【ドラマ】アライブ10話動画を無料視聴!あらすじネタバレと考察

ドラマ『アライブ』の見逃し動画・再放送を無料視聴する方法

※以下はネタバレが含まれます。
ドラマ「アライブ」は、FODプレミアムで視聴することが出来ます。

FODプレミアムは、1ヶ月無料のキャンペーン中です。

▼今すぐ「アライブ」を視聴したい方はこちら

 

FODプレミアムは、1ヶ月以内に解約すれば、完全無料で視聴できます。
違約金もありません。

FODプレミアムおすすめ
・月額料金『888円(税抜)』!!一部(レンタル対象商品など)課金作品があり
・現在放送中のフジテレビドラマをお好きなタイミングで見れる
・最大40,000本!過去の名作ドラマ、バラエティ、アニメ、 映画など大人気タイトルがいつでも楽しめる
・継続特典で最大1300円相当のポイントが貰える
・ポイントで新作の映画や電子書籍が買える
※本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

 

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
FOD  〇(フル視聴)
TVer  〇(最新話のみ)
U-NEXT  ✖
Paravi  ✖
Hulu  ✖
auビデオパス  ✖
前回のあらすじ

アライブ10話あらすじネタバレ内容

心と薫が担当するすい臓がんの患者、佐伯芳雄は心や薫のいる横浜みなと総合病院で手術を受けたいと思っています。
しかし弟の隼人は「兄をすい臓がんの手術では実績の多い、有馬総合病院に転院させたい」と言います。
隼人の想いが強いため、心と薫はその意向に従いました。
研修医の夏樹奈海(岡崎紗枝)が「うちの病院って実績が少ないのですか?」と聞くと、心は「すい臓がんは見つかったときには手術が難しいことが多いからね。実績は多くはない」と答えました。
実は、すい臓がんはサイレントキラーと言われているように、発見が難しいのです。胃の裏側にあるので、超音波エコーでは写りにくく、発見されたときには手術もできない状態での発見が多い、と言うのが実情です。
医局では、あと少しで研修期間が終わる結城と夏樹や、腫瘍内科に残ってほしいと願う阿久津がいました。阿久津は、腫瘍内科をもっと強化したいと考えているのです。そのためには人員が必要です。
そんな阿久津から、心はある話を持ち掛けられました。
それは、国立がん医療センターから心に来てほしいと声がかかっているという話です。「もっと上を目指してほしい」阿久津は心にそう言いました。
そんなある日、薫がハイヒールのかかとをコツコツ言わせながら歩いている女性と共に腫瘍内科に入ってきます。いったいこの女性は誰なのでしょうか・・・?
その女性は、有馬総合病院の理事の結城美紀子(とよた真帆)だと名乗りました。
佐伯の弟の隼人に対して、病院としては他の患者さんを差し置いて手術はできないので、いったん引き受けておきながら申し訳ないと、謝罪に来たと言います。
丁寧な美紀子の対応に感心する心ですが、そのあと美紀子は「息子の職場も見ておきたいし」と言ったのです。
そうです。この女性は研修医の結城の母親だったのです。
有馬総合病院で手術が出来なくなった佐伯に、心や薫はその旨を説明に行きます。
弟の隼人は「この病院で治せるのですか?」と心配しますが、兄の芳雄が「この病院の先生たちを信じる。お前は黙ってろ!」と言いました。
しかし、弟の隼人は納得しません。
他を探して貰ってもかまいませんが、早く手術したほうがいい、こちらはこちらで準備を進めます、と話す心。
薫が珍しく術前カンファレンスに遅れて来ました。
佐伯に対するオペの方針が決まりました。心が薫に、結城先生もオペに入れてやって欲しいと言い、薫は快くOKしました。
病室で佐伯に手術の説明を行う薫、心と結城も一緒です。
その時「兄弟でずいぶん差がついてしまった」という芳雄の言葉に、結城は自分を重ねて目を伏せていました。
そして医局で薫が結城に、「結城君は研修が終わったら、有馬病院に行くの?」と聞きます。
「行くべきですか?」と聞き返す結城に薫は、結城のお母さんにまるで面接のようにいろいろと聞かれたと話し、「外科医は一人で闘ってる訳じゃない。行くべきかどうかではなくて、行きたいかどうかでしょ」と言いました。佐伯芳雄さんの手術が行われました。執刀は薫で、結城が第二助手です。
手術は無事に終わりましたが、病巣を全部は取り切ることはできませんでした。術後は、放射線と抗がん剤を投与します。
そのことを弟の隼人に話すと、隼人は「どうしても考えてしまうんです。有馬病院で手術していたら取りきれたのではないかと・・・」と言い、「私に・・何ができますか?」と聞きました。
「顔を見に来たりそばにいてあげたり、それでいいと思います。一緒に闘いましょう」心は静かにそう話しました。
病室で佐伯兄弟が話をしています。
「俺はお前にやりたいことをやってほしかった。幸せかどうかは自分が決めるのだ。ごめんではなく“強えな、兄ちゃん”と言ってほしかった」等と、兄の芳雄は弟の隼人に言いました。
後ろでその様子を見つめる結城がいます。
屋上で心が結城に「期待に応えなきゃと、いつの間にかそう思い込んでしまったのでしょうね。家族の期待が重荷になる、そういう事ってあると思う」と言い、結城に「先生はどんな医者になりたいの?」と聞きました。
結城の答えは「患者のことばかり考えていた父のような医者になりたい」でした。
その夜、結城は母の美紀子に「有馬総合病院に行くつもりはない。お父さんのような医者になりたい」と告げに行きました。
美紀子は「お父さんは患者のことばかり考えているような、とってもいい医者よ。頑張ってね」と言いました。
心が義父の京太郎(北大路欣也)に、国立がん医療センターから誘われていると言う話をします。今よりも忙しくなることを心配する心に、「やりたいことをやったらいいよ」と漣(桑名愛斗)が言いました。
そんなある日、薫と心が高級レストランで食事します。
「記念日って何なの?」と心が薫に言うと、薫は「乳がん手術から5年経った記念日」と言いました。
しかしそのあと、付け足しの一言があったのです。
その付け足しの一言と言うのは・・・・
「でも再発がわかった」です。
ラストシーンでは、「一緒に闘って欲しい」という薫の姿が映し出されています。
そして、結城が佐倉莉子(小川紗良)に、「カラオケいつ行く?」と誘っていました。
医師と患者の恋物語が始まるのでしょうか?

▼最終回11話のあらすじはこちら▼

アライブ最終回11話の動画視聴とあらすじネタバレ【ドラマ】

アライブ10話考察

親の期待や兄弟との差、今回は多くの人が抱えるそういった話も盛り込まれていました。
「やりたいことをやったらいい」、「行くべきかどうかではなく、行きたいかどうかでしょ」など、同じことで悩む人たちにヒントになったセリフがたくさんあったのではないかと思います。
そして今回は、すい臓がんの患者さんでした。
すい臓がんは初期はほとんど症状がなく、診断されたときにはかなり進行していることが多いがんです。他のガンよりも進行が早く、約7割が初年度で亡くなってしまいます。
もっと手術数が多い実績の多い病院で手術を受けた方が良いのでは?と、誰もが思うことでしょう。佐伯さんの弟の隼人さんの言動も無理のない話だと思います。
しかし、手術数が多い=よい医療を提供しているとは限りません。
近年は様々なデータが公表されていますが、手術数稼ぎのようなことをやっているケースもあるし、手術数を稼ぎたいがためなのか、「まるでベルトコンベヤーに乗せられたかのように感じた」と言う患者さんも時々おられます。
「外科医は一人で闘っているのではない」と薫が言うように、手術数だけで決めては絶対にダメだと思います。
「この先生が手術してもダメなら、他の先生でもダメだろうな」と思えるような医師に手術してもらうのがベストだと、私は考えます。
今回の佐伯芳雄さんは、まさにそう思えたのでしょう。
心や薫が治療してもダメなら、どこでやっても同じだと思えたから「ここの病院の先生を信じる!お前は黙ってろ」と言えたのだと思います。
しかし気になるのが、薫の乳がんの再発です。
次回の予告では、車椅子に乗っている薫や苦しそうにしている薫が登場していましたが、どうなるのでしょうか?
そして結城先生と莉子さんの仲はどうなるのだろうか?
医者が患者に近寄りすぎると治療がうまく行かなくなることが多い、と言われています。医者が患者に恋心を抱くのはタブーだ、という医師も多いです。
恋なのか友情なのか?これもまた、気になるところでしょう。
次回はいよいよ最終回です。

 

▼「アライブ」もっと詳しく知りたい方はこちら▼

ドラマ「アライブ」の動画を無料視聴する方法~再放送・見逃し配信動画~がん専門医のカルテ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です