絶対零度最終回11話の動画視聴【ドラマ】ミハン最終話11話あらすじネタバレと感想!絶対零度シーズン4

絶対零度シーズン4の見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ「絶対零度2020シーズン4~未然犯罪潜入捜査~」は、FODプレミアムで視聴することが出来ます。
FODプレミアムは、1ヶ月無料のキャンペーン中です。

▼今すぐ「絶対零度2020シーズン4」をフルで視聴したい方はこちら

 

FODプレミアムは、1ヶ月以内に解約すれば、完全無料で視聴できます。
違約金もありません。

FODプレミアムおすすめ
・月額料金『888円(税抜)』!!一部(レンタル対象商品など)課金作品があり
・現在放送中のフジテレビドラマをお好きなタイミングで見れる
・最大40,000本!過去の名作ドラマ、バラエティ、アニメ、 映画など大人気タイトルがいつでも楽しめる
・継続特典で最大1300円相当のポイントが貰える
・ポイントで新作の映画や電子書籍が買える
※本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
FOD  〇(フル視聴)
TVer  〇(最新話のみ)
U-NEXT  ✖
Paravi  ✖
Hulu  ✖
auビデオパス  ✖

ミハン最終回11話あらすじネタバレ

香坂(水野美紀)の死んだはずの弟が篠田(高杉真宙)だった。その事を知った加賀美(柄本明)が危険人物としてミハンシステムに検知された。そこへ駆けつけた井沢(沢村一樹)と吉岡(森永悠希)だが、加賀美がやってきた時、既に篠田はベッドにいなかったという。

翌日早川(マギー)から、水島は顔を変えて篠田として生きていたと山内(横山裕)に告げる。諏訪(松尾諭)の死体を調べたところ、篠田は撃たれながらも諏訪を殺して逃げたと知らされた。そして、小田切(本田翼)の骨伝導腕時計から高性能な盗聴器が見つかったことも知らされた。
後日、小田切は依願退職を申出た。だが山内と吉岡に止められる。警察官失格だという小田切に、そう思うなら最後まで篠田を追えと山内に告げられる。
一方、宇佐美(奥野瑛太)の元を訪れた井沢は、香坂がここに訪れた理由は、弟が生きているか確かめるためだったのかと告げる。宇佐美は同じ施設にいた水島をいじめていたが、自分を救ってくれたと言う。井沢の妻子を殺害したのは水島か尋ねると、水島はそこで一線を超えたと言う。
そんな時、篠田がミハンデータに危険人物として検知された。篠田はあえてカメラを見ていた。里谷(高岩成二)の運転する車へ向かった篠田を見て、里谷が加担している事が分かった。そして小宮山も経理部へと動いた。そんな小宮山の前に現れた井沢。篠田か何かか連絡があったか、という井沢に小宮山は「メッセージを預かった」という。未完成の夢がある、完成させるのに井沢が必要だ、というメッセージだった。篠田はミハンのために動いている。だとすれば、ミハンの法制化を実現させる為、南雲総理の傍に爆弾がある、と考えた井沢。病院では益子(近江谷太朗)医師が南雲の手術真っ最中だった。避難を勧めるも、益子からはあと3時間は動けないと告げられ、井沢達は総出で院内の爆弾を探していた。加賀美からは病院に今朝入った架空の清掃業者が怪しいと告げられた。そんな時、山内は配電盤の中に爆弾を見つける。爆弾処理班からは解除に3時間かかるとの見解。だが起爆装置は篠田が持っている。篠田はどこにいるのか…井沢は今までの篠田との事を思い返す。未完成の夢を完成させる…始まりの場所で篠田は全て終わらせるつもりだ、という井沢。その言葉を聞き、ふと加賀美はミハンシステムの前から立ち上がった。一度振り返り、ミハンルームをあとにする加賀美。益子が避難へ向かえとスタッフを誘導する中、警察を信じるという真田(猪征大)はその場に残った。
篠田の元へ向かう中、香坂は井沢に篠田を会わせない為にひとりで行ったんだという山内。そんな時、吉岡の運転するトラックが急停止した。不審に思った井沢達が外に出ると、そこには里谷達が待ち受けていた。篠田の元へは行かせないという里谷。なんとか他を片付けた山内が井沢を先へ急がせた。

香坂と篠田の父が無差別殺人を起こした映画館に辿り着いた井沢は、ひとり映画を見る篠田を見つける。近付いたら起爆装置を押すと篠田は言うと、あなただけは僕を否定できないと告げる。香坂をなぜ殺したか尋ねた井沢に、本当の絶望を知らないから香坂には希望が描けない、と篠田は告げた。
一方、里谷達に押される山内と吉岡だが、小田切がようやく助けにきた。三人がかりでようやく里谷を取り押さえ、曽根崎(浜田学)が関わっている事を吐かせる事に成功した。
映画館では篠田が「聞きたいことがあるんだろ」と井沢に告げる。井沢に送られたナイフはプレゼントだと言う。宇佐美が井沢の妻殺害の命令を受けた事を小宮山に聞き、宇佐美よりも先に井沢の家を尋ねたが、テストケースの失敗を口止めする事は出来ないと言った井沢の妻と子を自分が殺した、と篠田は言う。更に娘が残した言葉を告げる。
「助けて、助けて、父さん」
拳銃を向ける井沢に「撃て!復讐も爆破も止められる」と篠田が言う。そこへ駆けつけた山内達。井沢は今までの事を思い返しつつ、一線を超えないよう雄叫びを上げる。篠田の頭に銃口を向けた井沢は引き金を引いた。だが、拳銃は天井を向いていた。なぜ今更システムが篠田を検知したのか、なぜ篠田は思ってもない事を告げて井沢に発砲させようとしたのか。それは篠田が爆破させる気がないからだ、と告げる井沢。井沢が篠田を撃ったとしても、井沢は正当防衛となり捕まることはない。それを読んで行動した篠田を見て「君は僕だ」と井沢は告げる。
だから君を許すという井沢に、篠田はその場に倒れ込み、自分は罰を受ける必要があるから殺していいんだと井沢に懇願する篠田の腹部には血が滲んでいた。もう終わっていいんだと言い篠田を抱きしめる加賀美の腕の中で、篠田は息を引き取った。

ミハンルームで項垂れる小田切の元にやってきた山内は、篠田の上着に入っていたという物を持ってきて去っていった。とある広告の裏に、篠田がしたためた手紙が入っていた。そこには小田切を騙した事の謝罪と、小田切に近づいた目的を忘れそうになった事、小田切への気持ちが偽りではなかった事が書かれていた。泣き崩れる小田切と、外では山内がただ佇んでいた。
取調室では北見に加賀美が篠田の死を告げる。
南雲総理の手術は成功し、里谷の供述から曽根崎は逮捕された。門田(粗品)は最後の仕事として曽根崎に手錠をかけた。「再就職なら面倒見るぞ」という早川に「うるせー」と告げる門田。
井沢は香坂に花を手向け帰宅する。そこへやってきた山内達はミハンの再始動が決まったと告げ、無理矢理井沢の家に全員で乗り込む。鍋を囲みつつ、南雲総理がミハンに前向きな発言をしていたことを知らされる井沢。
山内は仏壇は無いのかと井沢に尋ねる。受け入れたくないのかな、という井沢に「そろそろ解放してもいいんじゃないですか?」という山内。

再始動の日、遺影替わりの写真に挨拶をして家を出る井沢の姿があった。

ミハン11話の感想 絶対零度2020ドラマ

ようやくすっきりしました。正義感が強すぎるあまり、井沢の妻を手にかけてしまった篠田。井沢の言う通り、篠田と井沢は表裏一体のようでした。同じ目的のために動いているのに、何かのつまずきから道をはずれてしまう。その後、一線を超えるか超えないかで井沢にもなるし、篠田にもなる。という深い話でした。
最後に、小田切への気持ちが嘘ではなく、夢を見てもいいかもしれないと思わせてくれた気持ちがあった、と分かってよかったです。
亡くなったあとでは遅いのですが…小田切には幸せになってもらいたいですね。
終わったと思いましたが、来週は早速アナザーストーリーです。ミハン法制化から一年後。狙われるのは井沢?
来週も楽しみですね。

 

 

▼「絶対零度」をもっと詳しく(全あらすじを見る)▼

絶対零度2020の動画を無料視聴する方法~再放送・見逃し配信動画~シーズン4ミハン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です