がっちりマンデー「業界二強対決」のネタバレあらすじと感想!!2019年12月22日放送

がっちりマンデー「伊藤園おーいお茶vsサントリー伊右衛門」

今回のがっちりマンデーのテーマは業界の二強。
ゲストは森永卓郎さんとやくみつるさんです。
先ずはお茶業界の二強、伊藤園おーいお茶とサントリー伊右衛門です。
この2つは2004年から熾烈な競争をスタートしました。
伊藤園は30年前缶入り緑茶のおーいお茶を発売。
これが大ヒット。
当初500億円の売り上げを達成しました。
一方、サントリーは1980年以降、色々な無糖茶を発売するもウーロン茶以外は売れず、2004年ついに伊右衛門が誕生します。
サントリー単独ではなく京都の老舗福寿園とタッグを組んでの開発です。
これが1000万ケースで大ヒットと言われているお茶業界で3400万ケースも売れました。
対する伊藤園は2004年におーいお茶濃い味を発売。
2005年には茶葉の見直しを図ります。加工の時間を半分にする技術を開発しました。
そんな中、コカコーラの綾鷹の出現でお茶業界に濁りブームがやってきます。
サントリーは伊右衛門の抹茶の量を3倍に増量してお茶を濁らせました。抹茶は石臼挽きの物を使っています。
それに対して伊藤園はぶれずに濁らせないスタンスを貫きます。
その後もサントリーが特保の伊右衛門特茶やフレーバーティーを出せば、伊藤園も特保の濃い味を出すなど二社の努力は続きます。

がっちりマンデー「森永チョコモナカジャンボvs明治エッセルスーパーカップ」

その次の二強はアイスクリーム業界です。
二強アイスは森永のチョコモナカジャンボと明治エッセルスーパーカップです。
1972年、先にチャコモナカジャンボが発売されます。
続いて1991年に明治エッセルが発売され、濃厚さで好評を得ます。
2つとも巨大化という同じキーワードで進化しました。明治がいち早く200mlのスーパーカップを誕生させ、蓋もかぶせるタイプに改良してカップアイスの定番となりました。
チョコモナカもデラックス、ジャンボとサイズを大きくし、パリッと感を重視して食感アップさせ、パッケージも改良してきました。
アイスクリーム業界の二強はお互いを褒め合います。
実はエッセルの本当のライバルはロッテの爽、チョコモナカジャンボのライバルは江崎グリコのジャイアントコーンだと森永卓郎さんが突っ込みました。
今気になっている業界、森永卓郎さんはポテチ業界、やくみつるさんは蕎麦業界だそうです。

がっちりマンデー ライバル関係が面白い!

同じジャンルの商品を売るというのは、やはりライバル関係になるんだなと思いました。
日本人の人口からいって、働き手は減っていくでしょうし、マーケットとしては縮小することと思います。
どのように顧客を獲得するか、各企業大変そうだなと思いました。
2強になれてしまえば生き残りそうですが、もっと下の方の企業から、消えていってしまうのでしょうね。
飽きさせない、満足させる、それを闇雲にやるのではなく、歴史や流れからニーズの焦点を絞り、改善していくのが鍵かなと思いました。
面白い企画なので、他の商品でも企画して欲しいです。
例えば、吉野家vsすき家とか、Amazonvs楽天とか、ダイソーvsセリアとか、多種業で展開できそうですね。

がっちりマンデー 伊藤園とサントリーがぴりぴり

伊右衛門の企画プロジェクトチームが、おーいお茶を飲んだ時の一言、「こういうお茶もあるよね」と冷めた口調で言った場面が、1番印象強いです。
おいしいでも、まずいでもなく、「こういうお茶もあるよね」の言葉には、うちのお茶は違う、方向性が根本的に違う、というような含みを感じます。
この収録の後、社員さんたちはどんな話をしたのか、気になります。
切磋琢磨とは言っても、結局のところマーケティングとしては同じ場ですから、顧客数は変わらないですから、バトルになっちゃいますよね。
これから5年後、10年後は、どんな形でお茶やアイスを楽しめるようになるのでしょうか。
おいしいものを楽しめると嬉しいので、各企業がどんな戦略を出してくるのか、楽しみにしたいです。

がっちりまんでー お茶業界の競争は熾烈

お茶業界の競争はなかなか熾烈でした。
個人的にはサントリー伊右衛門の方に軍配をあげたいですが、おーいお茶はやはり定番中の定番なので売れているイメージがあります。
まさにしのぎを削るとはこのことだなと思いました。
両社はっきりと言葉には出しませんでしたが、ライバル意識が高くて静かに対抗意識を燃やしているようで見ていて面白かったです。
一方でアイスクリーム業界はお互いの商品を褒めあっていて穏やかだなと思ったら最後の森永卓郎さんの発言ですごく納得がいきました。
確かにエッセルにはロッテの爽だし、チョコモナカジャンボにはグリコジャイアントコーンだわ。
森永卓郎さん鋭いです。
そっちで対決を組んで欲しかったと思いました。

エッセルvsロッテの爽 チョコモナカジャンボvs江崎グリコジャイアントコーン

お茶業界ではお互いの商品を飲んで感想を言う時にかなりオブラートに包んだ表現でありながら、微妙にトゲがあったり、静かな闘志を感じる物言いだったことが印象に残りました。
自分の社のお茶を愛していて誇りを持っていることが感じられました。
対してアイスクリーム業界ではあら?と思うほど相手のアイスクリームを褒めていたのが対照的で面白く感じました。
業界間の仲がいいのかと思いきや、最後の森永卓郎さんの「エッセルの本当のライバルはロッテの爽。チョコモナカジャンボの本当のライバルは江崎グリコのジャイアントコーンです。」という言葉で全てが納得。
森永卓郎さんはすごい観察眼だと思います。
オチがついて面白かったです。
こうやってお互いの商品にライバル会社がコメントしあうのは面白くて良いですね。

がっちりマンデー見逃し

がっちりマンデー「古河機械金属と東京エレクトロンとb-dash」へ

がっちりマンデー!!「マクドナルド・串カツ田中・東急の駅」へ

がっちりマンデー!!「魚べい」へ

がっちりマンデー!!「Las Vegas」と「パレット46」と「レモネードレモニカ」へ

がっちりマンデー日本信号へ

がっちりマンデーの動画を無料視聴する方法/見逃し配信

タバレを見たくない方は、Praviで見れます。

しかも、なんとParaviは今30日間の無料体験中です。
この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

▼今すぐ「がっちりマンデー」をParaviで視聴したい方はこちら▼

 

Paraviは、30日以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

Paraviのおすすめ
月額925円(税抜き)でとってもお財布に優しい!
TBS+テレビ東京+WOWOWの作品が視聴可能!
・動画数8000本!
・ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず楽しめる!
・大人気ドラマのオリジナル版や特典映像などParavi限定作品が続々!
・500円チケットを毎月進呈!(無料体験中は付与されません。一部使用できない作品があります)
※本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
Paravi  〇(フル視聴)
TVer  〇(最新のみ)
U-NEXT  ✖
Hulu  ✖
FOD  ✖
auビデオパス  ✖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です