【6話】DASADAあらすじネタバレと感想!【地上波放送より早い】日向坂46ドラマ!見逃し動画はあるの?

DASADAの動画を無料視聴する方法/見逃し配信・再放送

※以下はネタバレが含まれます。
本編を見る前にネタバレを見たくない方は、huluで見れます。

huluは1話分先行配信しています。
誰よりも早く「DASADA」を見たい方は、是非huluをおススメします!
しかもhuluは今2週間無料キャンペーン中です。
この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

▼今すぐ「DASADA」をhuluで視聴したい方はこちら▼

 

huluは、2週間以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

Huluのおすすめ
月額933円(税抜き)でとってもお財布に優しい!
・見放題動画 60,000 本配信!
レンタル作品などもなく、すべて見放題なので安心!
・日テレ作品に強い!スピンオフや独占配信なども多数あり!
・HD画質の映像で高画質で作品を楽しめる!
・対応端末が豊富!(PC、iPhone、Androidスマホ、iPad、プレステ4、Wii U、Fire Stick)
・ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず楽しめる!
※本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

何といってもすべての作品が見放題というのは、とても魅力的ですね(^^)/

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
Hulu  〇(フル視聴)
TVer  〇(最新のみ)
U-NEXT  ✖
Paravi  ✖
FOD  ✖
auビデオパス  ✖

DASADA6話ドラマのあらすじネタバレ内容

▼5話あらすじはこちら▼

DASADA5話あらすじネタバレと感想!【地上波放送より早い】日向坂46ドラマ!見逃し動画はあるの?

「某S学園の男」の正体がいちご(佐々木美玲)と知った沙織(渡邊美穗)は、彼女を蹴ってしまいます。沙織は、生徒指導室に呼び出されましたが停学は免れました。いちごと沙織は早退します。

佐田洋裁店のリビングに、ゆりあ(小坂菜緒)と真琴(齊藤京子)、せれな(加藤史帆)が集まっています。真琴が、新聞記事の切り抜きをゆりあたちに見せました。そこには、【デザカニ】の文字があります。20歳以下の服飾系コンテストデザインカーニバルでした。真琴は、コンテストで最優秀賞を獲れば、全国の109で販売できると説明をします。しかし、開催が20日後であることに、せれなは目を丸くしました。
そこへ、「やめてってば!」の叫び声が店外から響いてきます。沙織の父・丑岡(野間口徹)が「ウチの娘をそそのかしたのはアンタか?」と店に入ってきました。傍らで沙織が俯いています。丑岡は「もう娘をココに来させません」と沙織のデザインノートをテーブルに放り投げ店を後にします。ゆりあは、沙織の背中に「佐田洋裁店の借金、お父さんが取り立てているから、同情して手伝ってくれてたの?」と問いかけました。沙織は、無言で店を出て行きます。
夜になって、せれなが「終わったね・・・DASADA」と呟くと、とろろ(井口眞緒)といちごが店先に現れました。いちごは、とろろに謝罪を促されるものの「やっぱり無理。悪いことをしたとは思うけど、謝りたくない」と言います。彼女は、実家の壁ドンを馬鹿にしたのが許せないと続けました。ゆりあは「わかった。許す!悪いとは思ってるんでしょ?そのかわり、DASADAを手伝ってね」といちごの肩に手を乗せて、沙織のデザインノートを手に取ります。ゆりあは「沙織さんのデザインで、デザカニに出て借金を返して・・・みんなで沙織さんを取り戻す!」と力を込めて言いました。

学校の屋上で、いちごが「今、送ったのが昨日即席で作ったDASADAのサイト。通販ページも作っておいた」と言います。ゆりあ、真琴、せれなはスマホを眺めていました。ゆりあが「カッケー」と浮つきます。屋上の入り口から、菜々緒(富田鈴花)とゆりこ(佐々木久美)がゆりあたちを遠巻きに眺めていました。菜々緒は「何それ・・・」と呟きます。

デザカニまで、あと10日に迫った頃、ゆりあと真琴、せれな、いちごが佐田洋裁店に集まります。すると、ゆりあパパが「ついさっき、沙織ちゃんがこれを・・・」とノートを差し出してきました。ゆりあが沙織にラインで送信したデザイン画です。沙織は、それに変更を加えたのでした。ゆりあは、店を飛び出します。

ゆりあは、雨のなか傘を差さずに、沙織の家に駆けつけました。正門越しに沙織を見つけます。縦格子を掴んで「戻ってきてよ!沙織さんがいなきゃDASADAじゃない!」と叫びました。沙織は「あれは最後の仕事。デザインが未完成だったから」と言います。正門を開けたゆりあは「嘘だ。続けたいんでしょ!?」と沙織に近寄りました。沙織は涙を流して「借金返せなくてお店なくなったら、私のこと嫌いになるでしょ?怖いんだよ」と声を張り上げます。
ゆりあは「人が泣いている時は逃げてる時だよ。でもね、それなりの何かが起きたとしても泣いてたってどうにもならないのは同じ。DASADA結成時に、デザイナー篠原沙織が言った言葉!」と沙織を見据えました。そして、戻ってきてください!と頭を下げます。しかし、頭を上げると、沙織の姿はありませんでした。

ずぶ濡れのままゆりあは、ただいま・・・と佐田洋裁店の扉を開けます。「やっぱり沙織さんは・・・」と続けたゆりあから目を逸らすように、せれなや真琴、いちごは俯きました。そこへ何者かが駆けつけてきて、せれなたちは笑顔になります。彼女たちの「お帰り。2人とも」という言葉で、ゆりあは、はっ?と振り返りました。沙織が息を切らして目に涙を溜めています。

DASADAドラマの感想【第6話】

わちゃわちゃした学園ドラマとして観ていたのですが、今回は、泣きそうになりました。特に、雨に濡れながら、ゆりあが沙織に言った「泣いている時は逃げてる時」という言葉は、かつて彼女が沙織に言われた言葉です。屋上で初めて言葉を交わした第1回を思い出して、切なくなりました。こんなに演技が上手いとは思わなかったというのが正直な感想です。

「某S学園の男」こと、いちごが仲間になりました。そして沙織も戻っています。気になるのが、菜々緒でした。第6回の屋上のシーンで、菜々緒は何それ・・・と呟きながらゆりあたちを眺めていました。この時の表情に戦慄を覚えています。

次回予告でも菜々緒は「もういいってゆりあは」と投げやりになっています。菜々緒が、DASADAの新たな脅威になるのではないかと予想しました。

▼7話あらすじはこちら▼

DASADAもうひとつの教室を見るには?DASADA7話あらすじネタバレと感想!

 

▼「DASADA」をもっと詳しく(あらすじを1話からみる)▼

DASADAの動画を無料視聴する方法~再放送・見逃し配信動画~日向坂46ドラマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です