カンブリア宮殿の動画を無料視聴する方法~再放送・見逃し配信動画~

カンブリア宮殿まとめ

カンブリア宮殿とは?

テレビ東京の経済番組です。

カンブリア紀…
地球で起きた生命の大爆発。
次なる進化を求めて生物が一斉に誕生した。
あれから5億5000万年…
平成の時代に起きた経済の大変革。
未来の進化を担って、
今、多種多様な人物が次々と誕生している…
そんな”カンブリア紀の経済人”を迎える
大人のためのトーク・ライブ・ショー(公式HPより)

カンブリア宮殿・出演者・司会

村上龍

インタビュアー

小池栄子

インタビュアー

カンブリア宮殿ナレーター(ナレーション)

高川裕也

カンブリア宮殿主題歌

Joe Satriani ジョー・サトリアーニ

「CROWD CHANT」クラウド・チャント

カンブリア宮殿Twitter

公式Twitter

カンブリア宮殿再放送・見逃し動画を無料視聴する方法

※以下はネタバレが含まれます。
本編を見る前にネタバレを見たくない方は、Praviで見れます。

しかも、なんとParaviは今30日間の無料体験中です。
この機会に、是非お試ししてみてはいかがでしょうか(^^)/

▼今すぐ「カンブリア宮殿」を視聴したい方はこちら▼

 

Paraviは、30日以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。

Paraviのおすすめ
月額925円(税抜き)でとってもお財布に優しい!
TBS+テレビ東京+WOWOWの作品が視聴可能!
・動画数8000本!
・ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず楽しめる!
・大人気ドラマのオリジナル版や特典映像などParavi限定作品が続々!
・500円チケットを毎月進呈!(無料体験中は付与されません。一部使用できない作品があります)
※本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

動画配信サービス一覧

動画配信名 配信状況
Paravi  〇(フル視聴)
TVer  〇(最新のみ)
U-NEXT  ✖
Hulu  ✖
FOD  ✖
auビデオパス  ✖

TVer

最新話のみ無料で見られる。

テレビ東京ビジネスオンデマンド

月額500円でテレビ東京のビジネス系番組が見られる。

カンブリア宮殿のネタバレあらすじ内容

のネタバレ2020年1月16日放送

カンブリア宮殿 ミドリ安全 松村不二夫社長

今回の主役は、ミドリ安全の社長、松村不二夫さんです。

カンブリア宮殿ミドリ安全

今回特集する企業はミドリ安全です。
餃子の王将では、水と油でも滑らない靴「ハイグリップ」を利用しています。
この靴は累計2500万足で、外食産業の転倒事故を防いでいます。
ニトリ配送倉庫では安全靴を利用し、荷物の落下や台車の車輪の乗り上げ事故を防いでいます。
消防では消防靴も利用しています。
ミドリ安全では、安全靴のシェア40%、ヘルメットは24%とトップシェアを担っています。
他にユニフォームや空調設備など働く安全に特化した企業です。
強みは商品開発で、研究所が紹介されます。
生産部の櫻井さんは特許30近くを持つ発明王です。
静電気を逃がす靴や、やぶれないゴム手袋などを生み出しています。
安全靴の仕組みをガラッと変えたのはミドリ安全だということで、従来の安全靴は凸凹に油が入り滑りやすかったのですが、ハイグリップは油を逃がし、接地面を増やすことで滑らないようになっています。
営業の部門では、お客さんの要望に応える様子が紹介されます。
高速道路の工事を行う企業からの要望に応えて、事故発生をヘルメットの振動で伝え、作業員が退避できる商品が3年かけて開発されました。
ミドリ安全の創業は1952年で、現社長の母・松村元子が戦後の炭鉱での足元に注目しました。
地下足袋が主に使われていましたが、事故が多いため安全な靴を開発・生産し、直販の仕組みも整えました。
1991年に社長に就任しますが、バブル崩壊で製造業との取引が激減します。
飲食業界などで滑らない靴が求められたのが転機になり、サービス業へも注力するようになりました。
雪でも滑らない靴も開発しており、生産部・櫻井さんは現地で靴を履き、機能を確認します。
雪道やコンビニなどの店先では滑りませんでしたが、アイスバーンの交差点で滑ってしまいます。
その時に、「失敗ではなく発見」と話し、さらに改良するきっかけとしています。
最近はゲリラ豪雨など災害も多く、防災商品にも力を入れています。
土嚢がわりに使う衝立や、踏み抜き防止のインソールなどがあります。
備蓄にはスペースの問題がありますが、折りたためるヘルメットを作り、机の引き出しなどに仕舞うことができます。
船での事故に備え、医療関係者ではなくても使える、小さな酸素ボンベも開発されています。
ミドリ安全の商品の一部はネットでも販売され、自転車が趣味の男性は暗闇で光るレインコートを愛用しています。
最後に村上さんの編集後記では、創業者の地下足袋から安全靴を思いついたビジネスの視点と、働く人の安全を守るという信念に触れ、その象徴が「靴」だとまとめました。

メルカリのネタバレ2020年1月16日放送
あらすじを読む

カンブリア宮殿 メルカリ 山田進太郎社長

今回の主役は、メルカリの社長の山田さんです。

カンブリア宮殿メルカリ

今回はメルカリを特集します。
10人に1人は利用している業界1位のメルカリの利用者を紹介します。
最近は終活のための利用が増えており、この1年で2.5倍になっています。
80代の夫婦は娘や孫に教わった後は積極的に出品しています。
高校生の息子を持つ40代女性も親子で売買の利用をし、ライフスタイルが変わったと話します。
自治体でもメルカリ利用講座を開いています。
現在、総取引は5億件、1兆円超ということです。
メルカリはラテン語で「商い」を意味します。
2013年シェアオフィスから始め、現在は本社を六本木に構えます。
世界中で使われるサービスを目指し、社員は外国人も多いです。
日本人にはない感覚と意見を交わすためと創業者山田進太郎さんは話します。
人材のブラックホールと言われるメルカリが、後発から業界1位へ上り詰めた軌跡を追います。
山田さんがネットサービスを始めたのは大学時代、1999年に映画情報共有サイトを立ち上げ、大学卒業後、ネットサービスの会社を起業、約10年後に売却します。
一旦ネットサービスからは離れ、世界を周り、ものが足りていない人々を目の当たりにします。
帰国後、スマートフォンの普及から個人間売買に目をつけ2013年に創業します。
現在会長を務める小泉さんが加わり、知名度向上のためCMを出し、各業界からの人材獲得もしました。
海外進出にも元GAFAの人材などが集まり、アメリカと日本を知る元フェイスブックの副社長が利用者拡大に取り組みます。
村上さんは「メルカリという家に山田さんという大家がいる」と例え、メルカリに集まる人材のやりたいことを活かしていく、共鳴できる人とやっていくという山田さんのやり方を分析します。
アメリカ事業の赤字については、価値を認めてもらうしかなく、アメリカで成功すれば世界で受ける、まずはここで受け入れられるサービスを作り、その後新興国にも広めると展望を話しました。
メルカリの新サービス、メルペイは売上金を普段の買い物に使えるものです。
特にメルカリ販売額が多く、現金主義の大阪での戦略に注目します。
激安スーパーでメルペイを導入し拡大しています。
メルカリはお金を得るだけでなくコミュニケーションや誰かの役に立つという感覚が支持されているのではと山田さんは話します。
小学校向けにネット教育も行っています。
最後に村上さんは全社員がフラットで、顧客も含めて「同志」なのかもしれない、とまとめました。

ソースネクストのネタバレ2020年1月9日放送
あらすじを読む

カンブリア宮殿ソースネクスト松田社長

今回の主役は、ソースネクスト社長の松田さんです。

カンブリア宮殿ポケトーク

翻訳専門の端末ポケトークを開発しました。
病院で、外国人の患者から症状を聞いたり、付き添いの家族からの質問に答えたりするのに役立っています。
百貨店でもインバウンド対策として使用され、3000以上の企業で導入されています。
松田さんは、今でも店で接客を行っています。
彼にその理由を聞くと、オフィスでは数字だけしかわからないが、客の細かなニーズを知るためには現場に立つ必要があるのだそうです。
ポケトークの翻訳機としてのシェア8割以上で累計販売台数は60万台を超えました。
ソースネクストは1996年に創業し、年賀状作成などのPCソフトの販売をしていました。
ポケトークが販売されたのは2017年で、2019年に発売された最新版ではカメラが搭載され、撮影した文字を翻訳し音声で発音も教えてくれます。
しかし、ポケトークにも弱点があります。
固有名詞など訳すことが苦手な言葉あり、翻訳がおかしくなることがあります。
松田さんもこの弱点を認めていて、AIによる学習で1か月または1年後には改善されるだろうと話していました。
ポケトーク開発の原点は、松田さんのアメリカでの苦い経験になりました。
英語は話せたのですが、会議で周りのスピードについていけず会話に参加できなかったのです。
2001年にプロジェクトを立ち上げますが、単語はともかく文章を翻訳するなど技術的にまだ無謀といえる時期で挫折します。
会社は2008年二兆勝1部に上場を果たしますが、すぐに危機が訪れます。
リーマンショックとスマホの登場です。
PCソフトが中心だったため売り上げが激減し赤字28億円になりました。
2012年、松田さんはアメリカのシリコンバレーに移住し、超天才の経営者たちと交流する中で、普通の生活を送る彼らを見て自分にも何かできるのではという自信を持ちます。
そして交流を広げていくうち、様々な企業とタッグを組むことでキーテクノロジーを手に入れることができポケトークの開発につながりました。
ソースネクストでは、1つ決まりがあります。
社長に送る日報に、必ず1つアイディアを記載することです。
そして社長は、24時間以内に社員に返信します。
スタジオで村上さんに、社員が5000人になったらという質問をされます。
松田さんの答えは、社員のアイディアを経営者はきちんと評価できていない。
1つのアイディアで会社がガラッと変わることがあるので続けていきたいと答えました。

カンブリア宮殿ポケトークをもっと詳しく

カンブリア宮殿感想

ミドリ安全の感想2020年1月23日放送

女性

小池さんからの質問でワークマンはライバルなのかについて問われると、ワークマンは小売店で町の工務店向けであるのに対して、ミドリ安全はBtoBで、従業員100人以上の規模の企業をお客さんにしており、住み分けができていると話しました。
マーケティングの部門を持たず、営業が直接お客さんの声を聞き、新商品も直接提案できるのが強みということです。
営業マンこそ最強のマーケティング部員という体制になるほどと思いました。
お客さんもミドリ安全に困りごとを言えば何かやってくれるのでは、という信頼感があり、常にそれに応えてきたからこそできるのだと思いました。開発部でも、実際に使う現場で機能が発揮できるか確認し、不具合を改良していこうという信念が貫かれていて、信頼を得られるのに納得しました。

男性

安全だけでなく、労働者の働きやすさにも役立つ商品を作っており、作業着にも力を入れています。
魔法のパンツと称される「楽腰パンツ」が紹介されました。普通のパンツはしゃがんだときに腰の部分が浮いて下がってきますが、楽腰パンツは下がってきません。
仕組みは横に蛇腹がついており、伸縮して下がってこないようになっています。
さらに、腰ベルトを着けて重いものの持ち運びで腰を痛めないような使い方もできます。普段パンツを履くときに腰の部分が浮かないか気になりますが、この商品は普段着としても使ってみたいと思いました。
必ず困っていることはあるはず、という社長の信念に感心し、現状に満足せず工夫を重ねている姿勢を見習いたいと感じました。
メルカリの感想2020年1月16日放送
感想を読む

女性

メルカリ創業者の山田さんは、今までに見てきた大企業の社長とも、新進のIT系の社長ともまったく違う雰囲気を持った人で、司会の村上さんがいうようにつかみどころのない人だとも思いました。
進学校に進むも劣等生だったとのことで、もし上位の成績だったらメルカリをやっていなかったと話していました。
ポテンシャルはもちろんあったと思いますが、完全に勝者ではなく、どこか負けを知っている人だからこそ、では自分なら何ができるだろう、何なら勝てるだろうとニッチな目線を持つことができたのではないかと思いました。
メルカリは業界では後発でしたが、1位になれたのはちょっとした使いやすさの違いだと言います。
少しの差に気づくユーザー目線も大事だと感じました。

男性

メルカリ利用者の実際の利用の様子が紹介されていましたが、一番印象に残ったのは80代の夫婦が終活として、不用品を出品していることでした。
子どもや孫に操作を教わった後はすっかり使いこなして楽しそうに利用しているのが驚きでした。
70代の男性は、所属のオーケストラで使う譜面台を持ち歩きやすいように短く加工したものがまわりに評判で、試しにメルカリにも出品したら反響が大きかったとのことでした。
同じ譜面台を使う人たちが付加価値に気づいているということで、目の付け所と手間を惜しまなければ、一般の人も商機があるのだと感じました。
また、自治体や学校でもユーザー教育をしているのは知らなかったので、こうやって多くの人に広がっていくのかと感心しました。
ソースネクストの感想2020年1月9日放送
感想を読む

女性

ソースネクストに対する村上さんの評価で、今までのIT企業がアメリカの模倣でしかなく製品で成功した例を他に知らないという見解に強く同意しました。
1つのサービスで日本独自のものがあっても、全体像が模倣のように感じていました。
どうしてもインターネットの世界では、先に広がってしまったものを超えることが難しいとも思います。
サービスを広めるために既存のプラットホームを使うので、どうしても飲み込まれてしまうという弱点があります。
松田さんが言っていたように、その打開策が製品なのでしょう。
製品であれば、国境を超えた広がりを今からでも実現できるのです。
そして、ソニーのウォークマンのように生活様式を変えてしまう製品が出ることで、それまで独占してきた企業達と新たな土俵で戦うチャンスが生まれてくるのです。
日本が戦える場所はサービスではなく、いつも製品なのだと知りました。

男性

松田さんが、村上さんにシリコンバレーに移住した理由を聞かれた場面が印象的です。
シリコンバレーで、創業から3年や5年で500億や1000億企業になる姿を何度も見るうちに、会社のキーコンセプトである挑戦しないのは損という考えを持つようになったそうです。
村上さんの森林浴のような感じという表現がわかりやすく、印象に残りました。
さらに、投資や起業に対する国民性の違いに話は広がっていきます。
日本では1度失敗すると立ち直れない風潮があるのに対し、シリコンバレーでは懲りずに何度でも起業することができる。
自己責任が徹底されているため、仮に事業が上手くいかなくても投資をした投資家の責任なのであまり文句を言わないそうです。
日本では、そこまでドライな考えにはならないと思いますが、今のままではベンチャーが育たないというのは実感します。

カンブリア宮殿メルカリ 次回見どころ

次回のカンブリア宮殿のゲスト社長はゴディバジャパン、社長ジェローム・シュシャン氏。

高級チョコの代名詞、ゴディバの日本法人が、ある経営者の登場で売り上げを3倍に伸ばしている。最近はギフト用だけでなく、ドリンクやソフトクリーム、コンビニスイーツなど気軽にゴディバの世界観を楽しめる商品で快進撃を続けている。仕掛け人は弓道五段のフランス人経営者。「”正射必中”。お客のことを考えてよい商品をつくれば結果は必ずついてくる。」弓道の精神で快進撃を続ける、古くて新しいビジネス論に迫る。(公式HPより)

カンブリア宮殿見逃し

カンブリア宮殿メルカリ

カンブリア宮殿ポケトーク

カンブリア宮殿ディーンデルーカ

▼今すぐ「カンブリア宮殿」を視聴したい方はこちら▼

 

Paraviは、30日以内に解約すれば無料で視聴できます。
違約金もありません。
本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です