで新作の映画や電子書籍が買える
※本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

 

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
FOD  〇(フル視聴)
TVer  〇(最新話のみ)
U-NEXT  ✖
Paravi  ✖
Hulu  ✖
auビデオパス  ✖

ペンション恋は桃色次回の見どころ

ペンション恋は桃色第5話見どころ

東京の外れの外れ。やや寂れたペンション[恋は桃色]では、シロウ(リリー・フランキー)が女性客をいじって楽しんでいた。外でバイト先の先輩らと口論になっていたヨシオ(斎藤工)に“暇ならうちで働け”と声をかけ、ヨシオは住み込み生活をスタートさせる。シロウの娘・ハル(伊藤沙莉)は、足が不自由ながらもペンションの仕事をてきぱきとこなし、新規の客を増やそうとしない父にイライラ…。シロウは妻に逃げられた過去を持ち、施設にいるシロウの父・キヨシ(細野晴臣)はシロウの今後を思案している。ヨシオが加わり働き手が増えたペンション[恋は桃色]は、相変わらず、新規の客はあまり増えないのだが、人々の関わりに変化が。付き合えると思われたカズハ(筧美和子)に振られてしまったシロウ。だが、キヨシのはからいでマキ(三倉茉奈)とデートをすることに。良い雰囲気の時間を過ごせてシロウはまんざらでもない様子だったが、突然一本の電話がかかってきて…。

見どころをもっと読む

ペンション恋は桃色第4話見どころ

東京の外れの外れ。やや寂れたペンション[恋は桃色]では、シロウ(リリー・フランキー)が女性客をいじって楽しんでいた。外でバイト先の先輩らと口論になっていたヨシオ(斎藤工)に“暇ならうちで働け”と声をかけ、ヨシオは住み込み生活をスタートさせる。シロウの娘・ハル(伊藤沙莉)は、足が不自由ながらもペンションの仕事をてきぱきとこなし、新規の客を増やそうとしない父にイライラ…。シロウは妻に逃げられた過去を持ち、施設にいるシロウの父・キヨシ(細野晴臣)はシロウの今後を思案している。ヨシオが加わり働き手が増えたペンション[恋は桃色]は、相変わらず、新規の客はあまり増えないのだが、人々の関わりに変化が。付き合えると思われたカズハ(筧美和子)に振られてしまったシロウ。だが、キヨシのはからいでマキ(三倉茉奈)とデートをすることに。良い雰囲気の時間を過ごせてシロウはまんざらでもない様子だったが、突然一本の電話がかかってきて…。

ペンション恋は桃色第3話見どころ

東京の外れの外れ。やや寂れたペンション[恋は桃色]では、シロウ(リリー・フランキー)が女性客をいじって楽しんでいた。外でバイト先の先輩らと口論になっていたヨシオ(斎藤工)に“暇ならうちで働け”と声をかけ、ヨシオは住み込み生活をスタートさせる。シロウの娘・ハル(伊藤沙莉)は、足が不自由ながらもペンションの仕事をてきぱきとこなし、新規の客を増やそうとしない父にイライラ…。シロウは妻に逃げられた過去を持ち、施設にいるシロウの父・キヨシ(細野晴臣)はシロウの今後を思案している。ヨシオが加わり働き手が増えたペンション[恋は桃色]は、相変わらず、新規の客はあまり増えないのだが、人々の関わりに変化が。イケメンなのに、人付き合いが苦手で周りから煙たがられているヨシオは、最初、シロウのプライベートに関わりたくなかったが、次第に巻き込まれていく。ある日、若い女性が「シロウと付き合いたい」と言い出し、シロウも「若いし、胸は大きいし」とまんざらでもない様子。彼女の登場がきっかけで、ペンションの中はてんやわんやに…。

ペンション恋は桃色第2話見どころ

東京の外れの外れ。やや寂れたペンション[恋は桃色]では、シロウ(リリー・フランキー)が女性客をいじって楽しんでいた。外でバイト先の先輩らと口論になっていたヨシオ(斎藤工)に“暇ならうちで働け”と声をかけ、ヨシオは住み込み生活をスタートさせる。シロウの娘・ハル(伊藤沙莉)は、足が不自由ながらもペンションの仕事をてきぱきとこなし、新規の客を増やそうとしない父にイライラ…。シロウは妻に逃げられた過去を持ち、施設にいるシロウの父・キヨシ(細野晴臣)はシロウの今後を思案している。ヨシオが加わり働き手が増えたペンション[恋は桃色]は、相変わらず、新規の客はあまり増えないのだが、人々の関わりに変化が。イケメンなのに、人付き合いが苦手で周りから煙たがられているヨシオは、最初、シロウのプライベートに関わりたくなかったが、次第に巻き込まれていく。ある日、若い女性が「シロウと付き合いたい」と言い出し、シロウも「若いし、胸は大きいし」とまんざらでもない様子。彼女の登場がきっかけで、ペンションの中はてんやわんやに…。

ペンション恋は桃色のあらすじネタバレ内容

ペンション恋は桃色第4話のあらすじ

ペンション恋は桃色 第4話のあらすじネタバレ内容

父・キヨシの施設で知り合ったシロウとマキ。
マキはキヨシから、シロウとデートしたらと言われます。まんざらでもない様子のマキでした。
二人はデートすることになります。
いつもの飲み屋では、ヨシオは飲み仲間と飲んでいます。
シャンディーガフと飲むヨシオをからかう仲間たち。
不倫について話すヨシオに少し驚く友人でした。
ペンションに来たシロウとマキは、ペンションでお酒を飲みました。
彼氏がいるか聞くシロウに対し、マキは不倫をしていると告白します。
不倫に対して批判されることが多いマキは、シロウがそうではなかったので、新鮮な対応だと思ったようです。
シロウが妻が出て行ったことについて話すと、マキは、少しほっとしたように思えました。
外でたばこを吸いながら、シロウとマキは話の続きをします。
「不倫なんかやめろ」って言って」というマキに、シロウは「不倫なんかやめろ」と言いました。
マキは突然カラオケに行きたいと言いますが、シロウは終電がなくなると話します。
ペンションにカラオケがあるというシロウに、マキは「誘ってる?」と言い返します。
マキとシロウはキスをしました。
ハルとヨシオがペンションに戻ると、ダイニングにいたシロウとマキは「付き合うことになった」と報告しました。
ペンションでカラオケをしました。
マキの歌を聴きながら、マキについて話すヨシオ、ハル、シロウ。
ペンションに夫婦の客がやってきました。
夫婦との話に不倫を持ち出すマキですが、夫婦はお互い束縛したくないと答えます。
そうした会話に少しひっかかりを感じたようなシロウでした。
翌日、キヨシの施設へ行き、マキと付き合うことになったと報告します。
キヨシは喜んでくれました。
シロウはペンションへ戻ると、ハルに「俺が結婚したらどうする?」と聞きました。
ハルは少し間をおいてから「うれしい」と答えます。「うれしいに決まってんじゃん」と言います。
マキとどうなるかはわからないけれど、そうなったら、ヨシオがここに来た時のように、はじめはうまくかみ合わないだろうな、とシロウは言いました。

ペンション恋は桃色 第5の展開予想

キヨシが亡くなったことで、ペンション恋は桃色の相続問題やらのトラブルが出てくるのかな?と想像しています。
シロウはマキと真剣に付き合うことにしそうなので、ペンションをこれからシロウとマキで経営するから、と、ハルを追い出しそうで怖いです。
ヨシオのことを憎からず思っていそうなので、ハルとヨシオで何かを始めてみたりするのかもしれません。
ハル役の伊藤沙莉さんの演技が好きなので、彼女のシーンがもっと多くなるとうれしいです。

ペンション恋は桃色 第3話のあらすじネタバレ内容

ペンション恋は桃色 第3話のあらすじネタバレ内容

先に浮気していたのはこいつだと言われたカズハは逆上し、包丁を手にシロウに襲いかかります。
シロウが刺されそうになったとき、「真剣白刃取り」と外国人客が包丁を取り押さえました。
結局、マサトはカズハと仲直りして、カズハのしたことを謝罪しました。
みんなは白けたムードです。
シロウは「キヨシが死ぬまでは死ねない」とハルと話し、外へたばこを吸いに出ました。
シロウがキヨシを訪ね、手紙を渡しました。
ペンションでは、ヨシオとハルが雪かきをしました。
ヨシオは一人でやるから休んでいいとハルに言います。
雪かきは誰にでもできる仕事だ、特別自分にしかできない仕事ではないと話すと、ハルは「人に気を使われると疲れる、ヨシオは単純だから、何を考えているかわかりやすいから接しやすい。お父さんは本音を言わないから。ペンションをやめないのも、私に気を使っているんだ」と話しました。
そこへ、ヨシオを訪ねてだれかがやってきます。
それはヨシオの両親でした。会社の方に聞いてやってきたのです。
両親はヨシオに実家に帰るように言いますが、ヨシオは黙ったままでした。
父親はヨシオにやりたいことをやれているか、と尋ねるとヨシオは迷惑はかけないから、と伝えます。
父親は帰ってくるな、好きなようにやってみろ、社会に負けてこい、負けて動かなくなったら帰ってこい、そしたらこき使ってやる、と言い、
シロウに頭をさげて、かえって行きました。
ヨシオはシロウに謝りますが、シロウとハルは気にしていないと笑いました。
ヨシオの実家はランドセルの工場を経営しているのでした。
行きつけのバーでは、ヨシオはいつものメンバーで呑みました。
何歳まで行きたいかという話題で、年齢は飛距離だと話すヨシオでした。
ペンションに帰ると、客とスケベな話で盛り上がりました。
シロウは彼女がいると楽しいな、突然恋に落ちることがあると話すと、ヨシオは女性について熱く語り始めます。
ハルはその意見に反発し、シロウはヨシオはもてないでしょ、とぶったぎります。
ハルとシロウはヨシオのセックスは下手だろうと、ヨシオのセックスについて論じはじめました。
翌日、シロウとヨシオは、お客が雪の中テニスをしているのを見ながら、シロウはヨシオに、ハルを女性としてどう思うか聞きました。
ヨシオは小動物みたいでかわいいと答えます。
シロウがキヨシを訪ねると、施設の職員マキがキヨシを散歩へ連れていくことになり、シロウも同行することにしました。
三人でたばこを吸い談笑しました。マキに彼女がいるか聞かれたシロウは「一瞬だけいたけど、すぐフラれた」「娘が心配で」と話すシロウでした。
キヨシはマキに、「シロウとデートしてみないか」と言い、マキは迷っているようでした。

ペンション恋は桃色 第4の展開予想

やっと、マサトとカズハのお騒がせカップルの仲が、仲直りして、ペンションから出て行ったので、安心しました。
騒がしいシーンをたくさん見ると疲れるので、このカップルが退場してくれてほっとしました。
ハルとヨシオのシーンで、ハルがヨシオに好意を持っているような雰囲気があったので、これから二人の仲が進展してくれたらいいなと思います。
また、マキとシロウがデートをするのかどうかも気になります。
キヨシの見ていた手紙がたくさんあったので、何か思い出の品なのか、謎が残りました。

ペンション恋は桃色 第2話のあらすじネタバレ内容

ペンション恋は桃色 第2話のあらすじネタバレ内容

オーナーのシロウが突然、若い女の子カズハと付き合うことになりました。
カズハは、恋人の浮気が原因でペンション「恋は桃色」にやってきたのです。
その恋人、マサトは、カズハを連れ戻しにペンションにやってきました。
ヨシオは、シロウとカズハのラブラブぶりとマサトとのいざこざをスマホで撮影しつつ、自己紹介します。

カズハ、ヨシオ、ハルは、マサトの浮気を責め、カズハはマサトを追い出します。
ハルとヨシオはマサトの下の歯だけが金歯なのを笑います。
マサトを追い出した後、シロウ、カズハ、ヨシオ、ハルはダイニングでおしゃべりをしました。

外国人の客がやってきて、シロウとカズハが外で応対していると、元カレ・マサトが、シロウとカズハに「本当に付き合っているのか」と詰め寄ります。
シロウとカズハはラブラブぶりを見せつけます。
マサトはそれを見て「別に(付き合っても)構わない」と言うと、カズハはあてつけのように、シロウと結婚すると言い出し、マサトはあきらめて引き下がりました。
マサトは泣きながら飛び出し、車に轢かれてしまいました。救急車を呼ぼうと、外国人客がパニックになります.
マサトの下の金歯が取れて、道路に落ちていました。

マサトのケガは擦り傷だけでした。シロウが手当てをしながら、マサトと話をします。カズハが落ち込んでいることを告げると、マサトは出ていきました。
シロウも用事があるため、出がけに、ヨシオに今日のペンションの食事を頼み、カズハには「責任を感じることはない、落ち込むな」と伝えて出ていきました。
カズハは「なんで(マサトの事故のことで)私が怒られるの」と憤慨します。ヨシオも、マサトは自分の浮気を棚に上げているといい、マサトをこき下ろします。

シロウは老人ホームにいる父親キヨシのもとへ行きました。車いすのキヨシを押して散歩へでかけました。
ヨシオはペンションのお客さまの対応をすることになりました。
シロウとキヨシは川原の土手で休憩します。二人は止められているたばこを吸いながら、世間話をします。シロウはインスタグラムを始めたことを話したりしました。
シロウが帰宅すると、ペンションではヨシオが青椒肉絲を作っている途中でした。

まだ落ち込んでいるのかとカズハを気遣うシロウでしたが、カズハはまだ納得できていない様子でした。
ヨシオがペンションの夕食に固いピーマン多めの青椒肉絲を作ったら、その日宿泊するお客様は食べずに、外に食べに行ってしまいました。
帰宅したハルにそのことを伝えると、ヨシオは責められてしまいました。
ヨシオは少しキレ、ハルと言い合いになりますが、シロウにいさめられました。
お風呂に入ったハルとカズハは、「ヨシオ、むかつく。自分のメンツを立てることばかりだ」と話します。

行きつけのバーでは、ヨシオと飲み仲間が集まります。そこに、ヨシオが映画監督の白石を連れてきます。
監督がバーに来ていたので、声をかけたようです。ヨシオは監督に、飲み仲間をどんな風にキャスティングするかと話題を振りました。
逆にどんな役をやってみたいかと監督が聞くと、ヤクザという意見や、あまり出てこないキーマン、などと言いますが、監督は「全員がキーマン」だと話しました。
映画のことを饒舌に話すヨシオに対して、飲み仲間や監督も付き合って話に乗りますが、ヨシオがトイレで席を外すと、「やっぱりヨシオの話がよくわからない」と本音を話しました。監督も、ヨシオとは「もともと道ですれ違った関係」だと言い出すと、ヨシオの飲み仲間は驚きました。

ペンションに戻り、「久々にたくさんしゃべった」と今日のことをハル、シロウとともに話して、ダイニングでくつろいでいると、マサトとカズハが入ってきました。
マサトはシロウとカズハは付き合っていないのではないか、と問い詰め、スマホの画面を見せます。
それは、カズハがいろいろな複数の男性と密着している写真でした。
驚くペンションのみんなですが、マサトは「先に何回も浮気しているのはカズハで、浮気は女友だちに頼んだドッキリだった」と話します。
浮気のフリだと言うマサトと、ベッドに入っただけで浮気だと言うカズハ。言い合いになる二人にとまどうペンションの人々ですが、マサトの真剣な気持ちを聞いて、引き下がります。
マサトはカズハに「もう浮気をしないでほしい、幸せにするから」と言いますが、「どうして私ばかり責められるの」とカズハは泣きだし、ダイニングから出ていきました。

第2話をもっと詳しく

 

ペンション恋は桃色 第3の展開予想

今後の展開を予想すると、カズハは中華包丁を振り下ろしますが、誰にもあたらず、はっと我に返って、みんなに謝ります。
みんなも落ち着いて、夜も遅いしと就寝することになります。
翌朝、カズハはペンション恋は桃色から、突然姿を消してしまいます。
手紙には「探さないでください」と書いてありますが、マサトはカズハを探しに飛び出していきます。
シロウ、ハル、ヨシオは、「そのうち戻ってくるね」とのんきにペンションの一日を始めました。
そこに、新しいお客様がやってきます。

ペンション恋は桃色 第1話のあらすじネタバレ内容

ペンション恋は桃色 第1話のあらすじネタバレ内容

無気力な工事現場の誘導員のバイトをしていたヨシオという男はとても憂鬱そうだった。
一方、ペンションを経営しているシローとハルの親子は適当に生きていた。
ある日、シローはペンションの写真を撮りながら外に出て外観の写真なども撮っているとペンションの前でヨシオが先輩と揉めていた。
そして、口論の末にヨシオは仕事を辞めると言って働いた分の給料を要求すると、先輩はお札をヨシオの顔に投げつけてお前みたいのはどこ行ったって通用しないからなと言われてしまう。
呆然としているヨシオは自分のダサい姿をシローに見られたので話しかける。
シローは見てないと言い張ってヨシオをペンションの中に誘う。
その夜、ヨシオはペンションの客たちと一緒にお酒を飲んでさっきの一部始終をネタにされて爆笑されてしまう。
その後、終電で帰ると言い出したヨシオだったがシローが泊まっていきなと言うがお金がないと言い出したのでタダで泊めてあげるのだった。
翌日、ヨシオはペンションの手伝いをしているとシローがヨシオのことを色々と聞いてくる。
するとヨシオは縛られないで生きることが目標だと話すのだった。
その後、シローが外に出てみるとペンションの前に見知らぬ女が座っていた。
その女に話を聞くと彼氏と同棲していたが浮気されてしまって飛び出してきたと語る。
そして、女はシローの顔をジロジロと見て付き合うとかあると聞いてくるのだった。
シローはその頼みを引き受けて付き合うことにする。
ペンションに戻りヨシオとハルに紹介するととても驚かれる。
その後、ヨシオは友達とバーで酒を飲むことになる。
その友達にこの前、バイトをクビになったがすぐに新しい仕事が見つかったことを話す。
その働き場所はペンションだというと友達からラブホじゃないかとヤジられてしまう。
翌日、ペンションでみんなで朝食を食べているとそこに浮気された女の彼氏がやってきて女を連れて帰ろうとするが、女はシローともうできていると言い張ってキスをして彼氏に見せつけるのだった。

恋は桃色第2話予告動画内容

公園らしき場所でペンションのオーナーのシローが見知らぬ車椅子の老人の男性とタバコを吸いながら携帯で撮った自分のペンションの画像を見せて談笑していた。
その老人は誰なのかシローとはどういう関係なのか謎は深まるばかりです。

恋は桃色第2話見どころ

あのシローと一緒にいた車椅子の老人は誰だったのでしょうか。
すごく親しそうでしたのでかなり近しい人物でしょうね。
それとやはり気になるのは浮気された女の彼氏がこの先、どんような行動に出るのかとても楽しみです。
自分の予想では、その彼氏も一緒にペンションに住んで暮らし始める気がします。
でもその女はシローと付き合うと言っていたので二人がいちゃいちゃしている場面を見て彼氏は嫉妬するような気がします。
ヨシオの立ち位置もこの先どうなっていくのかすごく楽しみです。

ペンション恋は桃色の感想

ペンション恋は桃色第4話の感想

ペンション恋は桃色 第4話の感想

女性

マキとシロウが付き合うことになる展開が早すぎると思いました。
前回、カズハとの出会いから別れまでが速攻だったので、少しは自粛というか、警戒してお付き合いを始めたほうがよいだろうと思います。
そうしたなんとなく流れで、ノリで、という雰囲気のあるシロウという役ですが、簡単に付き合っちゃうんだと、少しがっかりしました。
マキも不倫をしているのに、シロウと付き合うとすぐに決めるあたりが、軽い女、自分がない女な印象を持ってしまいました。
ハル役の伊藤沙莉さんの演技が上手で、父親が突然知らない女性といることや、結婚の話を持ち出されたときの表情、祖父キヨシが急逝したときの表情が、言葉がなくても気持が感じられて、すごいなと思いました。

男性

マキが、前回に引き続いて、ペンション恋は桃色に嵐を巻き起こしそうだと思いましたが、まさか付き合ったその日にシロウと付き合うことになるとは!と驚きました。
施設職員なのに、たばこを吸うところや、ルールを守っていたら何もできないと言うところ、が薄っぺらい女性だという印象を持ちました。
演じている三倉茉奈さんがそんなに好きではないからかもしれませんが、こういう役が上手なのだと思います。
キヨシが突然亡くなり、今後もシロウとハルの生活をかき乱すのかなと心配です。
ペンション恋は桃色 第3話の感想

ペンション恋は桃色 第3話の感想

女性

カズハとマサトの痴話ケンカが解決したので、よかったと思いました。
カズハを演じている筧美和子さんが、うざったいくらい演技上手でした。
甘え上手で、自分のしたことは棚に上げて、周りを巻き込んで大騒ぎする女性がはまりすぎていて、見ていてイライラしていたので、今回で退場してくれてほっとしました。
ハルとシロウの距離がこのあと縮まっていくのかな、と少し期待していますが、ヨシオはハルのことをなんとも思っていないようなので残念です。
でも、ヨシオは結局、自分のことだけが大切な人間なのかな、と思いました。
バーでの会話のシーンでも、ちぐはぐでも全然周りに気を遣わないので、見ていると複雑な気持ちになります。
ハルはヨシオのことを、単純でわかりやすい人間だと話していましたが、実は本心をうまく隠しているように思えます。

男性

マキさん。最後にキヨシの施設の職員で、一緒に散歩をして、シロウと楽しく談笑する役柄ですが、演じているのが三倉茉奈さんです。
たばこを吸うシーンもあるのですが、普通に吸っていて、すごいと思いました。たばこを吸いなれていないとむせてしまうと思うからです。
また、シロウと彼女がいるかいないかの話をしている雰囲気も、キヨシがいるとはいえ、とてもいい雰囲気だったので、今後、シロウと仲良くなっていくのかな、と感じました。
ペンション恋は桃色 第2話の感想

ペンション恋は桃色 第2話の感想

女性

筧美和子さん演じるカズハが、とにかくうっとおしく感じます。
若い女の子ならではの、男の人に媚びる演技が上手すぎて、筧美和子さん自身を嫌いになりそうです。
それだけ、演技が自然でうまいのだと感心してしまいます。
一方で、主演のヨシオ役の斎藤工さんも、自然体の演技なのか、話し方がぼそぼそした話し方で、聞き取りづらいことがあります。
スタイルがよいのに、服装もラフで、いかにもフリーターな恰好が似合うな、と思いました。
ただ、私もヨシオの話は起承転結がなく、どこがオチなんだろうと思う会話シーンが多いので、ちょっと残念です。
でも、特に大きなトラブルやミステリーなどがなく、ただ、ペンションでの日常をのぞき見しているような気持ちで見られるので、好きなドラマです。

男性

マサト役のSWAYさんです。劇団EXILEだと知りませんでしたが、調べてみて、劇団EXILEの方だと知り、納得しました。
EXILEっぽい見た目ですし、役柄もヤンキーな男という雰囲気に見えて、役にあっているとおもいます。
マサトは、カズハという恋人に浮気現場を目撃されて、カズハに振り回される役ですが、ただのチャラい男という印象ではなく、どこか真面目な雰囲気がある感じも、とても上手に演じていると思いました。
ペンション恋は桃色 第1話の感想

ペンション恋は桃色 第1話の感想

女性

すごくゆったりとした空気が流れていて癒されるドラマです。
ペンションがテーマのドラマなんてすごく新鮮でこの先の展開がすごく楽しみになりました。
ヨシオのキャラはとても暗い感じなんですがシローとハルと絡んでいるときはとても明るい感じで面白いです。
シローの適当さがとても羨ましく感じました。
あの感じがペンションのオーナーという立場にすごくマッチしていて最高です。
途中に出てきたヨシオの友達たちも個性派ぞろいでそれぞれが魅力的に見えました。
その後、浮気された女の彼氏が乗り込んでくる展開はこの先をとても面白くさせてくれそうでワクワクしました。
きっとその彼氏もペンションに居つくと思います。
そして、全員を巻き込んで色々と問題が起こりそうです。

男性

シローの適当なキャラクターは絶対にドラマで活きるキャラです。
ハルが対照的にしっかりしているので余計にシローの適当さが目立っていました。
そしてなんといってもヨシオとの相性が抜群に良かったです。
ヨシオとシローが話しているだけでずっと聞いてられます。
それぐらいなんだか心地の良い会話のテンポでした。
ヨシオはシローのことをどう思っているのかもすごく気になります。
シローはあの若い女と本当に付き合っていくのかもすごく気になり楽しみです。

 

▼今すぐ「ペンション恋は桃色」を視聴したい方はこちら

 

FODプレミアムは、1ヶ月以内に解約すれば、完全無料で視聴できます。
違約金もありません。
※本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です